【契約社員を抜け出す簡単な方法】正社員になれない本当の理由は、自分を客観視してないから

Contract employee

  • どうしても契約社員から抜け出せなくて、絶望している人
  • 抜け出す方法が分からず何年もズルズル働いている人
  • 本当は正社員志望だけど、契約社員登用が実現できてない人

こんな人に向けての記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、5ヶ月間のフリーター期間を経て、契約社員の販売員として再就職した経験があります。

契約社員から抜け出せず、正社員になれない人は現代日本では、かなりの割合でいます。

あなたも、その中の1人ですか?

この記事では、現在は契約社員を抜け出したぼくが、具体的に『契約社員を抜け出して正社員になる方法』を解説しています。

ぜひ、最後までご覧くださいませm(_ _)m

この記事の内容

  • 契約社員から抜け出す簡単な方法【正社員になれます】
  • 「契約社員から抜け出せない」と言ってるだけでは、現実は変わらない
  • 契約社員でも常に転職活動をしておくのが正社員への近道

契約社員から抜け出す簡単な方法【正社員になれます】


方法は以下の3つです。

  • 方法①:正社員登用を本気で狙う
  • 方法②:正社員に転職する
  • 方法③:副業で個人のスキルを高め独立

方法①:正社員登用を本気で狙う

今の会社で、契約社員から正社員を目指すルートです。世間的に難しいと言われていますが、絶対に無理ではないです。

目指すには以下を意識しましょう。

  • 正社員より結果を出す
  • 職場では気を利かせる
  • 上司に正社員志望の意志を常に伝えておく

登用実績がある会社であれば、これらを意識すれば正社員登用の可能性が高まります。

とはいえ「正社員登用を目指す」のは現実的ではありません。

【嘘も多い】契約社員から正社員登用は、狙うべきではない【人を集める甘いミツかも】でも書いてますが、面接の段階で確認して入社するべき。

今の会社で正社員登用を目指すより、スキルを高めて正社員へ転職するほうが効率的です。

方法②:正社員に転職する

ぶっちゃけ、この方法が最も手っ取り早いです。※この方法については、最終頁で具体的に解説します。

よくある質問:契約社員って途中で辞められるの?

辞めることは出来ます。「1年以内に辞めると違反で違約金が取られる」と解説しているサイトもありますが、非現実的です。

金銭的・時間的コストに対してのリターンが少ないので、やる会社はほぼ無いかと。

方法③:副業で個人のスキルを高め独立

  • 契約社員で働きながら生活費を稼ぐ
  • 副業しながら個人の戦闘力を高める

こういった働き方・生き方もありだと思います。ハードルが高いかもしれませんが、試してみる価値はあり。

次の項でも書いてますが、契約社員でもスキルは身につきます。シンプルにあなたが認識してないだけです。

「契約社員から抜け出せない」と言ってるだけでは、現実は変わらない


「どうしよう…」と悩んで行動してないなら、いつまでも正社員になれないです。

動けない理由は「自分の経歴に自信がないから」です

動けない理由は「自分の経歴に自信がない」から

こう明言するのは、以前のぼくがそうだったからで、契約社員であることを情けなく思い、劣等感を持っていました。

とはいえ「肩書き=能力の高低」でもない。契約社員で、正社員以上の働きをする人だって世の中に大勢います。

自分に自信が持てないのは「自分の力を客観視してない」のが理由


上記のツイートのとおり。
「自分の力=ビジネス能力」とも言い換えられまして、それを客観視するには「日々の業務の棚卸し」が必須です。

具体例:販売員時代に身につけた「ビジネス能力」

ぼく自身、販売員は1年半しか経験はありません。とはいえ、身につけた「ビジネス能力」は多くあります。

  • スキル①:顧客折衝能力
  • スキル②:新規客の「次に何を欲しがるか?」を考える先回り思考
  • スキル③:お客様の視野を広げる為の提案(販売促進)
  • スキル④:POPなどを工夫する(広告宣伝能力)
  • スキル⑤:近隣住民へのDM作成(ダイレクトマーケティング)

上記の通り。
細かいですが、『毎日の仕事で何をやって誰に価値提供をしていたか?』を考えることで、自然と思い浮かぶはず。

次に棚卸しをした経験を「事情を知らない第三者」が見ても分かるように、以下の3つに凝縮させます。

  • アピール①:接客で得たユーザー視点
  • アピール②:マーケティング能力
  • アピール③:販促・広告宣伝での戦略性を持った行動力

「言い過ぎでは?」と思うかもですが、これくらいの表現をしないと企業は魅力的には思ってくれません。

見え方・伝え方がちょっと変わるだけで結果が大きく違ってきます。あなたも今すぐ、経験の棚卸しをしましょう。

真実:スキルアップしても正社員にはなれない

『スキルを身につけてるし、正社員になれる確率も高いかもな!』

こう思う人もいるかもですが、、、
申し訳ありません。現実としては、無謀なチャレンジになるかもです。

というより「スキルアップした=正社員になれるかも」という認識が間違っています。

ここまでの小まとめ

  • ポイント①:契約社員を抜け出せない原因は「自分に自信がない」から
  • ポイント②:自信を持つ方法は、自分の力を客観視すること
  • ポイント③:客観視するには「日々の業務の棚卸し」が必要

上記の通りです。

とはいえ、自分の能力を客観視するには、必須のアクションがあります。「常に転職活動をしておくこと」です。

契約社員でも常に転職活動をしておくのが、正社員への近道


『転職活動』といっても重く考える必要はなく、下記ツイートの流れでやりましょう。

【注意】いきなり転職エージェントは使わない

転職活動といっても、いきなり転職サイトや転職エージェントを使う必要はありません。以下のような行動も「転職活動」になります。

  • 普段どうやって仕事をしてるか
  • これからの働き方をどうしたいか
  • 自分を知らない人にどう紹介するか

これらの行動があって、先ほどの「能力の言語化」をします。

転職エージェントを使うタイミングはここです。

転職エージェントからは「フィードバック」と「情報」をもらう

能力を言語化したら、そこで転職エージェントに登録して面談を受けましょう。

転職エージェントに「言語化した能力」を伝えることで、フィードバックを貰えます。第三者視点でのフィードバックを貰うことで、企業に応募する際により魅力的な表現にブラッシュアップできるはず。

それを元手に、応募書類を作ったり自己PRを完成させましょう。

加えて、上手に転職エージェントを使って「情報収集」をすると便利です。

  • 今の能力・経験で確実に行けるレベルの会社
  • ちょっと頑張れば行けるレベルの会社
  • 今の自分にはまだ無理なレベルの会社

それぞれを聞き出してみましょう。

詳しくは下記で解説しています。

まとめ:正社員へ転職する手順

契約社員→正社員への手順をまとめます。

  • 手順①:転職活動をしつつ、自分の力を客観視・言語化する
  • 手順②:言語化したものをエージェントに見せ、アドバイスと情報を貰う
  • 手順③:情報を元に、採用選考に挑戦する

この手順で正社員を目指していきましょう。

追伸:使うなら大手エージェントが1番です

使ってよかった転職エージェントを紹介した記事です。「20代向け」とありますが、全世代が使えるエージェントです。

合わせて確認してみてくださいm(_ _)m

今回はこれで以上になります。

ぶっちゃけ、肩書きが重要視される世の中は終わりつつあります。フリーランス人口が増えてきているのも、その証拠です。

とはいえ、正社員であることが安心感に繋がるのも、また事実。

現在の会社で正社員になるのは、並大抵の努力では不可能です。なので、正社員へ転職を考えるというアクションが最も効果的なんです。

絶望しつつ、自分のペースで行動していきましょう。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】