【重要】契約社員は、やる気が出ないなら無理しなくてOK【熱意は不要】

働き方・あり方

  • 契約社員としてやってるけど、やる気が出ない…
  • 給料は上がらないし、同じ仕事なのに格差がある
  • 仕事はこなすけど、やる気を出さないとダメなの?

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

世間一般では「やる気を出して働くこと=正しいあるべき姿」という観念があります。

しかし、同じ仕事をしてるのに待遇格差がある契約社員が、果たして「やる気」まで出すべきか疑問ですよね。

この記事の結論

契約社員はやる気を出して働く必要はないと思う。同じ仕事で待遇だけ差があるなら、なおさら。とはいえテキトーな仕事をしていいワケではなく「価値提供をする」のはマスト。やる気が出ない原因が会社によるものなら、環境を変える行動をすべきです。文句言ってる時間は、ぶっちゃけ無駄です。

上記のとおり。
テキトー仕事はダメですが、やる気まで求められるのは、ちょいお門違いにも思います。

この記事の内容

  • 契約社員は、やる気が出ないなら無理しなくてOK
  • 労働に、やる気は不要
  • やる気を出すと生まれる問題もある

契約社員は、やる気が出ないなら無理しなくてOK


やる気がないなら、無理しなくてOKです。

そもそも、労働に「やる気」は不要

正社員・非正規社員は関係なく、労働するのは「お金を稼ぐため」ですよね。そして、お客様に「価値」を提供し、その対価として「お金」をもらっています。

たとえば、やる気はあるけど的外れな提案ばかりの営業マンがいたとしましょう。おそらくその人は、評価されません。正しく価値提供ができていないからです。

「やる気」があるほうが体裁は良いですが、仕事内容が伴ってなければ意味がありません。「やる気」がないなら、それはそれでOKだと思います。

警告:やる気がない≠テキトーな仕事をする

ちなみに、欠陥ばかりのテキトーな仕事をしよう、と言ってるつもりはないですよ。「やる気なく働く」と「テキトーに働く」は、根本的に違います。

  • やる気なく働く→価値提供は、しっかりする
  • テキトーに働く→価値提供も、できていない

上記の感じ。
契約社員にも求められることがありますし、それには応える必要があります。
»契約社員に求められることは「鬼労働」です【1年間は、歯車になれ】

ちなみに本記事も、熱量ガンガンで書いてるわけではありません。ある程度のパッションはありますが、あくまでも「あなたが抱くであろう疑問」へのアンサーを、順番に書いてるだけですd( ̄  ̄)笑

つまり、契約社員は「やる気」がなくても問題なし

契約社員なんだし、「やる気」を出さないとマズいんじゃないの…?

こう思うかもですが、別に大丈夫ですよ。

  • やる気はあるが、成果は出せてない
  • やる気はないが、成果は出せている

会社が次の契約更新をするのは、ほぼ確実に「後者の契約社員」です。

※ちなみに、職場では「ある程度のやる気」を見せたほうが、人間関係の問題が発生しなくなるのも事実です。なので、その辺りは「社内の雰囲気」などによって変えてくださいm(_ _)m

よくある悩み:待遇に差があって、やる気が出ない…!

もしも、やる気が出ない原因が「正社員になれないこと」や「給料が上がらないこと」なら、やるべきことはひとつ。

環境を変えること、つまり「転職」です。

会社は変わってくれません。しかも、契約社員の扱い・待遇は、会社ごとにカラーが異なります。

  • 会社が変化することを期待する
  • 会社の愚痴を言ってストレス発散

これらは時間の無駄です。自分から行動して、変えていくべきかと。

キャリア相談もしています

『転職エージェントなどを使うのは抵抗があるけど、かといって、自分一人だけで転職活動をするのも難易度があるかも…』

こう思ってる人もいるかもですね。

実は世の中に「契約社員専門の転職エージェント」は存在しません。社会的な立場が弱く、同じようにフリーター・ニート向けの転職エージェントはあるのにも関わらず、、、(´Д` )

過去の僕も同じように悩んでおりまして、そして、そういった過去の僕と同じ境遇にいる人を救いたい想いから、サービスを作りました。

下記で詳細を書いていますので、ご興味がある方は、ぜひ覗いてみてくださいm(_ _)m
»【転職相談】契約社員専門に、キャリア相談いたします【僕の1時間を売る】

ぶっちゃけ、やる気はすり減ります

僕は、やる気を持って仕事に臨むことを否定してはいません。むしろ、とても良いことだと思ってますし、僕も「好きな仕事」であれば、やる気MAXで取り掛かるタイプです。

とはいえ、やる気はすり減っていくもの。何度もやる気MAXで動いてたら、そのうちパワーダウンして、リカバリーが必要になります。むやみに使うのは、良くありません。

やる気は「局所的」でいい

ぼくの販売員時代は「局所的」にやる気を出して、仕事をしてました。

  • その①購買意欲がある人を、接客するとき
  • その②:スキルアップにつながる業務のとき

これだけです笑
とはいえ、しっかり売上は立ててましたし、全く問題ありませんでした。

関心があり、好きと感じる業務ではやる気MAXで取り組む。そうでもない業務は、そこそこのパワーで(テキトーにはやらずに)仕事をこなす。そういった感じで仕事をしても、別に問題はありません。

補足:ダマしてくる人には、注意しよう

やる気に満ちあふれて行動すると、ダマそうとする輩も現れます。

  • ブラック企業
  • 詐欺まがいコンサル

これらですね。
「やる気」が溢れていると視野が狭くなり、こういった輩にダマされやすくなります。

ってことで、次の項でその点について解説しますm(_ _)m

やる気を出すと生まれる問題もある


結論は「やりがい搾取」です。

熱は吸い取られ、利用される

契約社員として働いてると「やる気」を出して、働きがち。そうすることで、正社員になれたり、昇給する”かもしれない”からです。期待してるとドーパンミンが出て、さらに”かもしれない”を求めます。

とはいえ、その熱意は会社に吸い取られることがほとんど。

『給料は低いけど、経験が積める。この仕事は”経験”が財産だからね(^^)』

上記のような言葉を使ってきまして、これは典型的な「やりがい搾取」です。

契約社員でもスキル・経験・実績をつむことが可能です。しかし、だからと言って”最低賃金以下の待遇”で働くべきとは、一切思ってはいません。

「やる気」を会社のために使ってると、どんどん自分のために使えなくなり、常に「やる気」を出してると”いざという時”に枯渇してしまいます。

補足:やりがい搾取」をする会社の特徴

求人に「気合い・熱意・感謝」などがあると、危険信号ですね。

ノルマや会社への理不尽な貢献を、精神論で強いられるかも( ;´Д`)

自分のために「やる気」を出そう

やる気を出すときは、必ず「自分のため」にしましょう。

自分のために「やる気」を出すのは、たとえば「今後に役立ちそうな経験ができる仕事をするとき」などですね。

結果として、それが「自己成長」につながり、さらなるモチベーションにレベルアップします。

他人のための「やる気」は疲れる

「やる気」はすり減るので、他人のために使っていては、いくらあっても足りません。

他者貢献は素晴らしいですが、、、
まずは、自分のメンタルを豊かにしてからだと思います。

やる気の”出力オンオフ”は、あなた自身でコントロールしましょう。他人にいわれて出すやる気ほど、辛いものはないので。

おわりに:「やる気」もそこそこに、労働しよう

今回はこれで終わりですので、まとめますね。

  • その①:契約社員は、やる気が出ないなら無理しなくてOK
  • その②:やる気がなくても、成果を出せばいい
  • その③:やる気を出すと生まれる問題もある

「やる気」が起きなくても、とりあえず「お金を稼ぐため」に働けばいいと思います。

淡々と目の前の仕事をこなしてれば、そのうちに好きな仕事も見つかるかもしれません。見つかったときは、全力でやる気を注げばOKです。

自分のために、やる気は温存しておきましょう(`_´)ゞ

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】