契約社員の面接の服装は、何が正しいか【結論:企業の文化による】

契約社員への選考対策

  • 契約社員の面接は、どんな服装が良いのか知りたい
  • やはり基本はスーツ?それともカジュアルでもOKなの?
  • ぶっちゃけ、軽い気持ちでいるから、こだわる気がない…笑

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

前職のアパレル企業の面接にスーツで行ったら、半笑いされた経験があります…笑

契約社員の面接と聞くと、カチッと堅めなスーツか、ちょい緩めなオフィスカジュアルでいくべきか迷いますよね。

この記事の結論

契約社員の面接の服装は、何が正しいのかググってみたところ「スーツが最適」という回答を散見しました。とはいえ、僕なりの答えは違いまして「企業の文化による」が答えです。TPOと言いますか、企業文化によっては堅い感じよりオフィスカジュアルとかでもOK。ただ、マジで迷うならスーツが安全です。

上記のとおり。
どんな服装で面接に行くべきかは企業によるので、臨機応変に変えるのが好ましいです。

この記事の内容

  • 契約社員の面接の服装は、何が正しいか【結論:企業の文化による】
  • 身だしなみの基本は「清潔感」
  • 契約社員の面接に合格するコツ

契約社員の面接の服装は、何が正しいか【結論:企業の文化による】


何が正しいかは、企業によります。

好まれる服装は、業界・業種で違う

あなたが面接を受ける企業が属する「業界・業種」で、好まれる服装は異なってきます。

  • アパレル系→カジュアル
  • お堅い系(商社・金融etc)→スーツ
  • IT系・Web系→オフィスカジュアルorスーツ

例えばこういった具合です。

というより、契約社員うんぬんは関係なく、その企業の文化に沿った服装で面接に望むべきですね。

迷うなら、スーツでOK

企業の面接で”服装”は見られるポイントではあります。

とはいえ「ひとつの判断要素」に過ぎず、ぶっちゃけ、汚い格好でなければOK。

どうしても判断ができず心配なら、スーツで行けば良いと思います。社会人の”正装”ですし、大きなマイナスポイントにはならないかと。

身だしなみの基本は「清潔感」

どういった格好がいいかというと、下記のとおり。

  • スーツの汚れ・シワをつけない
  • シャツにもシワをつけない
  • ネクタイはしっかり締める
  • 靴の汚れは落として磨く
  • 髪型や眉毛は整える

上記のとおり。あとは「クリーニングに出して匂いに気をつける」や「肩にフケが乗ってないようにする」などです。

スーツの話になってますが、オフィスカジュアル・カジュアルでもほぼ同じです。シワは伸ばし、汚れはない綺麗な服装で行けば問題なし。

とにもかくにも「清潔感が命」と覚えておくのがベストでしょう。正直、基本的なマナーですが、意外とできてない大人も多いみたいなので、意識しておくべきですね。

契約社員の面接に合格するコツ


最重要は「入社後の姿をイメージさせること」です。

ベースの想い:あなたと一緒に働けるか

面接官は「入社後に一緒に働くイメージ像ができるか」というベースとなる想いがあり、服装・マナー・言葉使いなどから、あなたがどんな人かを見抜こうとしています。

なので、スキル・経験が充分にあったとしても、人間性やフィーリングが合わないと判断されたら、その時点で失格。

つまり「一緒に働きたくはない」と思われたら、その瞬間に不採用になってしまいます。

それくらい「入社後の姿をイメージさせること」は重要です。能力がいくらあっても、感情的な嫌悪感などを抱かれたらゲーム終了…(ーー;)

企業にとって「採用活動=買い物」と同じ

家電を買うときをイメージしてください。購入するときは「それを手に入れた、少し先の未来」に想いを馳せると思います。

  • エアコン→夏の暑い日も、涼しくしたい
  • 除湿乾燥機→湿気の多い日も、素早く乾かしたい
  • ゲーム機→暇な時間を潰したい、話題を共有したい

上記のとおり。モノを買うのは「それがある未来を買う」ということです。

採用面接も、それと同じ。あなたは「労働力・時間を売りに来た人」で、会社は「あなたという商品」を売り込まれています。

そして会社は、商品(=あなた)を「買う(=雇って、給料を支払う)価値があるか」を吟味します。

つまり「あなたを手に入れた(=採用した)あとの、少し先の未来(=一緒に働いてるところ)」をイメージして、購入するかを決めます。

ちょっとややこしいかもですが、捉え方はそんな感じかと。

契約社員の面接で、ぼくが伝えたこと

僕が面接官に伝えたことは、下記2つです。

  • その①:応募した「業界・業種」の課題について
  • その②:課題を解決するための「オリジナル方法」

実際に意識したのは「御社に入ったら、自走的に考え、行動するイメージ像」を伝えることですね。

テンプレ通りのものではなく「オリジナリティ」があると、面白がってもらえるかもしれませんよ。

補足:面接について、よくある質問2つ

  • 質問①:採用ハードルは低い?
  • 質問②:正社員の面接との違いは?

上記2つです。

質問①:採用ハードルは低い?

そうでもありません。油断して何も対策をしなければ、平気で不採用になりますよ。

上記2つで、詳しく解説しています。

質問②:正社員の面接との違いは?

面接における「正社員と契約社員の違い」は存在しません。
企業にとっては、どちらも「イチ社員」に変わりがなく、面接内容を変える必要性がないからです。

志望動機・自己PR・自己分析などをしっかりやる必要があります。
»面接において「正社員と契約社員の違い」はない【経験ベースで語る】

企業の文化によって、服装は変えよう

今回はこれくらいにします。

他サイトを眺めていると『契約社員はスーツが基本!!』なんてあったりしますが、、、ぶっちゃけ「企業の属性による」が正解です。

契約社員の面接の服装に一定の決まりなんてなし。各々の企業に合わせて、服装を変えていきましょう。

  • アパレル系→カジュアル
  • お堅い系(商社・金融etc)→スーツ
  • IT系・Web系→オフィスカジュアルorスーツ

上記の感じ。その企業の「業界・業種」で、するべき服装は異なります。

くり返しですが、面接での服装は「ひとつの判断要素」でしかありません。清潔感があれば、そこまで大きなマイナス評価にはなりません。

ってことで、服装についてまとめておきます。

  • その①:契約社員の面接での服装に、決まりはない
  • その②:迷うなら、スーツでOK
  • その③:「清潔感」があることが大事

では、以上です。

油断はぜず、しっかり準備して面接に臨みましょう。面接通過のポイントは「将来像をイメージさせること」ですよ\(^o^)/

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】