契約社員は、就職といえるか【結論:いえる /フラットな関係で高め合う】

Job change service

  • 契約社員で働くことは就職といえるのかが判断できない。
  • 会社員と言っていいの?定職に付いてると言っていいの?
  • シンプルに「今の自分」に不安がある、、、( ; ; )

こんな悩みに答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

ぼくも契約社員として働いてましたが、しっかり実績・スキル構築をすることはできました。とはいえ、そもそも『契約社員は就職といえるの?』と疑問に思うのは、よくあることです。

この記事の結論

『契約社員は就職と言えるか?』と疑問に思うかもですが、結論「就職といっていい」です。ちゃんと職歴にもなります。恥ずかしいとか、後ろめたいって気持ちがあるなら最初からなるべきではないです。それより大事なのは「会社をどう利用するか?」でして、シナジー効果を考えるべきかと。

上記のとおり。
契約社員は非正社員ですが、就職といえます。社保完備の会社は多く、仕事内容だけ見れば正社員と大差ないこともしばしば。

とはいえ、より大事なのは「会社をどう利用するか?」という意識でして、会社と個人でお互いに利用し合うくらいの「フラットな関係性」がちょうど良しです。

この記事の内容

  • 契約社員は就職といえるか【結論:いえる】
  • これからの「就職」とは【未来の働き方】
  • 「お互いに利用し合うフラットな関係」がいい

契約社員は就職といえるか【結論:いえる】


就職してると言えます。

現代は「会社に属する=就職」

正社員・契約社員は「ひとつの企業を構成するメンバー」という点で同じです。

  • A社に「正社員」で入社
  • A社に「契約社員」で入社

上記どちらも「就職した」と言えます。

注意:扱いは会社によって違う

とはいえ、契約社員の扱いは「企業ごとに違う」が正しいです。

  • 正社員レベルの業務内容・責任
  • アルバイト並みに低いレベル

私見ですが、契約社員は「アルバイト以上・正社員未満」みたいな感じ。フワッとした立ち位置です。

そういった事実があるので『契約社員はフリーターと変わらない…』みたいな意見をたまに見ますが、それは完全に間違い。ほとんどの契約社員は、業務内容・責任範囲ともにアルバイトより幅広いです。

よくある疑問:職歴にはなるの?

契約社員での経験は、しっかりと職歴にはなります。
履歴書・職務経歴書にも記載してOKですし、実績・スキル構築も可能。

「職歴=正社員の特権」ではありません。
参照:【真実】「契約社員は職歴にならない」は間違いです【書類作成テクも解説】

これからの「就職」とは【未来の働き方】


契約社員も含めて、これからの働き方について考えてみました。

ちなみにいうと「就職=スキルに勤める(共に生きる)こと」です。
あなたが考える就職は「会社に入社」だと思いますが、前提条件が異なってきます。

つまり、どの会社に入るかではなく、どの職(=スキル)に勤めるかという考え方が必須です。

疑問:大企業に入るのが、正しい選択なのか

結論、そうでもないかと。

ぼくも『大企業に入れば安定してて、仕事もできるようになる!!』と思い就活をし、ト◯タ系の会社に就職しました。

とはいえ、下記のような現実を知りガン萎え(´Д` )

  • 研修は別に手厚くない
  • 上が詰まりすぎで昇進は厳しい
  • 10年目と給与がほぼ変化がない

上記のとおり。

就活・転職の両方とも「大企業に入れば…!」「大企業の契約社員なら…!!」は幻想になりつつあるかと。

そんなユートピアはどこにもありません( ; ; )

これらについては、ちきりんさんの2013年の記事が参考になります。
参照:Chikirinの日記『大企業のほうが成長できるとか完全にウソ』

常識は、変わるもの

使い古された言葉ではありますが、常識は「時代によって変わり」ます。

そして、一昔前の親世代の常識は、現代では非常識になってることもしばしば。

  • 親の世代→大きい会社で頑張って出世し、老後はスローライフを楽しむ
  • 今の世代→会社を上手に利用し、転職でキャリアアップ・自己実現を目指す

上記のとおり。

よく使われるたとえですが、10年前にはスマホを使ってることが常識だなんて、誰も思ってませんでした。ガラケー→スマホと「携帯電話の常識」が変わったのと同じく「就職の常識」も刻々と変化しています。

親のいうことは、聞かなくていい

あなたが20歳をこえた大人なら、いちいち親のいうことを聞くのはナンセンス。

もう、子供じゃないですよね。
それなら、契約社員になることも「自己責任」です。

親のいう「正しい人生のレール」は、世間体を気にしたエゴや見栄ってこともあります。あと、親のアドバイスは基本的に保身になりがち。

  • 正社員の方がいい
  • 公務員は安定してる
  • 30代で非正規は…

こんな感じ。

しかし大事なのは「自分はどうありたいか?」という観点でして、契約社員でも「あなたの求める”あり方”」とマッチしてるなら、別にOKです。

「お互いに利用し合うフラットな関係」がいい

世界最大のビジネスSNS「リンクトイン」の日本法人で社長を務める村上臣さんは、著書『転職2.0』の中で、こんなことをいっています。

「シナジー」とは何かと言えば、会社と働く個人が良い意味でお互いを利用し合うということです。

もうちょっと詳しく書くと、下記のとおり。

  • 会社→スキルアップの場を提供し、業務にコミットしてもらう
  • 個人→あなた自身のリソースを提供し、スキルアップの場をもらう

「会社に雇ってもらう」という上下関係から「フラットな関係となりお互いに高め合う」というイメージ。

副業OKな会社のほうがベター

個人的な意見ですが、、、
副業禁止の会社は、社員を会社に縛り付けておきたいマインドが透けて見えます。

なので、正社員・契約社員とわず、就職するのはあまり賢くはないかと。

  • 副業禁止→その会社・そこでしか役立たないスキルしか育たない
  • 副業OK→外で稼ぎ、そこで得た知見やスキルでさらに会社で活躍

こんな感じで、本業×副業の「シナジー」とかも生まれそうです。

補足:契約社員のほうが身軽かも

契約社員の場合は、契約期間中の解雇は原則ありえません。

なので「契約期間にフルコミットし成果も出す→満足したら更新せず他社に移る」みたいな生き方も、いいかもですね。

大事なのは「カルチャーフィット」

これでラストです。
あとちょっとだけ、お付き合いください。

これまでは、会社とカルチャーフィット(=価値観の合致)がなくても、終身雇用制度でエスカレーター式に昇進・昇級できました。しかし、乱暴なとらえ方をすると「雇用は保証してやるから、会社に使われろ」という関係性だったと言えるでしょう。

とはいえ、終身雇用は崩壊してます。
カルチャーフィットをしてない会社にいても、ツライし破壊的に不幸になるだけです。

「企業の口コミサイト」とかを確認しつつ、価値観の合う会社で働くことを意識していきましょう\(^o^)/

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】