【簡単】年収を上げる単純な方法は「転職」です【成功率は高くリスクは低い】

Job change

  • 会社での出世や昇給に限界を感じている
  • 給料が安いし年収をあげたい
  • 具体的にお金を稼ぐ方法を知りたい

こんな人向けの記事です。

先日、こういったツイートをしました。

年収を手っ取り早く上げる方法として「転職」に勝るものはないです。いくら頑張って残業しても偉くはないし、グレーな副業はリスクが大き過ぎるし、ギャンブルなんてもっとダメ。副業や昇給も時間というコストが掛かる分、1番ハードル低く年収を上げられるのはやはり転職という選択肢になる。

上記ツイートのとおり。
ぶっちゃけ、年収を上げる単純な方法としては「転職」が最も現実的。

『年収を上げる単純な方法』を求めると、すぐに楽して稼げる方法を知りたいと思いがちです。

とはいえ、再現性の高い「誰でもカンタンに楽して稼げる方法」があれば誰でも大金持ち。みんな年収1,000万円越えられます。そういった情報の99%は詐欺です。

地に足つけて年収を上げると心に決めて、記事を読み進めてくださいませ。3分くらいで読めますm(._.)m

この記事の内容

  • 【簡単】年収を上げる単純な方法は「転職」です
  • サラリーマンの年収アップは、リスクの最小化をすべき
  • 年収を上げる転職をするためのアクションプラン

【簡単】年収を上げる単純な方法は「転職」です


ぶっちゃけ、年収を上げる単純な方法は「転職」です。

転職以外はコスパが悪い

  • 会社で出世し昇給する…いつ上がるか不明。毎月1万円上げるのにも一苦労
  • 副業をする…結果が出るまで時間がかかりる可能性はあり、確実性もない

上記の理由です。

「結果の出る時期をコントロール不可」という点でコスパが悪く、そうなるとカンタンに年収アップが見込めるのが「転職」となります。

転職の際は「ポジショニング」が大事です

転職では「業界・業種・企業規模」によって年収レンジが変わります。

同じくらいメンタル的にはシンドイ「金融系の営業マン」と「ウェディングプランナー」でも、年収には差が出ます。

  • 金融系企業の営業マン…アッパーで1000万円台
  • ウェディングプランナー…アッパーで400万円台

アッパーとは最大値のことでして、大体の年収上限値は「業界・業種・企業規模」で決まってきます。

つまり、どれだけ仕事が同じくらい大変でも「業界・業種・企業規模」を考えて転職しないと、年収が下がる転職になります。

【年収を上げる転職2つ】
①同業界・同業種で企業レベルを上げる
②企業規模は変えず「業界・業種」のどちらかに軸足を据える
【年収が下がる転職2つ】
①完全未経験での転職
②同業界・同業種で企業レベルを下げる

上記のツイートの通り。
最強なのは②の「軸ずらし転職」でして、経験のある業界・業種のどちらかに軸足を置いて転職すると、年収ダウンを免れやすいです。

補足:「軸ずらし転職」を学べる著書2冊

  • 著書①…『転職と副業のかけ算』
  • 著書②…『軸ずらし転職』

上記2冊です。

併読しつつ「著者の思考・価値観」の違いを見比べつつ読むのもオススメ。

※個人的に2冊とも「後半パートは蛇足的な内容だな〜」と感じたので、バッサリ読まなくても問題なしでした。

サラリーマンの年収アップは、リスクの最小化をすべき


年収をあげる時には、リスクの最小化を意識することが必須です。

年収を上げるための鉄則は「リスクを最小限にすること」

  • 「ギャンブルで大儲けを狙う」
  • 「残業を必死こいて頑張る」
  • 「”必ず稼げる”というグレーな副業に手を出す」

年収を上げるために、上記のような方法に手を出す人は多いです。とはいえ、努力の方向を確実にミスっています。

  • ギャンブル…胴元が儲かる仕組みなのを理解せず、時間・金の両方が無駄になるリスク
  • 残業…必要な残業はありますが、「ただ稼ぐためのダラダラ残業」は今後の時代にマッチしない
  • グレーな副業…シンプルに違法で捕まる可能性があり、周りからの信頼も失うリスク

こんな感じですね。

その点、転職をすることは「リスクが大きくない年収を上げる方法」と言えます。

補足:頑張っても年収が上がらない行動

  • 意味のない資格取得
  • インプットのみでアウトプットしない
  • 資産運用で一攫千金

上記の3つはあまり意味がないですね。

ぼく自身、「仕事で使うかもしれないから」という理由で「インテリアコーディネーター」の資格を某大手資格講座で取りましたが、全く使いませんでした。

インプットのみは「頭でっかちで行動しない人」になるだけですし、資産運用をすること自体は勉強になりますが、種銭が少ないと儲けも少ないです。

年収を上げる転職をするためのアクションプラン

  • ステップ①:転職の本で予備知識をつける
  • ステップ②:まずは自分で転職活動をしてみる
  • ステップ③:失敗が続くなら転職エージェントを使う

この3ステップで、転職活動をしましょう

ステップ①:転職の本で予備知識をつける

予備知識をつけるかそうでないかで、転職活動の質が変わってきます。

というのも「情報の取捨選択の基準」を知っていることで、正しい転職活動が可能だから。逆にフンワリとした状態で転職サイトやエージェントを使うのは「カモネギ状態」になるのでご注意を、、、。

下記が詳しいです。

ステップ②:まずは自分で転職活動をしてみる

まずは「自分で応募書類を作り、応募してみる」というアクションを起こしてみましょう。

転職エージェントを使ってもいいんですが、、、確実に書類選考が通過するわけありません。

ステップ③:失敗が続くなら転職エージェントを使う

自力でやっていても、大抵の場合は失敗することが多いです。

  • 書類選考が通らない
  • 上手な自己PRができない
  • いい感じの志望動機が作れない

上記のような悩みを持つ人は多いと思います。

下記リンク記事で「転職活動の正しい手順」を解説しているので、合わせてご覧くださいませm(_ _)m


今回はこれくらいにします。
最後になりますが、年収を上げる単純な方法というのは本当にシンプルです。


ツイートの通りでして、「大博打を狙って行動する」とかではなく、地に足つけて現実的なアクションを起こすべき。

【真実】20代での「年収の下がる転職」は後悔します【打開策あり】も書いてますが、同じ会社にずっといても「業界・業種・企業規模」であなたの年収上限は決まってます。

年収を今よりも上げたいのであれば、転職で底上げしてしまうのが「現実的で再現性の高い」アクションになります。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】