【結論】契約社員の職歴は転職回数にカウントされる【マイナスじゃない】

正社員になる

  • 契約社員って転職回数にカウントして良いの?
  • 契約社員の職歴しかなくて、キャリアに自信ない
  • 転職回数も多いんだけど、どう見られてるのかな?

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
契約社員の販売員として1年半ほど働きました。

現在はフリーライターとしてブログを書いたり、クライアントさんから案件を受注して生きています。

そんな感じの僕ですが、以前には「正社員への転職活動」をしたこともありまして、その際は「契約社員としてやってきたこと」を鬼アピールしていました。

そして最終的に2社から、未経験にも関わらず内定をゲットできた経験があります。

そんな僕が、契約社員は転職回数に含まれるのか」という疑問を解決していきますねm(_ _)m

この記事の結論

契約社員の職歴は転職回数にカウントされます。むしろ、履歴書に書かないとダメです。中には恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんね。しかし、重要なのは「何を考え、どう行動し、どんな成果を出したか」です。それを伝えられれば評価もされますし、正社員への転職も余裕でできます。自信を持とう。

上記のとおり。
自信を持ってアピールすればOKですよ。

この記事の内容

  • 契約社員の職歴は転職回数にカウントされる
  • 転職回数が多いのは、どう見られるのか
  • 契約社員から正社員になるための転職テク

契約社員の職歴は転職回数にカウントされる


言うまでもないですね。

重要なのは「何をしてきたか」

人は見た目が100%なんて言いますが、キャリアについてはちょっと違います。

どこで働いてきたかより、どう働いてきたかがポイントです。

  • 大企業の正社員として働いたが、成果・アピールポイントなし
  • 中小企業の契約社員として働き、成果・アピールポイントあり

成果というのは「客観的な数値・データ」でして、例えば”売上金額”ですね。

正社員であっても成果が何も出せていなく、何も考えずにただ年数だけ経っているような人を、企業は欲しいとは思いません。

反対に、契約社員でも自分のアタマで考え行動して成果も出してる人なら、企業も話を聞きたいと思うはず。

契約社員であったとしても「何を考え、どう行動し、どんな成果を出せたか」をアピールできれば、まったく問題ありません。契約社員の職歴は転職回数にカウントされるので、胸を張って転職活動をスタートしましょう( ̄^ ̄)ゞ

経験談:契約社員の職歴も認められた

冒頭にも書きましたが、僕はフリーライターをやる以前に、転職活動をしてたことがあります。

そのときは「契約社員の経歴」を鬼アピールしたのですが、しっかりとプラス評価してもらえてました。

気になったので『契約社員の経歴ってどう見てるんですか(´Д` )…?』と聞いてみたところ、まったく気にしてないとのこと。むしろ、やってきたこととそのベースにある想いを応募書類に書かれていれば、めちゃめちゃ気になると教えてもらえました。

つまり「何を考え、どう行動し、どんな成果を出せたか」を的確に伝えることが、超大事ということ。それさえ出来れば、契約社員でしか働いたことがなかったとしても、正社員に転職することは可能です。

契約社員の職歴はマイナスじゃない。自信を持とう

ってことで、自分の経歴は自信を持ってアピールしましょう。

契約社員の経歴は、マイナじゃありません。伝え方を工夫するだけでも、大きなプラスになります。

これは完全なる偏見なんですが。まったくキャリアに自信を持ってない人材を採りたいとは思わないと考えています。もちろん「俺様みたいな物言い」はアウトですが、ある程度の自信は持っておくべきです。

  • どんな想いで働いてたのか
  • 具体的にどんな行動をしたか
  • どれだけの成果を出せたのか

これらを、あくまで事実に即して伝えることで、企業からも魅力的に思われるはずです。
»契約社員としての職歴は、転職で不利なのか【嘘であり、本当である】

余談:自信がありすぎても落ちる

僕の前職では中途採用での入社が多かい企業でした。

ただ、経験者でも不採用にしてるケースが多くあったんですね。そして、その理由の大半が「自信満々すぎてドン引きしたから」とのことでした。

その辺りの加減も意識しつつ、契約社員としての経験・キャリアをアピールしていきましょう。謙虚さも重要です( ^ω^ )笑

転職回数が多いのは、どう見られるのか


結論は「マイナスに見られるが、可能性ゼロでもない」ですね。

朗報:退職理由がしっかりしてれば大丈夫

契約社員でも、会社を辞める理由がしっかりしたものであれば、そこまで言及はされません。

  • 正社員になりたいから
  • 親の介護をするため
  • 留学でスキルアップするため

例えば、これらの理由ですかね。

また「会社都合の退職」は、退職理由としてはマイナス評価されません。あなたがコントロールできることではないので、気にせず伝えてしまってOKです。

とはいえ、書類選考は通りにくい

悲報としては、書類選考が通りにくいことですかね。

やはり、転職回数が多いことは、それ相応の理由が求められます。書類でしっかりと伝える力がないと、いくら応募しても面接にこぎつけることすらできない可能性はあるので注意ですね。

「正社員になる」のは、誰だって可能です

ぶっちゃけ、正社員になる”だけ”なら、誰だってできることなんですよね。

人手が足りてない企業はたくさんあります。リクナビNEXTマイナビ転職なんかを定期的に眺めていれば、何度も求人を出してる企業があることも分かります。

正直いって、正社員になりたくてもなれない人は、求める条件が身の丈に合ってない可能性があります。正社員になることが目標なら、条件を選ばなければ転職活動をスタートして1ヶ月以内にでもなれるはずかと。

転職回数が多いのであれば、それ相応のマイナス評価をされるし、書類選考も落ちまくります(´Д` )

それと、触れてる情報ソースが少なすぎる可能性もありますね。

ハローワークだけでもOKですが、現代はネットを使えばいくらでも求人を探せる時代です。情報ソースをいくつか持っておきましょう。

情報ソースを分散させておくと、様々なクオリティの求人を見比べられるメリットがあります。

僕は上記3つをメインで使っていまして、いろいろな条件で探すことができて超便利です。

または転職エージェントに相談しつつ、求人を見せてもらうのもありでしょう。登録もサービス利用もタダですし、求人は見せてくれますし、その企業があなたに合うかも診断してくれます。

契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。で、使ってよかった3社を紹介してます。※ちなみに「契約社員専門の転職エージェント」ではありませんのでご容赦くださいm(_ _)m

転職回数が多いのは、自分を分かってないから

要するに、自己分析が圧倒的に不足している。自分が何をしたいとか、どういった人生を送りたいというイメージ像が持てないと、仕事選びの軸もブレます。

例えば自己分析に関する本を2〜3冊読んでみるのも良さげ。また、当サイトでは「キャリア相談」を受け付けてますので、僕と電話相談しつつ、深掘りしていくこともオススメします。

また『どこの馬の骨とも分からないキミに、キャリアの相談なんて不安だよ!!』って人は、リクルート出身のキャリアのプロが経営する転職サービスを利用するのも良いでしょう。

自分にマッチした方法で、自己分析をしていきましょう( ̄^ ̄)ゞ

契約社員から正社員になるための転職テク


書類と面接で、分けて解説しますね

書類選考でのポイント

ポイントは「企業ニーズにマッチさせ、簡潔にアピールすること」です。

企業ニーズとは「求める人物像」と思ってもらえばOK。例えば「熱意を持って仕事に取り組める人」が欲しい企業なのに、「コツコツ物事を進めることが得意」とアピールしても、企業からは魅力があると思ってもらえません。

企業が何を求めていて、何をアピールすべきかを把握せずに応募しても、簡単に落ちてしまいます。

また履歴書・職務経歴書は、分かりやすく・簡潔に書くのが鉄則です。

ダラダラと書くと、まとまりのない文章になり、企業側も読む気が失せます。担当者がパッと見て「あなたは何が得意で、どんな成果を出してきて、なぜ転職するのか」を伝えないといけません。

必要なこと:自己分析と企業研究

では、具体的にどうすべきかといえば「自分を知ること」と「相手を知ること」の2つなんですよね。

つまり、自己分析と企業研究です。

自分が何ができるかを伝えるには、キャリアの棚卸し・自己分析が必須です。また、企業が何を求めてるのかを知るには、企業研究が欠かせません。

転職活動は、お互いの”価値観のマッチング”だと思っておきましょう、イメージとしては下記のとおり。

  • 自己分析…自分の価値観をしる
  • 企業研究…他人の価値観をしる

自分と相手の”価値観”を両方を知っておくと、マッチングが成立しやすい。なのでこの2つが重要になります。

面接でのポイント

ポイントは「入社後の姿をイメージさせること」ですね。

一緒に働く人を採用するワケなので、どんな風に働いてくれそうか・貢献してくれるのかを気にしています。そして面接では、その点をイメージさせることができる根拠・経験談を用意しておくのがベターです。

ただ、これ以上は記事が長くなりすぎるので、今回は割愛します。下記をご参照くださいませm(._.)m


ってことで今回は以上になります。

本記事でもっとも伝えたいことは「契約社員の職歴は転職回数にカウントされる」ということ。これだけは押さえておいてください。

正社員を目指して行動しても、何かと成果が出ないことはあります。とはいえ、そこで諦めていたら一生かかっても転職はできません。契約社員であった過去を責めるのではなく、何をアピールすれば評価されるか、を考えて行動しましょう。

マインドセットを変えれば、そのうち成果も出てくるはずですよ\(^o^)/

自己分析についての関連記事はこちら


人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】