『契約社員は正社員より辞めやすい』←間違いです【経験者が語る】

契約社員になる

  • 契約社員は正社員より辞めやすいと思ってる
  • ネットで「やむを得ない理由が必要」とあり困ってる
  • どちらの意見が正しいのかが知りたい

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

僕も実は「契約社員は辞めやすい」と思っていたタイプだったので、経験ベースで真実を書いていきますm(_ _)m

この記事の結論

契約社員は辞めやすい、というのは幻で、一概にいうことは不可能です。企業によります。契約社員であろうとも仕事に対しての責任は付き纏うものであり、それを急に放棄して「辞めたいので辞めます」はちょいおかしい。辞める自由はありますが、辞めやすいかといえば、別にそうでもないです。

上記のとおり。
別に「辞めやすい」わけではありません。

この記事の内容

  • 『契約社員は正社員より辞めやすい』←間違いです
  • 契約社員を辞めるときに、気をつけること
  • 辞める前提なら、1年くらいでサクッと転職です

『契約社員は正社員より辞めやすい』←間違いです


間違ってますね。

理由:それ相応の「責任」があるから

ごめんなさい。当サイトでは「僕の経験からの学び」を軸に発信しています。

  • 雑用っぽい仕事しかできない契約社員
  • 正社員のサポートのためにいる契約社員
  • アルバイトとほぼ同じ仕事内容の契約社員

こういった事情の契約社員のことまでは、よく分かりません(というより、そういった環境はすぐ辞めるべきだ、とも思ってますが…)。

僕の前職では、契約社員も「イチ社員」として責任・成果・チームワークを求められ、ノルマ達成のプレッシャー・お客様へのホスピタリティーを持って働くことを前提にしている職場でした。

なので、業務内容や責任の重さは「正社員と同じくらい」でした。退職するときも引き止められましたし、辞めるときにもモヤっとした気持ちが、少しありました。

ってことで、完全な経験則にはなりますが「契約社員=辞めやすい」ってことには、ならないと思っています。

とはいえ「辞める自由」はある

  • 正社員…無期雇用で、退職の意志を伝えれば退職OK
  • 契約社員…有期雇用で、契約期間中の退職はできない

こういったネット情報は溢れていますが、ウソです。契約社員にも「退職する自由」はあります。

実際に僕の同僚は、何も会社と揉めることもなく9ヶ月で辞めていました…(´Д` )笑

また1年以上、勤続しているのであれば、正社員と同じように自由意志で退職できます。また、企業との合意があれば「1年未満」でも退職可能。

つまり、あまり気にせずに辞められるというのも、また事実といえます。

辞めやすいかは「企業による」が実情

ってことで、身も蓋もないことを書くようで恐縮ですが、契約社員が辞めやすいかは「企業によって違う」のが実情です。

企業文化といいますか、どういった気質を持った企業なのかは、入社してみないと分かりません。一言で”契約社員”といっても内情はいろいろで、扱いや働き方の自由さは異なってきます。

※あと、言うまでもないですが、すぐに辞められないからといって「バックレ」はありえません。社会人失格です。
»言うまでもなく、契約社員のバックレは「1発アウト」です【責任感の欠如】

辞めるなら、次を決めておくこと

世の中には『会社が嫌ならサクッと辞めよう!!』って声が大きいです。とはいえ、やはり”逃げ道”や”セーフティネット”がない限りは、かなり難しいでしょう。

お金の余裕=精神の余裕です。
仮にすぐ辞められる企業であっても、次を決めてから転職するほうがベターです。

契約社員を辞めるタイミング

いつでもOKですが、スムーズに退職したいのであれば「勤続して1年以上が経ってること」が望ましいですね。

例えば「1年間の勤続はしてないが、契約期間中に正社員への転職が決まったから辞めたい」という場合、器の小さな企業は退職を認めないかもしれません。小さい企業ほど”人件費ロス”を嫌い、ゴタゴタが起こる可能性はあります。

なので「正社員への転職活動をしつつ、契約社員として働いて、タイミングを見て転職する」的な流れで辞めるのが、いいと思います。

補足:円満退職をするための方法

  • 契約期間を満了する
  • 契約更新をしない

どちらかが、企業もあなたも満足のいく退職方法です。退職する30日前に、その旨

ちなみに、次が決まってないなら「国民健康保険」と「国民年金」に切り替えましょう。お近くの役所に問い合わせれば、今後のアクションプランについて教えてくれますm(._.)m

契約社員を辞めるときに、気をつけること

  • その①:転職活動は、誰にも言わない
  • その②:引き止められても、気にしない
  • その③:退職するまでは、手を抜かない

経験ベースで書きます。

その①:転職活動は誰にも言わない

転職活動をして転職先を決めてから辞める場合は、誰にも言わないのがベター。

敵対心を持たれたり、腫れ物に触るような扱いをされる可能性もあります。

自分の行動を他人に伝える必要はなし。勝手に動いて、勝手に決めて、ルールを守って退職すればOKです。

その②:引き止めに合っても気にしない

人情に厚い企業だったり、人不足で困ってる会社なら「引き止め」に合うかもしれません。

しかしながら、それらに応じる必要もありません。引き止めに応じることでデメリットを受けることもあります。

  • 辞めようとした奴、というレッテルを貼られる
  • 人の言葉で意見を変えるやつ、とも思われる
  • 職場でも気まずくなり、信頼を失ってしまう

これらすべては、実際に僕の身に起こったことです、、、笑

退職を申しでる→引き止めに合う→会社を辞めるのを、やめる→職場での居心地がかなり悪くなる(上記3つに当てはまる)→マジで辞める決心をして、退職する

上記の感じです。

ぶっちゃけ、そのまま立ち止まっても地獄です。後ろは振り返らずに「自分の決めた人生」を生きていきましょう。

その③:退職するまでは、手を抜かない

退職が決まった瞬間から、なぜか横柄になったり、手を抜いて仕事をするタイプの人がいます。安心感や解放感があるのかは不明ですが、とはいえ「人間としてアウト」です。

辞めるまで仕事は続きますし、他の人に引き継ぐ業務も出てくるでしょう。あくまで礼儀正しく誠実にいるほうが印象も良く、本当の意味での円満退職になります。

労働の対価として給料をもらってる以上は、最後までやり切りましょう。

辞める前提なら、1年くらいでサクッと転職です

今回は「契約社員が辞めやすいか」についての記事でした。

ただ、辞めやすいかを気にするなら「1年ほどスキル・経験を積んで、正社員に転職する」みたいなマインドでいるのがいいでしょう。契約社員でもスキルアップはできますし、そこで培ったものは正社員への転職にも活かすことはできます。

つまり、辞める前提でなるなら「その仕事をとおして、何を得るか?」という目的を持ってば、いいと思います。

意識次第でどうとでもなるので、その辺りは考えながら契約社員として働けば、人生的にもマイナスにはならないはずです。

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】