【本音】『契約社員に求めすぎ!』と怒ってもムダな件【過去の自分へ】

Contract employee

  • 仕事量・責任も重くて『契約社員に求めすぎ!』と感じる
  • 正社員並みかそれ以上だし、むしろ正社員の方が楽な気もする
  • 契約社員の自分に、仕事の責任・量・質とかいろいろ求めすぎ…(ー ー;)

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

ぼくも契約社員として働いていましたが『求められるレベルが高いな〜』と感じる瞬間は、確かに何回かありました。

この記事を読むあなたも、きっと日々そういった想いがあるのでしょう。

この記事の結論

契約社員に求めすぎる企業は多い。責任や業務量など、正社員かよって会社もあります。とはいえ、契約社員の定義が企業で異なることにも問題ありです。正社員に近いのか、バイトに近いのかで扱いも変わります。そうは言っても「イチ社員」ではあるので、あまり無責任でいるのもどうかと思いますけどね。

上記のとおり。
契約社員でも企業ごとに扱いが変わります。

よって「契約社員の責任範囲」や「業務量の一般論」を、一概に定義づけるのは不可能。

『契約社員に求めすぎ!』と言ってばかりで、何も行動してないのは時間のムダですよ。

この記事の内容

  • 『契約社員に求めすぎ!』と怒ってもムダな件
  • 責任を負いたくない→仕事するな【過去の自分へ】
  • 契約社員を抜け出す方法

『契約社員に求めすぎ!』と怒ってもムダな件


契約社員に求めすぎる企業は多いです。

とはいえ、愚痴とか不満を言いつづけるのは、時間のムダです…(ー ー;)

企業ごとに「契約社員の定義」は異なる

申し訳ないですが、、、
会社ごとに「契約社員の定義」は異なってしまうのが現実です。

正社員並みの業務量・責任の会社もあれば、アルバイトのような軽作業で簡単な仕事しかできない会社もあります。

なので『契約社員に求めすぎ!』とキレても、誰も耳を傾けてはくれません。

就業規則などを読み込んで確認すべし

確認するためには、就業規則を読むことが大事です。

  • 労働時間
  • 業務内容
  • 残業規定
  • 昇給・賞与
  • 福利厚生

どうでしょう。
意識的にしっかり確認したことはありますか?

家電製品とかの”トリセツ感覚”でなんとなく読み飛ばすのは、損しますよ。

経験談:めちゃ働いた販売員時代

前述のとおり、ぼくは「限りなく正社員に近い契約社員」の販売員として、1年半ほど働いていました。

具体的な業務は下記のとおり。

  • 接客販売
  • 売上管理
  • 店内清掃
  • POP・DMの作成
  • 商品・仕入れ管理
  • 店内レイアウト構成

1日10時間の拘束時間で、ほぼ仕事のことばかり考えていました。

【失敗】就業規則の確認をしなかった

とはいえノルマ以上の売上を立てようが、主体的に集客イベントを企画しようが評価はUPせず。

理不尽だなと感じつつ、『契約社員に求めすぎ!』とも思ってました。

しかし就業規則の確認はしておらず、そこには「昇給・昇級なし」「業務範囲規定=店舗業務に付随するもの」とあり、頑張ってもムダだったことが発覚。

そんな感じで、『契約社員に求めすぎ!』と怒り狂う前に、まず就業規則を読み込むことがマスト。ぼくと同じ失敗はしないでくださいm(_ _)m

契約社員の採用が多い理由

理由としては明白で「キャッシュと人材が不足してるから」です。

特に契約社員が多いのは、低利益でコスト(正社員)を増やせない仕事です。

  • 飲食業
  • 宿泊業
  • 教育関連業
  • 医療福祉業
  • アパレル販売業

たとえば上記のように、多くのサービス業では全体的に契約社員が多いです。

ぼくは定期的に転職サイトを眺めていますが、この傾向は転職した2019年とあまり変わりません。ちなみによく見るサイトは【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】で書いてます。

ぶっちゃけ、日本の法律における「正社員の解雇」は、簡単ではありません。なので、何かと”解雇の理由付け”がしやすい契約社員の採用が増えています。

責任を負いたくない→仕事するな【過去の自分へ】


『契約社員なのに、この業務量はおかしい!』というマインドは他責思考です。

仕事で責任を負いたくないなら、そもそも仕事しないほうが良い。

過去の自分に警告をする気分で、書いていきます。

契約社員になったのは、あなたの責任

ぶっちゃけ、契約社員という道を選んだのは「あなたの責任」です。

  • 両親に言われて、契約社員になりましたか?
  • 友人の勧められて、契約社員になりましたか?
  • 前職の上司から契約社員への転職を決めましたか?

そんなワケないはずです。すべて「あなた自身が下した決断」だと思います。

なので、すべての責任はあなたにあります。

ぼくも、他責思考だった

過去のぼくが「他責思考+責任逃れしたいタイプ」でした。なので『契約社員に求めすぎ!』と思ってしまう気持ちは、痛いほど分かります。

ぼくが契約社員を選んだ理由は2つ。

  • 理由①:転職活動を終わらしたく妥協した
  • 理由②:責任がそこまで重くないだろうと考えた

クソみたいな思考ですが、白日のもとに晒しておきます…(ー ー;)

今のあなたの生活・仕事・雇用形態は「自分でセレクトしたもの」です。そして繰り返しですが、全責任はあなたにあります。

不幸ヅラして不平・不満を口にするのは、ぶっちゃけ時間のムダ。まずはそれらをストップしましょう。

重要:「どうありたいか?」を考えよう

生き方は多様化しています。
みんなが同じような生き方だった時代から「ダイバーシティ」が認められる時代になりました。

大事なのは「何をしたい」というdo思考ではなく、「どうありたい」というbe思考を持つこと。

  • 正社員として会社にしがみつきたい
  • フリーランスとして自由でいたい
  • 社長として人の上に立ちたい

たとえば上記の感じ。

これらはあなた自身の”価値観”で、あなたが日々頑張ってる仕事は”価値観”を具現化するための手段です。

正社員・非正規・フリーランスなどの雇用形態に関係なく”あなた自身の価値観”にマッチした働き方を選びましょう。

それには自己分析が大事です。
そこで、ぼく自身が価値観を探るときに参考にした本があるので、2冊紹介します。

推薦図書①:「やりたいこと」の見つけ方


ゲキ推し本です。
この本を読んで、自己分析のやり方・価値観の重要性について、心の奥底から理解できました\(^o^)/

具体的メソッドまで落とし込んだ本でして、アマゾンレビューも星4と上場です。

推薦図書②:メモの魔力


仕事でのメモ術かなと思いきや、著者自身が就活無双した「メモを使った自己分析ノウハウ」をあますことなく凝縮させた1冊。

巻末にある「自己分析1,000本ノック」の破壊力は、ぜひご自分でお試しくださいませ。自分で編み出した著者の変態性がわかるはず\(^o^)/

おわりに:そこまで嫌なら、転職すべし

契約社員の自分でも、次の仕事が見つかるのかな…

こう不安に思ってるかもですが、大丈夫です。

契約社員での経験も立派な職歴になりますし、転職もできます。

参考記事をいくつか貼っておきますので、ご参照くださいませm(_ _)m



人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】