【簡単】20代で会社にしがみつく正しい方法【会社を上手に使うべし】

20's job change

  • 20代から会社にしがみつくことしか考えてない
  • 現職の居心地もいいし転職するつもりもない
  • 待遇には不満でやめたいけど、人間関係はいいから辞めづらい

そんな20代に向けて書いた記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
ぼくには下記の経歴があります。結論としては「会社にしがみつくことができなかった人間」です。

  • 経歴①:新卒で入社した会社を4ヶ月で退職し
  • 経歴②:その後に「靴屋の販売員」に転職
  • 経歴③:コロナ退職し、今はフリーライター&ブロガー

あなたは「今の会社を辞めたいとは思いつつも、行動できない…どうしよう…」と思っているのでしょう。

しかし、心の奥底では「どうせ正社員は解雇されない。今の会社に居続ければいっかな〜」と考えてるのではないでしうか?

この記事の結論

「”会社へのしがみつき方”を工夫しよう」というのが、個人的な見解です。

別に「会社にしがみつくこと」を否定するつもりはありません。

ぶっちゃけ僕も「”ゆるふわホワイト企業”でダラダラ働けたらいいな〜」とか思う時はあります。

この記事では、「良いしがみつき方」と「悪いしがみつき方」について解説し、「しがみつくのを辞める方法」まで深堀りしていきます。

5分くらいで読める分量です。最後までお付き合いくださいませm(_ _)m

この記事の内容

  • 【簡単】20代で会社にしがみつく正しい方法
  • 会社にしがみつくのを止める方法
  • 「どうありたいか?」を考えて20代は会社にしがみつこう

【簡単】20代で会社にしがみつく正しい方法

  • 良いしがみつき方…会社を利用しリターンを得る
  • 悪いしがみつき方…会社に「人生すべて」を依存する

上記の通りです。

「会社を上手に利用する」のが良いしがみつき方

  • メリット①:収入面の安定性
  • メリット②:会社のリソースを使って挑戦できる
  • メリット③:常につながりが担保される

上記の通りで、会社に在籍するのはメリットが多くあります。

現在フリーでやっている僕ですが、会社員であることは「収入面の安定さ」がケタ違いに違いますよ。

また「会社のリソース」を使いまくってチャレンジ可能なのは、フリーランスにない”良さ”です。

加えて、仲間が常にいるのもポイント。「人間関係がウザい!!!」となって辞める人もいるかもですが、孤独に戦い続けるのはメンタル的に疲れます。

会社を上手に使って”スキル”を得る

会社の看板があり、資本もあります。
失敗しても「怒られるだけ」で、収入が0にはなりません。20代なら「若いから」で済みます。

要するに「ひとりだけではチャレンジできないことに、ノーダメージで挑戦できる」のが最大のしがみつくメリット。

※幻冬舎の編集者の箕輪厚介さんも、「会社員であることの対価は”給料”ではなく、”自分というブランド”を確立すること」という主旨をトークしてます。
参照:PRESIDENT ONLINE『箕輪厚介が「会社員」を辞めないこれだけの理由』

無料で「優秀な人の考え方」に触れられる

まわりに優秀な人がいるなら、その人からスキルを奪うことだって可能。しかも無料です。

そういった人の「その人の頭の中・価値観をコピーする」というイメージで、話を聞いてみたり質問すると良いですよ。

※「質問するときの型」があるので、ご参照くださいm(_ _)m

「自分の意見・考え」+「〜さんはどう思いますか?」

これで、たいていの人は答えてくれます。

悪いしがみつき方…会社に「人生すべて」を依存する

給料・人間関係など、「人生すべてを会社」に依存すると、悲惨な余生になるかも。

おそらく多くの人は、未だに「大企業勤めは安定していて解雇にもならない」と思っていますが、半分は正解・半分は間違いです。

おそらく、超有名な大企業であれば”国が支援する体制”に入ります。会社自体が潰れることは、ないでしょう。

とはいえ、会社にしがみつくことだけを考えていた「無能で使えない窓際社員」みたいな人はどうなるかというと、自主退職を促されます。

  • マクロ(広い)視点…会社が潰れて倒産することは非現実的
  • ミクロ(狭い)視点…会社内の整理で「不要な社員」を辞めさせる

上記のようなことは、普通におきます。

例えば「良いしがみつき方」をしてた人は、スキルがあります。会社から放り出されてもフリーランスとして仕事を取りつつ、生きることはできるでしょう。

就職先もすぐに見つかるかもしれません。

とはいえ、依存していた人は「実は何もなかった」という人が大半。個人で0→1で稼ぐこともできない可能性はあります。

「ここにいれば安心だ〜」は「ここがなくなったら終わりだ〜」と紙一重です。

会社にしがみつくのを止める方法

  • 方法①:個人でスキルを独学
  • 方法②:小さく転職活動を始める

この2つです。

方法①:個人でスキルを独学

  • ブログを開設してみる
  • プログラミングをやってみる
  • せどりで副収入ゲットする

上記のような副業を始めてみると良いでしょう。

※副業に関しては専門ではないので、『両学長のリベラルアーツ大学』がおすすめ。お金に関するあらゆる知識を学べるYouTubeチャンネルです。

方法②:小さく転職活動を始める

小さくてもOKなので、転職活動をスタートしてみましょう。

個人的には「求人サイトを眺めるだけ」でも充分だと感じています。

定期的に見てると、求人状況の”流れ”がみえてきます。

  • この業界・業種の募集は多いな
  • 未経験での募集は〜って仕事ばかり
  • 最近は〜業界の求人が多めかな?

こんな感じです。

上記3つはメジャーですし、サイト自体の操作性も良いです。

転職活動の始め方に関しては「失敗しない転職活動の始め方」を7つの手順で解説【まずは自力で!】を参考にしてください。

「どうありたいか?」を考えて20代は会社にしがみつこう


生き方は多様化しています。

  • 20代のうちに転職をする人
  • 20代で世界的な人気YouTuberになった人
  • 20代前半でフリーランスで活動してる人
  • 10代で起業し、成功してる人
  • SNS上には「年収〜億円!」みたいなレベチもいる

上記のように、今のあなたのように「会社にしがみつくこと」をしてない人は、世の中にたくさんいます。

とはいえ、あなた自身が「どうありたいか?」を考えないとダメです。ぶっちゃけ、会社にしがみつくことは「普通」です。

ってわけで、会社に上手にしがみつつ「自分はこの先どうありたいか?」を思考しつつ、動いていけばOK。

収入や人間関係が会社だけに依存するのはNGですが、転職・副業は「強制的にやらないといけないもの」でもないです。ゆる〜くいきましょう。

最後に、会社をやめる勇気が出ない人に読んでほしい記事をまとめておいたので、よかったらどうぞm(_ _)m

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】