契約社員の将来性とは【可能性はゼロじゃない / 資産性のある労働をせよ】

Contract employee

  • 契約社員の将来性ってどうなんだろう、と思ってる
  • 急に契約切りされるかもだし、立場も不安定っていうし…
  • 小さい会社でも正社員になった方がいいのかな?

こんな疑問を解決する記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

何か新しく仕事をスタートするとき、どうしたって自分が置かれる状況の将来性は、気になるものです。

それは契約社員であってもそう。
非正規社員だけど、その後の生活とかを心配してしまいますよね。

この記事の結論

契約社員の将来性について考えましたが、可能性としてゼロではないかな、と思う。企業ごとに違いますが、スキルや経験を積めるところはあるし、ぼくはそうだった。つまり「資産性のある労働」ができれば、そこから横スライドして正社員転職もできます。そう考えると、契約社員の将来性はゼロじゃない。

上記のとおり。
契約社員には将来性がないわけではないかと。

とはいえ、単純作業の仕事で、なおかつ、全く勉強をしない契約社員の将来性はないと思います。

この記事の内容

  • 契約社員の将来性とは【可能性はゼロじゃない】
  • 将来が危うい、契約社員とは
  • 横スライド転職で、正社員へ【契約社員からの脱出】

契約社員の将来性とは【可能性はゼロじゃない】


すべての契約社員に、将来性がないわけではありません。

重要:資産性のある仕事ができること

「資産性のある仕事ができてる契約社員」は、将来性があります。

「資産性のある仕事」とは、たとえば下記のとおり。

  • 販売
  • 営業
  • プログラミング
  • マーケティング
  • ライティング
  • 事務系スキル

要するに「個人に残るスキル」のことです。一度ベースとなるものを身につけたら、どこの会社でもやってけますd( ̄  ̄)

よくある反論:事務系の仕事はAIに取られる

これについて、ぼくは懐疑的です。

たとえば、エクセルでマクロを組むところまで行ける人とか、以外といません。普通の人が達しないレベルまでいき、スキルをココナラなどで売れば儲かります。

実際、ココナラを見てみると、スキル販売をされてる人は結構います。

将来が危うい、契約社員とは


下記3つです。

  • その①:単純作業ばかり
  • その②:勉強をしてない
  • その③:実績が残らない

その①:単純作業ばかり

マニュアルが決まっていて創意工夫ができない仕事だと、資産性のある仕事はできません。シンプルに「やらされ仕事」になります。

しかも、誰がやっても同じ結果になる=ITの得意分野なので、そのうち人間は不要になる。あなた自身にとっても、付加価値の低い仕事になってしまいます。

その②:勉強をしてない

国の調査では、仕事をしてる社会人の1日の平均勉強時間は6分との調査結果が出ています。
参照:総務省統計局ホームページ「平成28年社会生活基本調査」

あなたはどうでしょう?
結論、本業に関すること以外の勉強をしてない人は、どんどん淘汰されるかと。

契約社員なら、なおさらの努力が必要ですので、習慣化しておくべきでしょう。

  • さまざまな本を読む
  • 勉強系YouTubeを見る
  • 音声コンテンツで耳学習する

こういったアクションで充分です。本業に支障が出ないくらいのペースで、勉強しましょう。

また、勉強したことが、本業で活きることもあります。
たとえばぼくは、本で読んだことが「接客トークの話題作り」に役立ちました。

なので、勉強しておいて損をすることはないと思いますね。

補足:勉強を継続する方法

勉強は「好きでやってて苦痛じゃないもの」でOKだと思います。

たとえば、ぼくがブログ運営をしているのは「ライティングは楽しく、やってても苦じゃないから」です。

何ごとも、楽しくないなら続きません。大事なので2回いいます。楽しくないなら、継続はできません。

楽しいと思えるものを探し、コツコツ勉強していきましょう。

その③:実績が残らない

実績が残るかも、重要なことです。

たとえば、契約社員として工場勤務をしてるとしましょう。大変失礼だとは思いますが、、、工場の製造ラインで働いても、創意工夫の余地もなければ、実績も残りませんよね。

逆に、販売員とか営業だと『売り上げを前年比150%にでき、顧客折衝能力もつきました。』とアピールできます。

どんなことを得たのか(=スキル)と、客観的データ(=実績)を、転職のときに伝えることができます。契約社員で身分が不安定でも、まずはここを目指すべきかと。

横スライド転職で、正社員へ【契約社員からの脱出】


個人に資産(=スキル・経験)がたまっていると、競合他社に転職しやすくなります。

それを、横スライド転職といいます。

具体例:販売員の場合

ぼくは元々、販売員をやっていたので、その界隈の事情は知っています。

販売員がする横スライド転職は、下記の感じですね。

  • その①:同商材・高価格帯のブランドに転職
  • その②:異商材・同価格帯のブランドに転職
  • その③:異商材・高価格帯のブランドに転職

上記のとおり。「職種」は変えず、企業の大きさor業界を変えて転職すると、待遇UPが狙え、スキルの幅も広がります。

営業など他の職種でも、同じことが言えます。

推薦図書

motoさん(@moto_recruit)が書かれた『転職と副業のかけ算』が、似た内容を書かれています。

自分の経験を活かしつつ、業界・職種のどちらかに軸足をおいた転職が、最も効率よくキャリアアップが目指せるとのこと。良書ですd( ̄  ̄)

おわりに:正社員になれば、安泰なのか

残念ですが、、、
正社員になれば、絶対に安定するワケではありません。

大企業・中小企業・ベンチャー企業のどれであっても、急に倒産→失職のパターンはありえます。

真の安定とは「個人のスキル・経験」「個人の”緩いつながり”」じゃないかな〜と、ぼくは思っています。

契約社員だろうが正社員だろうが、資産になる労働を意識しなければ、どっちにしても将来は危ういです。コツコツ勉強しつつ、労働していきましょう。

人気記事【厳選】自己理解・自己分析におすすめな本5冊【”価値観”を見極めよう】