Job change serviceに関する記事一覧


Job change service

転職が当たり前になってきた時代ですが、転職ツールも多様化しています。転職サイトやエージェントも勿論ですが、より本気出していい転職をしたいなら「課金制の転職サポートを受ける」のも1つの手段です。中でも『ポジウィルキャリア』のゲキサポが一押しです。「キャリア版ライザップ」とも言われています。口コミ・金額についても徹底解説。

Job change service

dodaエージェントの評判が悪いって聞きますが、個人的にはそうは思いません。というよりもレビューサイトを見ている感じだと、「使い方が間違ってんじゃね?」とも思います。dodaエージェントは求人数・幅の広さはピカイチなので「他社と組み合わせて上手に使うと情報収集に便利」って印象。その辺を含めて、がっつりレビューします。

Job change service

パソナキャリアは「第二新卒・20代・30代」向けの転職エージェントです。体験談としては「ハイキャリア・大企業の高年収に転職したい人向け」というのが正直な感想。第二新卒や20代中盤の人は、別のエージェントを使うべき。そこも踏まえて「メリット・デメリット」「よくある疑問のまとめ」「面談までの登録手順」まで写真つきで解説。

Job change service

マイナビエージェントは「第二新卒・20代・30代」向けの転職エージェントです。体験談としては「30歳くらいのアラサーの人に1番向いている」というのが正直な感想。第二新卒や20代中盤の人は、別のエージェントを使うべき。そこも踏まえて「メリット・デメリット」「よくある疑問のまとめ」「面談までの登録手順」まで写真つきで解説。

Job change service

リクルートエージェントは「20代〜40代以上まで」の全世代向けの、評判も良い転職エージェントです。『ひどい』というレビューもありますが、個人的には普通かなという印象。転職エージェントは「ガチャ運要素」がかなり強く、1つのエージェント会社のなかでもアタリ・ハズレの担当者が存在します。ひどいと思ったら、他に乗り換えましょ。

Job change service

転職活動の難関が「書類選考」で、僕もかなり苦手です。職歴に自信無い、フリーター・ニート生活が長い場合、「書類選考」で不合格になる確率が高くなります。そこで今回は、以前使ってみて良いと思った「書類選考なしで面接に進める転職エージェント・サイト」を紹介。「ブラック企業が多そう」と思うかもですが、そんなことも無いですよ。

Job change service

マイナビジョブ20'sは結構、悪い方の評判は目につきますがどうでしょうか?口コミサイトやレビュー・評判まとめは基本的に、悪いものが集まりやすい傾向があります。それに振り回されては、どこの転職エージェントも使えません。参考にする程度にしましゅう。個人的にマイナビジョブ20'sは良いとこだと思ってます。