【悲報】契約社員はスキルアップしても、正社員になれない【転職すればOK】

Contract employee

  • 契約社員がスキルアップすることはできるの?
  • スキルをあげる重要性って何なんだろう
  • スキルをあげるための方法や、活かし方も知りたい

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

「契約社員は簡単な仕事ばかりで、スキルアップできない」と思っている人は多いと思います。

でも、本当にそうでしょうか?
下記の調査結果にもあるように、スキルアップを実感してる人もいます。

参照:PR TIMES『正社員よりも契約社員、派遣社員の方が、 スキルが身に付いた実感あり。』

この記事の結論

残念ながら、契約社員はスキルアップしたところで正社員になることはできません。登用実績がない会社で頑張っても無意味です。とはいえ、そのスキルを活かして正社員に転職することは可能。バイト並みの仕事をしていなければ、確実にあなたの中には「武器」が仕込まれてきます。

上記のとおり。
スキルアップしたからといって、いきなり今の会社で正社員になれるわけではありません。

むしろ、スキルアップしたら、そのまま別会社に転職する方がてっとり早いです。

この記事の内容

  • 【悲報】契約社員はスキルアップしても、正社員になれない
  • 契約社員が猛烈にスキルアップする方法【人の10倍勉強する】
  • 契約社員から正社員に転職する方法

【悲報】スキルアップしても正社員にはなれない


残念ですが、スキルアップしても、正社員にはなれません。

そもそも論:正社員が最終目標→最初からそうするべき

あなたに下記の疑問をぶつけます。

問い)あなたはなぜ、契約社員を選んだんですか?

どうしょう。
正社員で入社できそうな会社があるのであれば、そちらに進むほうが未来は明るいですよ。

とはいえ、こんな場合であれば契約社員での転職もありかなと思います。

  • パターン①:未経験職種の仕事への転職は、正社員募集がなかった
  • パターン②:どうしても入社したい会社の募集が契約社員だった

上記のとおり。
注意点としては「正社員登用を狙ってはいけない」という前提条件が発生します。あくまでも「仕事の経験を積むこと」にフォーカスしましょう。

補足:「正社員登用制度」を盲信してはいけない

個人的には「正社員登用狙いで、契約社員になること」はオススメはしていません。

理由は、ほぼ確実に登用されないからです。

もし正社員になりたいなら、面接のときに「登用実績があるのか」を聞き出すことが必須になります。
»【嘘も多い】”正社員登用あり”は情報弱者を集める「甘いミツ」【面接対策も解説】

「楽をしたいから」は安易すぎる

  • 契約社員の方が責任も少なく仕事でのストレスも低い
  • 楽な仕事をしたい
  • 転職もカンタンに決まる

こういった理由を頭に思い浮かべているなら、すぐに正社員の求人を探しましょう。「ワークライフバランス重視」で転職をする人の中には、契約社員をあえて選ぶ人もいます。

とはいえ、メリットよりデメリットの方が大きいことも事実です。楽したいなど、安易な転職は必ず後悔すると思いますよ(´Д` )

補足:「正社員=安定」でもない

「安定」を最終的に望むなら、スキルと共に生きることを選択すべきです。

”個人”に仕事が結びつくことは会社にとっては弊害です。とはいえ”あなた”にとっては好都合なこと。気にせずスキルアップをし続けましょう。

会社で給料をもらいつつ、スキルアップもできるなんて、最高ですねd( ̄  ̄)

ということで、記事前半は「スキルアップを正社員になることを目的にするのではなく、自分の将来安泰のために役立てよう」という話でした。

記事後半では「スキルアップするための方法」について、書いていきます。

契約社員が猛烈にスキルアップする方法【人の10倍勉強する】


スキルアップするための方法は「人の10倍は勉強すること」です。

  • 方法①:会社のリソースをフル活用する
  • 方法②:自分でスキルを選び勉強する

上記2つの方法になります。

方法①:会社のリソースをフル活用する

契約社員も雇用形態は「非正規社員」ですが、立派なサラリーマンです。会社で使えるものは、遠慮なく使ってOKです。

自己中と思うかもですが、それで良いと思いますよ。ハコを上手に使って、サバイブしていきましょう。

具体例:販売員時代のスキル習得方法

販売職はスキルアップできないと言われます。とはいえ「早くから店舗経営を学べる」という、かなりコスパ抜群なスキルアップが可能かと。

  • スキル①:顧客折衝能力
  • スキル②:新規客の「次に何を欲しがるか?」を考える先回り思考
  • スキル③:お客様の視野を広げる為の提案(販売促進)
  • スキル④:POPなどを工夫する(広告宣伝能力)
  • スキル⑤:近隣住民へのDM作成(ダイレクトマーケティング)

上記のようなスキルです。

毎日のようにやっている仕事は、自分にとっては普通すぎて『自分には、スキルがない!』と悲観的になりがち。とはいえ、深掘りして見直しをすれば必ず他の仕事に転用できるスキルはあなたにも存在します。

それを探すにも、まずは「自分は将来的にどうありたいか(=価値観)」という、根っこの部分が大事です。そこから『どの会社を利用しようか?』と考えて行動するとgood。

会社によっては、契約社員でも責任ある立場として働かせるところもあります。その時、上手に会社を活用するかどうかで明暗が分かれますよ。

方法②:自分でスキルを選び勉強する

逆に、契約社員に仕事を任せてくれない会社もあります。そんな場合は「自分でスキルを選び学ぶこと」が重要です。

  • 販売員だけどWEBライティングの勉強をする
  • 営業職経験での数字管理能力を活かして、簿記の勉強をする

上記のとおり。
土日に1日5時間、合わせて10時間勉強すれば、1ヶ月で40時間、年間480時間の確保が可能です。

補足:効率的な勉強方法

勉強する時には「実践」→「失敗」→「勉強」流れでやると効率が大幅アップします

「百聞は一見にしかず」といいますが、それを勉強で体現する感じ。

そして、この時にポイントなのが「アウトプットの後にインプットをすること」です。

初めて知る知識を脳に詰め込んだところで、アウトプットを同時にしないと効果はありません。「アウトプット→インプット→アウトプット→…(以下略)」をくり返すほうが、学びの定着度がまったく違います。

  1. 手順①:とりあえず実践
  2. 手順②:課題を発見する
  3. 手順③:すぐに修正・確認してアップデートする

上記サイクルをハイスピードで回すと、成長も早くなるかと。

副業もしつつ、正社員への転職活動もする

勉強をするのもいいですが、最強のインプット・アウトプット術は「副業」です。

収益が出なくても、あなたの中には「スキル・経験・実績」という資産が残ります。しかも、ほぼ初期投資は0円でできる。最高ですねd( ̄  ̄)

よくある疑問:副業できない会社なんだけど、、、

こんな人もいると思いますが、、、
結論、転職しましょう。「正社員で、なおかつ副業OKな会社」がいいと思います。
参照:【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません【禁止する会社がオワコン】

ってことで今回は以上です。
スキルアップするだけでは、正社員になることは難しいです。必要なのは「スキル・実績・経験」でして、競合他社から評価されるものが好ましいかと。

最後に、正社員転職のコツを書いた記事を貼っておきますm(_ _)m

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】