【断言】契約社員の面接で逆質問すべきことは3つだけ【検証済み】

契約社員への選考対策

  • 面接の逆質問が逆質問がニガテで、いつも困ってる
  • お金を稼ぐために仕事してるから、質問なんてない
  • いい感じに質問を作るためのコツとかを知りたい!

こんな人に向けての記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
契約社員の面接のときに、逆質問で30分くらい時間を使い、担当者を困らせました。

逆質問で何を聞けばいいのか分からないって人は多いです。しかし、コツさえ掴めば、誰でも簡単に効果的な質問をすることが出来ます。

というより、当時の僕にも伝えたいのですが、逆質問は「量より質」がポイント。ゴミ質問は何個ぶつけても無意味だし、不快な想いをさせるだけです。

しっかり作り込んで臨むべし( ^ω^ )

この記事の結論

面接の逆質問で聞くべきことは3つだけ。
・評価軸について
・正社員登用について
・勉強すべきことについて
逆質問は「量より質」が重要です。カスな質問をいくら面接官にぶつけても無意味だし、不快な想いをさせるだけ。上記3つに絞ってしっかり作り込み、クリティカルヒットを狙えば問題なし

上記のとおり。
たった3つを意識して作れば、それだけで担当者のハートを掴めるはずです。

この記事の内容

  • 契約社員の面接で逆質問すべきことは3つだけ【検証済み】
  • 「逆質問すべきでないこと」も3つだけ
  • 逆質問を準備するためのコツ【即効性あり】

契約社員の面接で逆質問すべきことは3つだけ【検証済み】

  • その①:評価軸について
  • その②:正社員登用について
  • その③:勉強すべきことについて

上記3つだけ。ひとつずつクリティカルヒットを狙いましょう。

その①:評価軸について

契約社員として入社するにしても、長く働きたいアピールをすることは欠かせません。

企業は「長く働いてくれる人材」を欲してますし、そのツボを突かないのはモッタイナイです。そして長く働くにためには、企業の”価値観”や”文化”を知り、そこに自分がマッチできるかが問題です。

評価軸について質問することは、その企業のカルチャーを理解しようとする姿勢をアピールができるんですよね。

企業には「固有のカルチャー」があります。そして、自社カルチャーを主体的に理解してくれる人にプラスな見方をしてくれるところが多い。なので、評価軸を聞くことがマイナス作用することはありえません。必ず聞きましょう。

また、評価軸を聞くことは「向上心があることのアピール」にもなり、なおかつ、間違った努力をしないための予防線を張ることもできます。

というのも、企業の評価軸には「定性評価・定量評価」の2つがあり、どちらを重視してるかが面接で分かるんですね。

どちらを重視するかは、企業により異なります。ただ、事前の確認をしておくだけで「どうやって振舞えば、高評価されるのか」とい

  • 定性評価がポイントなのに、チームワークを無視して自分だけ成果をだす
  • 定量評価がポイントなのに、やる気を一生懸命アピールし成果は出さない

上記は、全くもって意味のない行いです。

これら悲惨な状況にならないためにも、評価軸について知っておくことで、適切なアクションを起こすことができます。

その②:正社員登用について

評価軸と合わせて必ず聞くべきなのが「正社員登用があるか否か」ですね。

将来的に正社員として働きたい人にとって、正社員登用は魅力がありますし、それに惹かれて面接を受ける人も多いでしょう。

とはいえ「正社員登用を掲げているすべての企業で、必ずしも制度が生きてるワケではない」と、認識しておく必要があります。

正社員登用制度を”人を集めるためのエサ”としてるだけの企業も存在します。ダマされ時間・労働力を搾取され、期間が来たらサヨウナラされたら、たまったもんじゃありませんよね。

なので、しっかりと面接の逆質問で聞きましょう。コツとしては下記2つ。

  • 直近の登用実績
  • 年間の実績人数

これで曖昧な回答をしてくるのであれば、その企業は「正社員登用制度はあるけど、死んでいる可能性」があります。

入社するのは、よーく考えるべきですね。

その③:勉強すべきことについて

これはシンプルに「知らないことでも学ぼうとする意欲」をアピールできるからです。マイナス評価されることはありません。

契約社員が取るべき資格とかは存在しませんが、キャリアに箔をつけたいとか、そういった欲望があるのなら取るのもありですね。

民間資格は玉石混交で、評価の対象にならないことのほうが多いので、取るのであれば国家資格を取りましょう。もちろん、本業に関連することが大前提ですよ( ̄^ ̄)ゞ

逆質問すべきでないことも、3つある

  • ググればすぐ分かること
  • 自信のなさが伝わること
  • 入社意欲が伝わらないこと

上記のとおり。どれもマイナス評価に直結するので、質問すべきではないですね。

ググればすぐ分かること

  • 事業内容について
  • 企業理念について
  • 事業の強み・弱み
  • 競合他社はどこか
  • 売上・利益について

ググれば分かることを屈託のないキラキラ顔で聞いたところで、面接官はドン引きです。

せめて、求人票の内容だけでも覚えてから、面接にいきましょう。

自信のなさが伝わること

  • 研修内容について
  • 人を育てる環境なのか
  • 勉強できる環境なのか
  • 未経験でもやってけるか
  • ノルマ未達ではどうなるか

契約社員に求められるのは、正社員と変わらず「即戦力性」です。

つまり、あなたは企業にどう貢献できるのか、が問われてますので、受け身で消極的な姿勢はNGになります。

入社意欲が伝わらないこと

  • 給与について
  • 休日について
  • 福利厚生について
  • 残業時間について
  • ボーナスについて

これらは「自分の待遇にだけ関心がある」と見なされます。聞くのはNGではないですが、質問が待遇について偏るのはダメです。

どうしても知りたいときは、前職と比べつつ聞くのがベターですね。『前職は残業が毎月40時間ほどでしたが、御社ではどうなのか?』みたいな感じで聞きましょう。

疑問:「特にありません」はNGなのか

逆質問のときには「特にありませんはNG」と書かれているサイトもありますよね。確かに、面接官への印象的にはマイナス作用しそうと思うかもしれません。

しかし、個人的には「疑問が面接内で解決できてるなら、変に質問はすべきじゃない」と思ってます。なぜかと言えば、墓穴を掘る可能性があるからです。

例えば、面接の中で「今後の方針は◯◯です」と話しがあったのに「御社の事業内容における◯◯の将来性は?」みたいな質問をしたら、話を聞いてないことを自分でアピールしてしまいます。

ちなみに、僕はこれで1回怒られたことがあります。ガチレスされて、言うまでもなく不採用でした、、、笑

面接で疑問がクリアになり、マジで質問がないなら、変にその場の思いつきで質問をすべきではないですね。

これで記事前半はおわりです。
記事後半では「逆質問のネタをどう仕込むのか」について書いていきますm(_ _)m

逆質問を準備するためのコツ【即効性あり】


結論は「徹底的なリサーチ」です。これに尽きます。

何をリサーチすれば良いのか

現代の企業は「自社HP」と「SNS」持っていることは多く、それらを駆使して宣伝・広報をしています。なので、まずはそれを確認しましょう。

自社HPは全ページを舐め回すように、最低3回は読むのがオススメ。いやでも「企業理念」や「思想」がわかってきます。

合わせて競合企業のサイトと見比べることで、企業ごとの違いなども浮き彫りになり、そこから「差別化戦略について」や「訴求方法の違い」など、深掘りした質問ができます。

ちなみに僕は『ネットとリアルの融合について、多くの企業はどちらか一方に注力してるが、御社はどのように考えてるか?』と質問をしました。かなり的を得た質問だったようで、高評価をゲット。最終的には、その企業に入社しました。

また、SNS投稿は「更新頻度・言葉使い・内容」についてを、注意深く観察するのが良いですね。SNSは担当者によって個性が違うので何とも言えませんが、どのような世界観を持っているのかを知ることができるはず。

例えば、僕の前職では「小説っぽい文言でSNS運用をする」のが決まりでした。世界観として、すこし高貴なイメージをフォロワーに伝えるためです。

そういった”オモテからは見えてないこと”を想像していくと良いでしょう。

ネット媒体は、全てチェックする

企業名でググれば、その企業に関連したネットニュース・代表の取材記事・競合との対談記事など、様々なネット媒体が出てくることがあります。

HPやSNSと合わせて「関連ネット媒体」にも、目を通しておくと良いですね。

逆質問のときの話題にもなりますし、ネット媒体を読んだこと自体が印象に残るはず。使えるモノは総動員して、リサーチしましょう。

また面接官がリサーチをするなかで、担当者の「個人的エピソード」を深堀りした質問も良いかもしれません。

  • なぜ入社したのか
  • どこに魅力を感じたのか
  • なぜ同業他社から転職したのか

これらを質問すると入念なリサーチをしたことの裏付けにもなります。

ぶっちゃけ、やらない手はありません。僕はこの手法を使い内定をもらったと言っても、過言ではありません。 

重要:「自分なりの意見」も持つべし

企業は「主体性がある人材」を求めています。企業のリサーチをしてると、どこかしらに「課題点」や「気になること」が出てくるはずです。

実は、素直に課題と思ったことを伝えつつ、自分なりの意見や解決策を提案すると「プラス」に見てくれます。

要するに「意見を持ってる=主体的に考えてくれる」と思うワケです。入社後のイメージが湧いて、採用するメリットを暗に示すことが可能かと。

ただ、伝えるときには「相手の否定はしないこと」を心がけましょう。

企業は忙しい時間を割いてくれてます。それなのに、高圧的な態度で『あなたの会社の問題点は、ここですね…(´・Д・)」』と言われても、、、良い印象なんて持ってくれるワケありません。

伝えるときには、下記のテンプレを使いましょう。

現状の肯定 + 課題点への言及 + 自分なりの意見・解決策

とはいえ、上記テンプレを見ても分かりにくいかもなので、僕の経験談を書きますね。

僕が実際にやったこと

転職先がアパレル業界でした。なので「業界と販売員の課題点」を考案し、逆質問のときに提示してみました。

  • ECの売上増加、店舗の売上減少
  • 販売員は不要、と思うお客様が多い
  • 意識の低い販売員の接客が低品質である

これらを課題と設定・仮定して、以下の課題解決策を考えました。

  • 店舗を「フラットな目線で楽しめる環境」にすることにフォーカス
  • スタッフは「お客様に感動体験を提供する人間」となるように意識

上記のような考えを持って面接に行き、自分の思考のアピール。これが直接的な原因かは不明ですが、無事に内定をゲットしました。

おわりに:リサーチ不足だと、絶対に落ちます

他サイトを眺めていると「契約社員の面接はイージー」という意見が目立ちます。しかし、果たして本当にそうなのか、個人的には懐疑的です。

しかも、企業運営のサイトでも書いてるので、余計におかしなマインドができてしまう気がするんですよね。

彼らは「契約社員として働いた経験がない人」です。外野から調べたことをテキトーにまとめ、Googleの検索トップに記事が出るようにしているだけ。本質的に必要な「生の声」とか「経験談」が不足しています。

グチってしまいましたが、経験者として思うのは「リサーチ不足だと、契約社員の面接でも落ちる」ということ。

採用には莫大なコストがかかりますし、それを無駄にしたいとは思っていません。採用するなら「優秀な人」を取りたいはずです。そして、企業は契約社員にも「自主的に動ける人」を求めます。

ただ、逆質問は自分をアピールするラストチャンス。自主性があることをアピールできれば、確実に内定に近づけるはずです。

ってことで、逆質問は怖がらず、むしろ存分に利用していきましょう\(^o^)/

契約社員の面接に関する記事

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事【お悩み解決】契約社員にまつわる「キャリア相談」いたします