契約社員のあなたの時給が、1円も上がらないワケ【絶望的な未来しかない】

働き方・あり方

  • 契約社員として何年かやってたら仕事が増えた。しかし、時給は1円も上がらない
  • こんなに頑張ってるのに、時給が上がらないのはなぜ?期待しないほうがいいの?
  • というより、今の会社に居続ける意味が分からなくなってきた。転職すべきかな?

今回の記事はこんなお悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
契約社員の販売員として1年半ほど働き、今は、正社員の販売員+副業ライターとして生活しています。

僕は「半年ごとに昇給ありの契約社員」でしたが、全く時給が上がることはありませんでした。周りの契約社員に聞いてみても時給アップできてない人が多く、ぶっちゃけ、絶望しましたね。

当時の僕と同じような状況の人は「今のまま居続ける or 辞めて転職すべきか」で心が揺り動いていることでしょう。そんなあなたを救うために、当記事を書きました。

この記事の結論

契約社員で時給が1円も上がらないのは「儲かってない企業だから or うまく使われてるから」のどちらか。それと景気も関係します。今の職場環境が良いなら、そのまま居続けるのも良いかもしれません。しかしお金が目的なら、高待遇な企業に転職すべきです。我慢しても絶望的な未来しかありませんので

上記のとおり。
あなたがコントロールできないことが原因であることが多いです。

この記事の内容

  • 契約社員のあなたの時給が、1円も上がらないワケ
  • 時給が上がらない企業では、絶望的な未来しかない件
  • 時給が上がらない企業居続けても、明るい未来はこない

契約社員のあなたの時給が、1円も上がらないワケ


どうにもできないことが多々あります。

時給が上がるかは、コントロール不可能

ぶっちゃけ言うと、時給が上がるかはコントロールできません。

どんなに頑張っても評価や時給が上がらないことはあります。それとは反対に、テキトーに仕事をしてる同僚の評価・給料がなぜか上がることもある。

理不尽ですが、これが現実なんですよね。会社の一存ですべてが決まるので、どんなに足掻いてもムダなこともあります。

影響の輪・関心の輪を知る

『7つの習慣』という本で書かれている概念でして、人生で超役立つマインドだと僕は思っています。

  • 影響の輪→自分がコントロールできること
  • 関心の輪→自分がコントロールできないこと

こういった考え方でして、健全まメンタルでいるのは、常に「影響の輪」のことだけを考えるべきなんですよね。

要するに「時給が上がるかどうかはコントロール不可能(=関心の輪)なので、あなたができる最善のことをコツコツやりましょう」というのが僕の主張です。

時給を上げるために、僕たちができること

あなたがコントロールできないことに注力するのは人生のムダ使いなんですが、とはいえ、僕たちにも出来ることはあります。

  • その①:圧倒的な成果を出す
  • その②:頼まれた仕事は必ず引き受ける
  • その③:人が嫌がることをちゃんとやる

このように「細々としていて、かなり地味なこと」をコツコツやっていると、時給が上がることはあります。

特に分かりやすいのは、成果を出すこと。売り上げ実績が”社内No.1”になるなど、他の追随を許さないくらいの成果を叩き出すことができれば、時給UPも夢ではありません。

しかし「誠実な会社であること」が前提なんですよね。頑張りに対して”給料”で還元しない企業は、時給UPを狙うことは難しい。そういった企業は、なるべく安く働かせることにフォーカスしています。となると、時給が1円も上がらないのは必然です。

また、企業体質という側面だけでなく「業界・業種」が原因になってることもあります。

時給の高さは、業界・業種に依存する

時給は「業界・業種」によって異なりまして、仕事の難易度はそこまで関係してきません。

  • お金の流れが大きく、儲かりやすい業界・業種=時給(年収)が高くなりやすい
  • お金の流れが小さく、儲かりにくい業界・業種=時給(年収)が低くなりやすい

上記のとおり。

例えば「金融業界=お金の流れが大きい」ので時給(年収)は高くなりやすく、「ブライダル業界=お金の流れが小さい」ので時給(年収)は低い傾向があります。

そういった感じで、お金の流れがどこに集中しているのかも視野に入れ、どこにポジションを取るかを考えなくてはいけません。

時給が上がらない企業では、絶望的な未来しかない件


やりがい搾取も良いところでして、絶望的な未来しか待っていません。

そんな「時給UPが絶望的な状況にいる人がとるべき行動」は2つあります。

  • その①:今よりも待遇の良い企業に転職する
  • その②:副業もして「収入の柱」を追加する

上記のとおり。順番に解説していきますね。

その①:今よりも待遇の良い企業に転職する

1番手っ取り早いのは、転職をしてしまうことですね。

時給は待っていても上がらないし、頑張ってところでコントロールは不可能です。それならば、今よりも待遇の良い企業を見つけて、サクッと転職をするほうがベターかと。

それと、人によっては「契約社員としての職歴=評価されない」と考えているかもしれませんが、しっかり評価してもらえます。「同業界 or 同業種」なら、すぐに転職もできます。また、正社員になることも可能です。

根拠は、僕が「契約社員の販売員→正社員の販売員」へと転職を成功させた経験ですね。転職活動を始めて1ヶ月くらいでサクッと決まりました。

転職のコツとは

転職をするときには「企業があなたを採用するメリット」を提示すると効果的です。

採用担当者は面接を通して「あなたは入社後にどう活躍してくれそうか?」を、さまざまな角度から質問して見極めようとしてきます。そんなときに、自信なさげにモジモジしていたら、採用したいとは思われません。

  • どんなことができるのか
  • どう売上に貢献できるのか
  • 前職ではどう成果を出したのか

これらを伝えることで、僕は転職を成功させました。

その辺りのコツは、転職エージェントに教えてもらってましたね。求人は自分で探して転職のコツだけ聞くという、少しズルい方法だったかもしれません。しかし、そうやって使うと転職エージェントはかなり有用です。

転職のコツを教えてもらうためにも登録し、上手に利用するのがいいでしょう。
»契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

その②:副業もして「収入の柱」を追加する

ここまで読んだ人の中には、時給を上げることへの諦めモードに突入してる人もいるかもしれません。

いきなり時給をグンっと上げるのは至難の技ですし、頑張って仕事をしても時給が上がる確証はありません。精神的ストレスも増えますよね。

なので、オススメなのが副業を始めることですね。

上記どちらかを使って仕事を取りましょう。案件の質・量とも違いはないので、どっちを使ってもOKです。フィーリングが合うほうを利用しましょう。

どちらのサイトも「在宅ワーク可能で完全未経験OKな案件」が多く、副業をやったことがない初心者でも簡単にスタートできます。

僕は「正社員の販売員+副業ライター」で今はやっていますが、契約社員のときからクラウドソーシングを使って、副業ライターをやっていました。毎月の給料に+5万円ほどはできていたので、かなり生活は楽になりましたよ。

デメリットとしては、労働集約型の働き方にはなるので、休日がほぼ潰れることですかね。友人と遊ぶことも減りました。

とはいえ、副業を通じてスキルUPをしつつお金も貰えるなら、やらないほうがデメリットが大きいように思えます。

クラウドソーシング経由で企業から仕事をもらい、それが評価されればダイレクトに高単価案件をもらうことも可能です。

契約社員で時給が上がらないと嘆いていても、将来は変わりません。それなら即行動して副業をスタートするほうが、長期的に考えてもコスパ良さげ。「給料収入+副業収入の2本柱」で稼いで、安定させていきましょうd( ̄  ̄)

※ちなみに『副業NGな会社なんだけど!』って人は【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません【禁止する会社がオワコン】をご覧くださいませ。

まとめ:時給が上がらない企業居続けても、明るい未来はこない

辛辣かもしれませんが、時給が上がらない企業にいつまでも居続けても、明るい未来はやってきません。

むしろ、思考停止して居続けることは”怠慢”だとも言えるでしょう。

『昇給できないのかな〜』とボンヤリ過ごしてると、いつの間に”市場価値が低い人材”になってしまいます。そうなると転職活動もうまくいかず、結局は「その企業で、変わらない給料で雇われるしかない」という悪循環に、、、、(´Д` )

過去は変えられませんが、未来をどうするかは変えることができますよね。それはあなたの行動次第です。

僕は「副業ライター」を始めたことと、思い切って転職をしたことが転機になりました。行動をして、本当に良かったと思っています。

ってことで、時給が上がらない仕事を続けても人生のムダ使いなので、今できる最善のことをスタートしましょう( ̄^ ̄)ゞ

契約社員から転職をするなら

契約社員専門のキャリア相談

契約社員の副業

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事【お悩み解決】契約社員にまつわる「キャリア相談」いたします