言うまでもなく、契約社員のバックレは「1発アウト」です【責任感の欠如】

働き方・あり方

  • 契約社員として働いてるけど、もうイヤ…バックれたい…
  • 無断欠勤したりとかって、やっぱNGのかな…でもなぁ…
  • もう会社の人の顔も見たくないし、このまま家から出たくない…

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

誰しも仕事のツラさから、会社をバックれたくなったことがある人は、多いはずです。

もちろん僕も、バックレたくなったことは、何度もありました(´Д` )

この記事の結論

言うまでもなく、会社をバックれるのは契約社員であっても「1発アウト」です。これは人としてダメ。100歩譲って、退職代行サービスを使うのはありだとは思います。しかし、無断欠勤をし続けると事件性を疑われるなどの弊害も生まれる。なので、結論は「バックれず正攻法で退職する」がベスト。

上記のとおり。
バックレるのはNGです。

そして、バックレてしまう1番の原因は「仕事への責任感の無さ」だと思います。

この記事の内容

  • 記事前半→「契約社員のバックレは、なぜダメなのか」について
  • 記事後半→「退職したあとに、何をするべきなのか」について

上記の流れで、解説していきますね。

言うまでもなく、契約社員のバックレは「1発アウト」です


普通に考えてみても「1発アウト」ですよね…

本質:バックレる=責任感の欠如

バックレてしまうのは、おそらく「責任感の欠如」です。

  • こんな仕事、自分がやらなくてもいい
  • 自分の代わりなんて、いくらでもいる
  • 自分ひとり消えても、問題ない

上記のような思考があるかと。ぶっちゃけ「責任感の欠如」といいますか、「人としての美意識」が疑われる行為と思っておくべきです。

会社はあなたに「人件費(=コスト)」をかけて雇います。退職意思をちゃんと伝えれば、会社もそのスケジュールに合わせて穴埋めすることが可能です。

しかし社員が急に消えたら、言わずもがな会社にとっては「損失」になります。

①各人の負担が増える→②できる仕事に限界が出る→③”機会損失リスク”が大きくなる

上記のとおり。自分ひとりが消えると、その穴埋めのために何人も動かざるを得なくなり、さまざまな方面に迷惑が掛かります。

ってことで「バックレ=責任感が欠けている行為」と、まずは認識しておくべきです。

会社をバックレるリスクとは

  • リスク①:損害賠償請求される
  • リスク②:懲戒解雇される
  • リスク③:給料未払いになる
  • リスク④:嫌がらせを受ける
  • リスク⑤:有給が取れない

上記5つですね。詳細は割愛しますが、こういったことが起こる可能性だけでも知っておくと良いと思います。

また、無断欠勤が続くと会社から事件性を疑われて、捜索願を出されることもあるそう。それこそ、多方面に大迷惑なので、やはりするべきではありません。

※余談
学生時代にスーパーでバイトしてまして、そこで正社員がバックレたことがありました。かなりデカい問題になり、捜索願も出てました。しかも仕事は滞り、バイトにすら迷惑がられてました。

こういった経験もあり、「バックレ」はやるべきではない、と思ってます( ;´Д`)

補足:退職代行を使うのもあり

ちなみに『マジでもう無理…』という状態なら、退職代行を使うのもあり。

下記3つは評判もよく、サービスも充実しているようです。

とはいえ、あくまでも「最終手段として」ですね。最初からいきなり退職代行を使って、そこそこのお金を払う必要はないと思っています。

退職をずっとさせてくれなかったり、変に引き止めが長いときだけ使いましょう。

結論:バックレず、普通に退職しよう

超フツーな回答ですが、やはりこれが良いかと。

退職は、ぶっちゃけ「直属の上司に相談し、退職届をだす」で終わります。ちゃんとした会社であれば、そのまま流れで退職ができるでしょう。

ちなみに、次の転職先と入社日を決めておくと、説得力が増すのでオススメですd( ̄  ̄)

一時の感情で無断欠勤をしてバックレるのは、超ハイリスクです。もしも”懲戒解雇処分”を受けてしまうと、その後の転職に悪影響がでるかもしれません。

他サイトを見てると『俺は問題なく退職できたぜ!!』と豪語するサイトもあります。しかし、鵜呑みにしてマネたところで、そのサイトは責任を取ってくれませんよね。お金・仕事についての意思決定は、リスクを最小限にするのが鉄則です。

これで、記事前半はおわりです。
記事後半では「退職したあとに、何をするべきなのか」を解説していきます。

その前に、宣伝m(_ _)m

世の中には、契約社員専門のキャリア相談窓口は存在しません。僕はそのことが原因で、かなり悩んだことがあります。

  • 周りには契約社員から正社員になった人がいない
  • 家族・友人・知人にも、相談したところで意味がない
  • 転職エージェントは、求人をゴリ推しされそうでイヤだ

こんな思いがありました。そんな経験から、契約社員を専門としたキャリア相談・転職アドバイスをさせて頂いています。

ご興味がある人は、下記をご覧くださいませ。詳細について説明していますm(_ _)m
»【転職相談】契約社員専門に、キャリア相談いたします【僕の1時間を売る】

会社を退職したあとに、するべきこと

  • その①:役所にいって色々と申請する
  • その②:派遣やフリーターで、日銭を稼ぐ
  • その③:ニートになって、思索にふける

上記3つです。

その①:役所にいって色々と申請する

次の転職先が決まってないなら、保険を「国民健康保険・国民年金」に切り替える必要があります。また、免除・延滞ができることもあるので、近くの役所に問い合わせてみてください。

それと、ハローワークで「失業保険」への加入・申請をしておくと良いと思います。
»ハローワーク『雇用保険手続きのご案内』はこちら

次が決まってるのであれば、先方の指示に従って行動してくださいませm(._.)m

その②:派遣やフリーターで、日銭を稼ぐ

貯金0だと、ニートになるるのは難しいです。とはいえ、就職できるまでの期間は誰にも分かりませんし、生きるためにお金も必要です。そうなると「お金」がなくなり「心の余裕」もなくなります。

なので、派遣社員やフリーターになって日銭を稼ぎつつ、今後を考えるのもありかと。

超都心でなければ、毎月12〜3万円あれば生きてはいけます。贅沢はできないので、悪しからず。

時間はそこそこできると思いますので、その時間を使ってサイドビジネスしてみたり、興味がある分野の勉強をするのもいいですね。視野が広がって、次に何をしたいかがボンヤリ浮かんできますよ。

契約社員の副業について

副業について気になる人は、下記からどうぞm(_ _)m

その③:ニートになって、思索にふける

  • 貯金が、そこそこ貯まってる
  • 実家に帰っても、別に大丈夫
  • 居候させてくれる知人がいる

これら条件に合致するなら、ニートになって「この先を思考しまくる」のもありです。

“貧乏暇なし”なんて言葉がありますが、余裕がないと思考する時間も持てません。人生を1回リセットする気持ちで「思索にふけるスパン」を設けるのも、いい機会だと思いますよ。

人生100年時代です。我慢すれば必ず報われる世の中でもないですし、働くのがツライと感じてるなら、ひとまず「労働と距離を置いてみる」のは、如何でしょう?

※補足
ハローワークの「職業訓練制度」を利用して、今後に備えるのも良いですね。簿記・経理などの金融知識や、プログラミングを無料で学ぶことができます。
»職業訓練については、こちらをご参照ください。

おわりに;極力、バックレないでおこう

今回はこれで以上にします。

最終的な結論は「バックれずに、ちゃんと退職しよう」という大真面目な内容でした。

今、この記事を読む人は「今すぐに会社を辞めたい」と思ってるのでしょう。とはいえ、やはり感情的に動くと、後々メンドウなことが起きたりします。

退職するのは全然OKですが、礼節は持ちつつ行動するべきですよ。

最終兵器は「退職代行サービス」

退職前の相談にも、のっています

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】