契約社員で「楽な仕事」は多い。しかしオススメしない理由【堕落する】

働き方・あり方

  • 契約社員で「楽な仕事」に転職したい
  • 責任が重い仕事も、レベルの高い業務もウンザリ
  • とはいえ、それで良いのかも、少し不安…

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

楽そうなことを選んでしまうのは、人間の本能です。
なので、楽な仕事を選びたくなる気持ちは、めちゃめちゃ分かります。

この記事の結論

契約社員で「楽な仕事」を選ぶと、人生ハードになるかも。「楽な仕事=レッドオーシャン」なのが問題でして、ほかの人に代替えされやすい。契約社員は余計にそうです。また「未来の自分への借金」みたいなもので、結果、人生ハードモードになっていくかと。ちなみに、解決策はスキルの取得です。

上記のとおり。
「楽な仕事」をオススメしない理由は、シンプルに人生ハードモードにつながるからです。

しかも「楽な仕事」は、レッドオーシャン。
希望する人も多く、契約社員だとすぐに立場が危うくなるかもしれませんよ。

この記事の内容

  • 契約社員で「楽な仕事」はある。しかしオススメしない理由
  • 「楽な仕事」はレッドオーシャン
  • 「楽な仕事」をしたい人に、伝えたいこと

契約社員で「楽な仕事」はある。しかしオススメしない理由


楽な仕事は、人生をハードにしがちです。

前提:「楽な仕事」は人それぞれ

人によって、定義は異なります。

  • 方法①:人からは褒められるけど、自分では「そこ?」という事
  • 方法②:仕事中にストレスなく自然とできる事

上記2つが「楽な仕事」を見つけるためのコツです。

ひとまず「あなたにとっての楽な仕事」を見つけましょう。

問題点:レッドオーシャンであること

要するに「誰でもできるから、すぐに代替えされるかもしれない」ということですね。

若く元気がいい(しかも安い)労働力のほうが、企業にもコスト面などメリットが多いです。契約社員は、契約更新をストップされたらすぐ失業してしまいます。

会社ごとに「責任の重さ」は違う

おそらく、楽な仕事をしたいのは『責任から逃れたい・気楽に仕事したい』という心理があるからでしょう。

とはいえ、会社によって異なるのが現状です。同じ職種でも”フンワリした職場”もあれば、”ピリピリした職場”もあります。

経験談:楽でもなく、責任も重かった話

ぼくが販売員になったのは、ぶっちゃけ「楽そうだから」という下心がありました。しかし、それは完全に幻想でした。

  • その①:ノルマあり
  • その②:上司が厳しい
  • その③:責任範囲が広い

上記です。ぶっちゃけ、結構ツラかったですし、ノルマに追われてた気はします。契約社員でもノルマはあるので、決して「楽な仕事ばかり」ではないですね。
»【結論】契約社員でも、ノルマは発生する【プレッシャーが、糧になる】

当時のぼくのように『契約社員だし、まぁ気楽に働けるでしょ~』とたかをくくってると、痛い目にあうかもです。

というより、大前提でもあるんですが、契約社員も社会人です。なので、自分の行動すべては「自己責任」ですから、そこは認識しておくべきでしょう。
»【悲報】契約社員の「責任がどこまであるか」は決まってない【成長するチャンス】

「楽な仕事」をしたい人に、伝えたいこと


結論は「一旦、立ち止まろう」です。

楽な仕事→未来の自分への借金

クレジットカードを使ってる人は多いと思います。サクッと支払いができる便利ですよね。しかし、クレカは「未来の自分への借金」で、来月の自分に支払いをお願いしていますよね。

「楽な仕事」を求めることは、それと同じ。未来の自分の「苦労」を後回しにして、今の自分の「楽」を買ってるだけです。そして、だんだんと人生そのものが「苦」になっていきます。

ツケ・しわ寄せがくるなんて言いますが、マジですよ。

人生をイージーモードにする方法

結論「スキルと共に生きていくこと」です。

多くの人は「大きな企業に就職したら人生安泰」と思っています。しかし、もっと安定する方法は「一芸に秀でること」です。

よくある疑問:『一芸とは?』→汎用性あるスキル

汎用性のあるスキルとは、下記のとおり。

  • 動画編集スキル
  • トークスキル
  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル
  • プログラミングスキル

このほかに、営業・販売のセールススキルなどもあります。どんな仕事でも通用する、つまり「競合他社でも評価される能力」です。

また、そこに「専門性」や「熱意を向けられる分野の知識」がミックスされると、より強固になります。

たとえば、家電芸人などは良い例です。彼らは芸人として食べれなくでも「家電量販店の店員」や「家電関連の仕事」ができます。フツーの人にはない、熱量・知識があるからです。

副業にパワーを使うのも良い

  • 本業→タネ銭稼ぎのため
  • 副業→スキル・経験ゲットのため

上記のように考えるのも、ありですね。

無理に本業でスキルを求めるのではなく、生活を安定させるため基盤と考えるのも、ひとつの正解です。

ポイント:資産性のある労働

副業にパワーを割くなら、資産性のある労働を意識しましょう。つまり「汎用性のあるスキル」ですね。

  • 動画編集スキル
  • トークスキル
  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル
  • プログラミングスキル

くり返しですが、上記のとおり。

当ブログも、元々は「副業」としてスタートしました。1年ほど続けたら、ライティングスキル・マーケティングスキルなどをゲットし、転職活動でもアピールポイントになってます\(^o^)/

おわりに:「どうありたいか?」を考えよう

ぶっちゃけ「楽な仕事」を選ぶかどうかは、あなたの自由です。

最重要なことは、あなた自身の「どうありたいか?(=価値観)」でして、そこに合った働き方をすることです。ムリして消耗して働いて不幸になるよりも、あなた自身に合う働き方をして幸せになる方が人生トータルで「勝ち組」です。

収入としての黒字化も大事ですが、メンタルが赤字になってたら意味がありません。自分がワクワクするとか、楽しいと感じることを深掘りして仕事をスタートするのが良いと思います。
»【幸福論】自分のモノサシで考えると、生きやすくなる話【自分軸で生きる】

今回は以上です。
楽な仕事を追い求めるのではなく、自分の未来像をイメージしつつ、それを具現化する仕事を選んでいくと良いと思いますよ( ^ω^ )

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】