契約社員の末路は、悲惨なのか【思考停止は、正社員でもアウト】

働き方・あり方

  • 契約社員の末路がどんな感じなのか、興味がある
  • 不安だけど、将来のために何をすべきか分からない
  • 正社員になれば、輝く未来がゲットできると思ってる

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員として働くと将来は悲惨な末路があるぞ、と世間では言われています。この点について、経験者の視点から書いていきますね。

この記事の結論

思考停止して契約社員を続けてる人には悲惨な末路が待ってると思う。待遇格差はずっとあるし、会社によってはサポート業務しかできないところもある。とはいえ正社員になれば全て解決するわけでもなく「自分の武器を磨き続ける」のが大切かと。雇用形態なんて関係なく、意識すべきだと思う。

上記のとおり。
思考停止していたら、そりゃ悲惨な末路を辿るに決まってます…(´Д` )

とはいえ、この問題について「雇用形態」はあまり関係ない気もしています。ってことで本文で深堀りしていきますね。

この記事の内容

  • 契約社員の末路は、悲惨なのか
  • 悲惨な末路を辿らないために、意識すべきこと
  • 正社員になっても、悲惨な末路はありえる話

契約社員の末路は、悲惨なのか


結論は「思考停止でそのまま続けるのは、悲惨な末路になる」ですね。

思考停止で継続しても、何も身にならない

言わずもがな、思考停止して契約社員で居続ける人には、悲惨な末路が待ってると思いますよ。

  • 賃金の格差はどんどん広がる
  • 業務可能レベルも差が出てくる
  • 世間的な評判も、ビミョーなまま

こういったことですね。

契約社員としてずっと食いつなぐことは可能ですが、しかし、そこに「尊敬される」とか「輝く未来」みたいなものは存在していません。

あくまでも「生きていくことは可能」という話です。

そして思考停止で働いても、何も身になりません。

低賃金で働きまくり、時間もなくて、そうすると勉強をする暇もないですよね。そうやって「本業だけにコミット」してると、いつしか本業以外のことに関心を持てなくなってしまいます。

もちろん、本業にコミットするのは超大事です。とはいえ「お金」や「経済」や「テクノロジー」などを勉強せずにいたら、人生の拡張性を失うだけかと。

勉強をサボる→すぐ追い抜かれる

勉強をサボり続けていると、必ずどこかのタイミングで「同じレベルだと思ってた人」に追い抜かれます。

  • Aさん…契約社員の本業ばかりにコミットして、休日などはゴロゴロして終わる
  • Bさん…契約社員の本業だけでなく、副業もやって「事業の勉強」もしてる

たとえば、上記のとおり。

おそらくAさんは、数年後もずっと同じ生活を続けますね。失敗・挫折の経験はしないですが、経験値もたまらないので、転職も苦労するかもしれません。

逆にBさんは、副業をすることで経験値・スキルをゲットして、本業×副業の相乗効果で「事業収入」を得たり、または転職で大いに役立つかもしれません。

勉強は「資格」などの分かりやすいものだけでなく、小さく事業をスタートすることでもOK。むしろ、インプット・アウトプットを同時並行できるのでオススメです。

余談ですが、副業はノーリスク・ハイリターンなので、やらない理由が見つかりません。この辺りは下記で書いてます。
»契約社員が仕事を掛け持ちするなら、相乗効果を狙うべき【本業にコミットせよ】

ってことで思考停止で働くのではなく、勉強しつつ可能性を広げていきましょう。

悲惨な末路を辿らないために、意識すべきこと

  • その①:勉強を継続する
  • その②:己の「武器」を磨く
  • その③:なるべく「外の世界」と交流する

上記3つでして、ぼくが意識していたことでもあります。

その①:勉強を継続する

これは先述したとおりですね。

現代は「生涯学習の時代」なんて言われてますので、やるなら「興味があること」や「やってて苦じゃないこと」をやりましょう。そうしないと続きません(´Д` )

ぼくは「将来の役に立つ」と聞きプログラミングを勉強しました。しかし興味は湧かず勉強も苦痛で、1ヶ月ほどで挫折しました…笑

なので、あなた自身が『お…なんかオモロイぞ…!』と思えるものを、学習していきましょう。

その②:己の武器を磨く

本業が契約社員であっても、何かしらの専門知識・スキルを得ることはできるはずです。

  • 営業→営業スキルという「知的資産」
  • 販売員→販売スキルという「知的資産」
  • 事務員→事務処理能力「という「知的資産」

上記のもので、これらはあなたの「知的資産」です。

そして、本業でゲットした「知的資産」を磨き”ピカッと光るもの”にすることを、意識すべきだと思います。そうすれば、仮に転職を考えたときも、どこかしらが評価しれくれるはずです。

ちなみに「汎用性あるスキル」が望ましいです。なので、現職で「単純労働系・マニュアル化された業務」しかやってないなら、早めに環境を変えるほうがいいと思います。

会社からのリターン(スキル・経験・実績など)を得られないまま会社に搾取され、時間を浪費するだけかもしれません。将来的な不安を感じてるなら、何かしらの行動しないと”ジ・エンド”になりますよ。
»契約社員で将来が不安なら、行動するしかない件【先延ばしても、変わらない】

その③:なるべく、外の世界と交流する

要するに「異業種・異業界の人とのつながりを持っておく」ということです。

どうしても、今いる業界・業種のことばかりに詳しくなりがちですが、それだと「視野・視座・視点」が固定化されてしまいます。

ぼくは、店舗業務に携わっていました。ただ『アパレルの店舗運営しか知らないのはまずいな』と感じ、異業界・異業種の店舗運営を勉強しにいってました。

  • 飲食店
  • 美容室
  • 雑貨屋
  • マッサージ
  • スーパー

上記のとおり。接客を受けて話を聞いてみたり、店員さんの様子を観察したり、それら業界で勤める友人・知人と会って話をしたり…。

そうすると「こんなタイプには、こんな接客が効果がある」など、業界が違くても自分の業務にフィードバックできることを、発見することができました。

「外の世界」との交流があると、シンプルに勉強になりますし、自分の「武器」を磨くチャンスに巡り会える可能性はあります。

補足:契約社員を、抜け出す方法

なんだかんだ言って、契約社員を抜け出したい人もいるでしょう。抜け出す方法は下記3つです。

  • 方法①:正社員登用を本気で狙う
  • 方法②:正社員に転職する
  • 方法③:副業で個人のスキルを高め独立

上記のとおり。詳しくは【契約社員を抜け出す簡単な方法】正社員になれない本当の理由は、自分を客観視してないからで解説していますm(_ _)m

正社員になっても、悲惨な末路はありえる話


割とありえる、と思っています。

事実:45歳でリストラされる日本

こんな制度があると、ニュースになっていました。


サイト内でも書いてありましたが、これは「早期退職優遇制度」を「セカンドキャリア支援制度」と言い換えただけ。つまり、成果を出せない人は45歳でリストラされる、ということです。

過去にも、名だたる大企業がリストラ募集をしていたことは、記憶に新しいですね。

  • コカ・コーラ
  • キリン
  • 日本ハム
  • NEC
  • カシオ
  • 富士通
  • エーザイ

超有名な大企業でも「終身雇用は不可能」と判断した結果だと思います。

45歳だったら養う家族もいて、家や車のローンもある人も多いはず。こうなってしまったら絶望的ですし、悲惨な末路といって過言ではありません…( ; ; )

正社員になっても、報われる保証はない

ここまでで言いたいことは「契約社員から正社員になっても、ハッピーな生活を送れる確証はゼロ」ということです。

こういったことは、様々なことに言えるでしょう。

  • 東大に入学すれば…!
  • 国家公務員になれば…!
  • 大企業に入社できれば…!

こういった動機で行動する人は多く、そして、理想と現実のギャップに苦しむ人も多い。

それもそのはずで『〜すれば・〜になれば」の先にあるものが、ゴール地点ではないからです。たとえば「正社員になること=ゴール地点」としたら、転職初日に目的が達成されてしまいます。

販売員になった時のぼくがそうでして「販売員になる=楽しく働ける」と勘違いしてました。理想と現実のギャップに苦しみました…。

というわけで、正社員になればハッピーになれる保証はどこにもないので、あまり期待しすぎずに転職しましょう。

おわりに:信じるべきは「己のチカラ」です

会社に依存しても守ってくれません。急に手のひら返しをしてきます。なので、契約社員こそ「スキルと共に生きる=己のチカラを信じる」がいいと思いますよ。

ってことで、内容をさらっとまとめて終わりにします。

  • その①:思考停止で契約社員を続けると、悲惨な末路が待ってる
  • その②:「勉強する・武器を磨く・外の世界との交流」を意識する
  • その③:正社員でも思考停止してたらヤバイ
  • その④:そもそも「正社員になること」がゴールじゃない
  • その⑤:期待しすぎず、生きていこう

こんな感じ。将来が不安なら、まずは行動していきましょう。そうすれば、そのうち見えてくる世界も変わってくるはずです。

では、以上になります。

行動するなら、サポートしてもらうべし

正社員になるのであれば、必ずサポートがいるのがベターです。契約社員としての職歴は、書類選考でマイナス評価されて落とされる可能性が高いからです。

世の中に「契約社員からの転職を専門としたエージェント」はありません。

なので、僕自身が使ってみて『ここは良かったな…!』と感じた転職エージェントを解説した記事を貼っておきます。


また、当サイトでも転職サポートをしております。

世の中に、契約社員専門のキャリア相談窓口は存在しません。なので、リアル経験者としての知見をフル活用した「他に類を見ないサポート体制」で、契約社員の皆さんのキャリア支援をしております。

もし興味がありましたら、下記からお問い合わせくださいませm(_ _)m

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】