契約社員であることを「馬鹿にされる時」の対処法【結論:シカトです】

働き方・あり方

  • 契約社員であることを馬鹿にされる…
  • やっぱり、契約社員として働くのって変なのかな
  • 正社員になれば、こんな苦しみもなくなるはず…!

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員を馬鹿にして、優越感にひたってくる「ヤバい人」はいます。悲しいですが、それが現実です。

この記事の結論

契約社員であることを馬鹿にされた時の対処法は、フルシカトです。そういった人は「真性のヤバい人」でして、反応するだけ時間の無駄。シカトし続けるか、それも厳しいなら逃げるのもありですね。逃げる時は「フェードアウト」が最適解。その方法でぼくも、何人かとの関係を断ちました。笑

上記のとおり。
シカトしつつ、それも厳しそうなら逃げてもOKです。

あなたのメンタルを、全力で守りましょう。

この記事の内容

  • 契約社員であることを「馬鹿にされる時」の対処法【結論:シカトです】
  • シカトが駄目なら、逃げても良い
  • 契約社員であることを、馬鹿にされない方法

契約社員であることを「馬鹿にされる時」の対処法【結論:シカトです】


馬鹿にされるなら、フルシカトしましょう。

馬鹿にする人の、心理とは

  • 憂さ晴らしをしたい
  • 自分の立ち位置を上げたい

これらが考えられまして、たとえば、正社員が契約社員を見下すのも(そういった人は少ないですが)上記のような思惑があります。

また「非正規=能力が低い」といった価値観・偏見を持っていたり、仕事への責任能力がない人間だと思ってるかもしれません。
»契約社員が正社員から見下される理由3つ【ネタバレ:立ち位置が違うと思われてる】

結論、こういったタイプは「真性のヤバい人」でして、自分の言ってることは間違ってないと思ってます。

20歳を超えた大人であれば、思考はガチガチに固まってます。変えるのは至難の技ですので、相手するだけ時間のムダです。メンタルも消耗します。

ってことで、契約社員であることを馬鹿にされるなら、ひとまず相手をシカトするのが最適解です。精神力は磨耗するので、もっと生産的なことに使いましょう。

反応するのは、サイアクです

反応すると「こいつに何か言ったら、何かしらリターンがある」と思われます。

芸人さんで「イジられ芸」で売れてる人はいます。しかし、あれは「プロの技」であって、TV上の演出ですよね。大多数の人は、それを認識してるはず。

とはいえ「真性のヤバい人」は、芸人さんのイジリとごっちゃ混ぜにして、あなたを馬鹿にしてる可能性があるかもしれません。

それは”愛あるイジリ”ではなく”愛のないイジメ”なのに、です。

ヤバい人には、反応しないのがベストです。反応しなければ相手も飽きてきて、最終的にはあなたの元から離れていくでしょう。そしたら、あなたの勝利です。

シカトが駄目なら、逃げても良い

シカトすることも厳しいなら、最終手段は「逃げる」ですね。即効性があり、心の平穏も保たれます。”逃げるは恥だが役に立つ”ので、ぜひ実行しましょう。

なによりも大切なのは「あなたの心の平穏」です。

どんな逃げ方が、ベストなのか

逃げ方はいろいろありますが「フェードアウトする」のが、最も簡単かなと思います。

  • LINEで連絡がきても丸1日シカト
  • 誘いを受けても理由をつけて断る

上記のとおり。ぼくも実際にやってる方法でして、これで何人かと関係を断ったことはあります。

あなたの精神を削ってくる人との関係を断つことで、あなたの人生に1mmも問題がないと気づけますよ。レッツトライ\(^o^)/

契約社員であることを、馬鹿にされない方法

  • 方法①:正社員より圧倒的な成果を出す
  • 方法②:プロ意識を持ち仕事にこだわる

上記2つ。ただし、本記事では「具体的なノウハウ」については割愛します。

おそらく他サイトでは、最終的には「正社員になって見返そう!」みたいな流れになるでしょう。しかし、ぼくはそれを否定します。

重要:正社員になっても、劣等感は解消されない

企業が運営する転職サイト・個人運営の他サイトは、これくらいのタイミングで「正社員になろう!」と煽り、転職エージェントのアフィリエイトを貼るでしょう。

とはいえ「テキトーな会社の正社員」に転職しても、根本的な問題は解決しないと、ぼくは思っています。

なぜなら「どこまでいっても”他人との比較”はやめられず、劣等感は消えないから」です。

ヒエラルキーを抜け出す→別ヒエラルキーに巻き込まれる

ぶっちゃけ、正社員になっても「別の新しいヒエラルキー」に巻き込まれます。

  • 今まで→「非正社員vs正社員」の構図
  • これから→「正社員vs正社員」の構図

契約社員→正社員になったら、上記のように変わっていきます。

そして正社員になると、下記の”vs構図”になります。

  • 「高年収の正社員」vs「低年収の正社員」
  • 「やりがいMAXの正社員」vs「やりがいゼロの正社員」

分かりますかね?
自分のいる”立ち位置”が変わる→ヒエラルキーが変化する、という構造ですね。

そして、結局は「苦しみの螺旋」に巻き込まれてしまいます。その理由は、他人との比較をやめることはできないからです(・_・;

では、どうするべきか

結論は「"どうありたいか?"(=価値観)」を考えるですね。

  • できるだけ引きこもって働きたい→YouTuber・ブロガー
  • 地元のために、地元の職員として貢献したい→地方公務員
  • 大企業へ入り、キャリアに箔をつけたい→大企業の正社員

たとえば、上記の感じですね。

契約社員があなたの”価値観”に合うなら、それで良いと思います。全員がスキルアップして、バリバリ成長して、社会貢献する必要はありません。今の職場で楽しく働けてて、幸せならそれでOKでしょう。

根っこの「あなたはどうありたいか?(=価値観)」がハッキリしてるなら、周りの声はすべて雑音。フルシカトしていきましょう。

ちなみに、ぼくは下記3冊を読んで「自分のあり方」を考えさせられました。

90万円で東京ハッピーライフ

あやうく一生懸命生きるところだった

しないことリスト

今回はこれで以上になります。

くり返しですが、大事なのは「あなたの心の平穏」です。それを乱してくる人は「シカトする」か、酷いようなら「逃げる」で、対処しましょう。

マウント取ってくる人には負けないで、頑張って働いていきましょう( ̄^ ̄)ゞ


人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】