契約社員は、使い捨てなのか【結論:場合による / 正社員もヤバイ】

Contract employee

  • 「契約社員=使い捨ての駒」のイメージがある
  • このまま契約社員へ転職してもいいのか心配
  • 正社員の安定感に絶大な信頼がある

そんな人向けの記事

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へ転職しました。

『契約社員は使い捨ての駒だ!!』

このような意見や考えは、ヤフー知恵袋・SNSを見てても多く感じます。この記事を読むあなたも、そういった思いがあるのでしょう。

過去のぼくも同じようなことを考え、毎日のように悩んでいました。

この記事の結論

契約社員は使い捨てなのか?という疑問への答えは「ケースバイケース」です。企業・本人の気持ちによって変わります。すぐに来れる存在と思ってる会社もあれば、コスト的に仕方なくやってる会社もある。それと、正社員神話は崩れてるので「絶対の安定」はないと思っておくのがベストですよ。

上記ツイートのとおり。
身も蓋もないですが、企業によって「契約社員の立場・扱い」は違ってきます。

使い捨てかどうかの見分け方も解説しますので、最後までお付き合いくださいませ。

この記事の内容

  • 契約社員は、使い捨てなのか【結論:場合による】
  • 入社前に確かめる基準とは【2つだけ】
  • 正社員も、使い捨てになる危険性はある

契約社員は、使い捨てなのか【結論:場合による】


結論、企業によって違います。

とはいえ、多くの場合は「使い捨て」であることが多いです。

「企業の大きさ」は関係ない

契約社員を募集している企業は、比率的には中小・零細企業の方がメジャーです。とはいえ超有名な大手企業でも、契約社員の採用をしています。

また、郵便局・市役所・ハローワークなどの国営の組織でも、非正規社員で働いてる人が多くいます。正社員との格差が問題になったこともニュースになりました。
参照:東洋経済オンライン『待遇格差訴訟、最高裁判決が真逆に割れたワケ』

ここで注意したいのが、下記についてです。

企業の規模・レベルで、契約社員の「階級」が上がるわけでもない

つまり、『大企業の契約社員になった=使い捨てじゃない!』という安易なマインドは捨てるべきです。しかも大企業の場合、業務が限定的になりすぎて「スキルアップも見込めない」という状況にもなるかもしれません。

完全な経験則ですが、中小企業は1人が抱える仕事量が多いので、そこそこ裁量権があるため成長にもつながりやすいです。

「業界・業種」には関係がある

ぶっちゃけ「サービス系」は、契約社員(非正規労働)は多いです。

  • 販売員
  • 一般事務
  • 物流センター作業員
  • 施設の警備系
  • カスタマーサポート

たとえば、上記のような職種には、契約社員の募集が多く見られます。

とはいえ、契約社員の営業の募集はありまして、やっぱり一概にはいえません。※ホット◯ッパーの営業マンの求人などは、いつでも求人を出してます…(ー ー;)

入社前に確かめる基準とは【2つだけ】

  • 基準①:「正社員登用あり」があいまい
  • 基準②:契約社員スタートを打診される

面接にて、上記2つに当てはまったら怪しむべきです。

基準①:「正社員登用あり」があいまい

あなたが「正社員登用あり」の文言に惹かれてるなら、細心の注意をしないとダメですよ。嘘の場合が多く、実態が伴ってないことも多いからです。

解決策は、面接で”正社員登用の実態があるのか”を必ず聞くことです。聞かないと、入社してから後悔することになります。

面接でそんなこと聞くのは気がひける…

こう思うかもしれません。
とはいえ、「質問すること」はあなたに与えられた権利。使わない手はありません。

それで落ちたら、そもそも「契約社員は使い捨て要因」というマインドの会社だと思うので、気にせず次に行きましょう。
参照:【嘘も多い】契約社員から正社員登用は、狙うべきではない【人を集める甘いミツかも】

基準②:契約社員スタートを打診される

正社員での応募だったのに、契約社員スタートなら採用と言われた

こういうパターンもあります。ぶっちゃけ、入社はおすすめしません。企業から低く評価されてるからです。

そもそも、企業にとって正社員を採用することは「リスク」です。

  • 簡単にクビにできない
  • 経歴と実力に乖離がある
  • すぐ辞める可能性がある

上記のリスクがあります。
契約社員スタートは、あなたを低く見積もった上で、採用リスクを最低限にするための手法です。

なので、このパターンも入社は避けた方がベターかと。
参照:転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】

補足:正社員が見下してくる会社はヤバイ

入社してから「正社員が契約社員を見下してくる企業」だと分かるパターンもあります。

  • スキルアップはできない
  • 実績を積めない
  • 雑用しかできない

こういった実害があるかもなので、正社員がヤバイほど見下してくる企業なら、転職を考えましょう。
参照:契約社員が正社員から見下される3つ理由【ネタバレ:立ち位置が違うと思ってる】

よくある質問:そんなすぐの転職っていいの?

1年ほど経過してる方が、転職難易度は下がります。

いざ転職してみたらミスマッチを起こして1年で再転職する人は、世の中に意外と多くいますよ。
参照:日経ビジネス『中途社員1年目の離職理由には「3つの共通点」』

正社員も、使い捨てになる危険性あり


”正社員神話”は、もう終わってます。

世の中に、絶対はない

「安心・安全な働き方=正社員」というイメージは、すでに崩壊しつつあります。

そもそも、正社員といっても多様性があります。今風にいえば「ダイバーシティ」のある働き方へと、変貌しつつあります。

  • フルタイム正社員
  • 地域限定正社員
  • 時短正社員
  • 職種限定社員

上記のように、正社員だけでも4区分がされます。
参照:厚生労働省『「多様な正社員」の導入状況』

しかも、フルタイム正社員以外は「何かしら限定されてる→賃金もちょっと低め」に設定されてます。ぶっちゃけ、かなりのペナルティです。

たとえば、ライフスタイルの変化(親の介護・子供が生まれるetc)でフルタイム正社員として勤務できなくなったら、、、「安心・安全な働き方」とはちょっと言いにくいかと。

「正社員になれば思想」こそ、捨てよう

「正社員になれば安心マインド」は世の中にはびこってますし、それはそれで正しいです。とはいえ「正社員になれば安心マインド」こそ捨てるべき。

契約社員から正社員になっても、比べる対象が変わるだけでまた劣等感を抱くだけです。

とはいえ、正社員もいいところは沢山あるのも事実。ぼくも『ゆるふわ系ホワイト企業でぬくぬくサラリーマンできたら最高だな』なんて思ったりもします。

ぶっちゃけ、あなたの価値観・マインドに合うのなら、正社員・契約社員のどちらでも問題なしです。『自分はどうありたいか?』を深堀りして、働き方を考えていきましょう。

推薦本①:正社員について

ちょっと前の本ですが「正社員の危うさ」を感じる本です。興味ある方はぜひm(_ _)m

推薦本②:価値観について

元ブロガーで、現在は「自己理解」に特化した会社を運営する八木仁平さん(@yagijimpei)の著書。目から鱗なノウハウばかりで、ぼくはこれを読んで価値観の大切さを実感しました。

今回はこれで以上です。
「契約社員は使い捨てなのか?」についての結論は、ケースバイケースというありきたりな答えな記事でございました。

使い捨てになりたくないなら、めちゃ頑張って正社員を目指すか、最初から正社員への求人に応募し、契約社員を選ばなければOKです。

とはいえ、契約社員がデメリットだらけでもないので、下記記事もご参照くださいませm(_ _)m

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】