【断言する】契約社員になると100%後悔します【正社員であるべき】

Contract employee

  • 契約社員になるけど、後悔しないか不安…
  • 契約社員になって、後悔した経験談を知りたい
  • 正社員は責任も重いし、やることも多い…契約社員ならラク?

こんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職し、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

完全に経験則ですが、逃げの転職で契約社員になると後悔します。
「正社員の責任の重さ・やることの多さ」からは解放されず、むしろ”一寸先は闇”の状態で仕事をこなす日々が待っています。待遇面・精神衛生上にも良くない。もちろん例外はありますが、契約社員への逃げの転職は100%後悔します。

早速なんですが、上記ツイートがこの記事の結論になります。

ぶっちゃけ、逃げの転職で契約社員になるのであれば、それは後悔の元なのでやめるべきです。

この記事の内容

  • 契約社員になると100%後悔します【体験談あり】
  • 今の会社にしがみつくべきでもない
  • 【注意】契約社員になる→別に簡単ではない

契約社員になると100%後悔します【体験談あり】


契約社員になることは、個人的にはおすすめしません。

最大のデメリットは「劣等感」

  • 待遇面がダウンする
  • 年収が下がる
  • 雇用が不安定になる

様々なデメリットがあります、

とはいえ、いちばんヤバいのは「メンタルダメージ」でして、劣等感に悩む可能性が大きいです。

しかも、自分が望んで契約社員になったとしても、ジワジワと迫ってくるのでたちが悪いです。

体験談:”自分”と”周り”を比べ、落ち込んだ

ぼくも後悔したのが、思った以上に劣等感を感じてしまったこと。

友人と変わらず”働いてること”に変わりはありません。最初こそ自分を騙して納得しようとしてました。

とはいえ、徐々に劣等感がこみ上げ、『友人はみんな正社員で働いてるのに…自分は契約社員で働いてる…はぁ…』と、自分で自分を追い込んでしまいました。

【注意】精神的にラクにはならない

正社員は責任も重いし、やることも多い…契約社員なら楽になる?

こんな風に考えてる人も多いかもしれません。

しかし、現実はそんなこともないですよ。

  • 普通にノルマあり
  • 膨大な業務量
  • 残業続きになる

こういった会社も存在します。

契約社員が多い会社・ 契約社員スタートを打診してくる会社は、あなたに対して低評価をしてる可能性だってあります。
»転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】

加えて「一寸先は闇」で仕事をしないといけなくなります。つまり、”契約更新なし”になる危険性が常につきまとい、不安と戦いつつ働くことになります。

  • 仕事の成果を求められるプレッシャー
  • 契約を切られるかもしれない恐怖感

この2つに挟まれながら仕事をするのは、想像以上にキツイです。
なので、個人的には契約社員になることは推奨しません。

補足:「契約社員になる=無能」じゃないですよ

転職活動がうまくいかず、希望じゃないけど契約社員になることを検討してる。

こんな人もいるかもですね。
実は昔のぼくはそういった状態でしたので、気持ちは痛いくらいわかります。

「目先の内定に飛びついて、早く楽になりたい…」と思ってしまいます。

もしかしたら「契約社員にしかなれない自分は無能なんじゃ…」と打ちひしがれてるかもしれません。

とはいえ、あなたは無能じゃありません。
大きな勘違いをしてたり、試行回数がシンプルに足りてない可能性もあります。

今の会社にしがみつくべきでもない


ここまで読んで「じゃあ今の会社で、正社員としてしがみつくべきか…」と感じるかもですが、そうでもないです。

理由は、下記2つです。

  • 理由①:転職しないこともリスク
  • 理由②:「自分の相対的な価値」が見えなくなる

理由①:転職しないリスク

転職しないことのリスクも存在します。

  • リスク①:1社に依存しがち
  • リスク②:知らぬ間にマーケット縮小
  • リスク③:転職しなかったことを後悔
  • リスク④:年齢が上がるほど動きにくくなる
  • リスク⑤:社内経験が評価されるわけではない

上記のとおり。大抵のモノゴトは「トレードオフ」でして、何を得れば何かを失います。

なので、意識すべきは「会社に残るリスク」と「会社を辞めるリスク」を比べてみて、どっちが将来的な損失がデカイのかを判断することですね。

理由②:「自分の相対的な価値」が見えなくなる

何も身につかない環境でダラダラ居続けると、自分の相対的な評価がわからなくなります。

「社内価値が高い=市場価値が高い」という方程式は成り立ちません。

  • 市場価値…業界を超えて横展開が可能な「スキル・経験」
  • 社内価値…特定の会社だけでしか通用しない「スキル・経験」

具体例:大学4年間を同じバイトに捧げた話

大学4年間を同じところでバイトし続け、そこでは評価も上々でした。

とはいえ、そこでの評価や仕事ぶりが「そこ以外でも高評価に繋がる」わけでもありません。

就活で「どれだけ自分がそこで貢献できていたか?」にフォーカスして話し、不採用続き。周りがすでに就活を終わらせる中、ひとりだけ続け、ようやく8月に内定が出て就活がおわりました。

自分は「井の中の蛙」で、何もできない人材なんだと、当時は落ち込みましたね…

「会社内での評価=外からの評価」ではありません。
転職でも、それは必ず意識すべきことです。

補足:転職すると失うものもある

転職したら失うものもあるでしょ?
できれば待遇は変えたくないし、人間関係をまた一から築くのもシンドイ…

こういった人もいるかもですね。

結論、転職することで失うものは確かにあります。

  • 失うもの①:慣れた仕事
  • 失うもの②:積み上げた実績
  • 失うもの③:居心地のいい環境・人間関係

これらを手放すのは、簡単ではないですよね。

特に積み上げた実績などは、9割以上の人は転職先で評価されることはありません。むしろ「えぇ…期待してたのに…」と思われる足かせにさえなります。
»転職すると失うものもあるけど、得るものもある【リスクを比較しよう】

大事なのは「ちょい背伸びした転職」

でも考えてください。
せっかく転職したのに、「同じような商材・同じような人・同じように売る」のはまったく意味がなく、会社を変える必要もありません。

むしろ大事なのは”ちょい背伸びした転職”です。
自分のレベルが微妙に足りてないのであれば、ちょい高いレベルの仕事・環境に飛び込むことで、引っ張り上げてもらう可能性だってあります。
»【真実】少しだけ背伸びした転職が、人生の幅を広げる【身の丈に合った転職は成長できない】

【注意】契約社員になる→別に簡単ではない


もしかしたら、あなたは『今の仕事より、もっと楽そうなところに行きたい…』という思いがあるんじゃないでしょうか?

勿論、そうじゃない人もいると思います。
どうしても働きたいと感じた会社が「契約社員しか応募してなかった」というパターンもあるでしょう。

とはいえ、正社員から契約社員になることは、基本的にはリスクしかありません。

ぶっちゃけ、選考レベルは正社員とほぼ変わらないです。
熱意を感じられない人を企業は採用したいと思いませんし、滑り止め感覚で受けても、おそらく不採用になります。

今回はこれで以上になります。

もしあなたが契約社員になったとして、「自分の価値観に合う働き方・あり方」なのであれば、それは正解です。

最終判断するのはあなた自身なので、おすすめはしませんが、契約社員になるのであれば覚悟を持ってなることを推奨します。

「どうありたいか?=自分の価値観」を軸に、考えていきましょうm(_ _)m

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】