契約社員に『疲れた…』となる人の特徴【結論:ギャップに耐えられない】

働き方・あり方

  • 頑張ってるのに報われないし、契約社員に疲れてきた
  • 待遇は良くならないし、業務が増えるばかりでむなしい
  • 辞めたいけど、契約社員という経歴に自信が持てない…

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員として頑張って働いていても、どこかしらのタイミングで疲れてしまうことはあります。僕も、何度も経験しました。

この記事の結論

契約社員として働いてて『疲れた…』となる人は、おそらくギャップに耐えられない人です。たとえば「頑張れば正社員になれるかもしれない」などと期待して、最終的にダメになる感じ。ゴールが見えないことは、かなり疲れます。最適解は「自分にあまり期待しないこと」に思えます。

上記のとおり。
期待値コントロールを上手に行えば、疲れは軽くできると思います。

この記事の内容

  • 契約社員に『疲れた…』となる人の特徴【結論:ギャップに耐えられない】
  • 契約社員を辞める時に、やるべきこと
  • 得ることがないなら、サクッと転職です

契約社員に『疲れた…』となる人の特徴【結論:ギャップに耐えられない】


結論、ギャップにやられてしまうからです。

現実と理想には「乖離」がある

現実と理想のギャップがあるとは、下記の感じですね。

  • 理想…楽そう、簡単そう、責任もなさそう
  • 現実…辛い、苦しい、責任も重い

そして理想が高いと、その分の”落差”にやられてしまい疲れます。

理想と現実は、いつでもどこでも「乖離」が生まれるもの。大なり小なりギャップは発生するので、そこに心を揺り動かさないほうが、メンタルヘルスにも良いかと。

対策:期待値コントロールをする

要するに「自分に期待しない」ということです。

期待を高く持つのは、身の丈に合わないことに執着してる、ということです。また、期待したとおりにモノゴトが進むことを望む気持ちも、あるかもですね。

  • 正社員に登用される
  • 仕事を評価してもらう

上記のとおり。とはいえ、成果や結果は「あなたのコントロール外」です。あなたが苦心したところで、正直どうしようもありません。

契約社員として頑張って働き、成果や評価が上がらないことに疲れてしまう気持ちは分かります。しかし、やはり「コントール外」なので、もうちょい軽く考えてしまってOKかと。そちらの方が、肩の荷も降ります。

感情を動かすのも、シンプルに消耗するだけ。あなたがコントロールできることは「仕事を誠実に頑張ること」です。期待に沿わない結果が出ても、平静を保っていきましょう。

できることを全部やって、それでもダメなら転職すればOKです。

補足:とりあえず3年は、耐えるべきか

ちなみに「とりあえず3年マインド」が根強いですが、契約社員も耐えなくて大丈夫かと。

経験則ですが、何かしら「手に職がある状態」なら、選考は通ります。企業が求めるスキル・経験があなたにあれば、それを武器として利用可能です。

『辛いことを我慢して報われるほど、人生は甘くない』という言葉もあります。

ぶっちゃけ、ツライことを我慢するほうが偉い気がしますが、幻想です。人生を動かすのは、能動的にアクションを起こした人だけでして、我慢したところで「良い未来」がやってくる確証はありません。

ここまでの小まとめ

記事前半の内容をまとめると「契約社員に疲れたなら、思考停止せず、どう打開するかを考え行動するのが大事」ですね。

というわけで、具体的な行動について、記事後半で解説しますm(._.)m

契約社員を辞める時に、やるべきこと

  • その①:相談しないで、自問自答する
  • その②:興味があることを、学習する
  • その③:辞めたあとの予定を、考える

上記のとおり。
会社を辞める前後くらいに、意識的に考えて動くといいかなと思います。

その①:相談しないで、自問自答する

質問ですが、仕事をやめる時に「誰かに相談する」ことをしてませんか?

  • 両親
  • パートナー
  • 友人・知人

これらの人は「テキトーで保守的な意見」を言ってくるだけ。相談したところで、あなたが決心しかけた心をへし折ってくるだけかもしれません。

他人に背中を押してもらうことを期待すべきではないので、自分ひとりで考え判断しましょう。

「どうありたいか?(=価値観)」を考える

考えるべきことは、あなた自身の「価値観」です。

  • あり方
  • 生き方
  • 人生哲学
  • どうありたいか?
  • どう生きたいか?

これらを考えて「人生の1本軸」を作りだしておくといいでしょう。それが決まってるだけで、次にどんな仕事をしようかとブレず、迷いません。

たとえば『感情の揺れ幅を、抑えて生きる』が、僕が大事にする価値観です。こうすると仕事も自然と決まり、また自分に期待もしてないので、楽な気持ちで働くことも可能です。

仕事は「価値観を具現化する方法」なので、まずは、すべてのベースとなる「あなたの価値観」を決めるのが先になります。そして、その上に「スキル・経験」が重なっていき、最終的にはキャリア戦略につながっていきます。

「スキル・経験」のゲット方法まで書くと長くなるので、今回は割愛します。

その②:興味があることを、学習する

社会人の「1日の平均勉強時間」は6分しかない、というのは有名な話です。

しかし、逆をいえば「勉強するだけで、他者との差別化を図れる」ともいえます。というわけで、自分の興味・関心が持てることについて、勉強を始めてみると良いでしょう

例えば、ぼくが勉強してることは下記ですね。

  • お金の稼ぎ方
  • 未来の働き方
  • デジタルデトックス
  • 良い睡眠のとり方
  • 公的保険・年金について

こういったことでOK。

何かしら知らないことについて、探求していくと「新しいことを学ぶクセ」が身につきます。そうすると視野が広がり、また『次は◯◯をしたい』といった願望も生まれてくるでしょう。

反対に興味・関心がないのに「将来の役に立つこと」を優先事項にして学習するのは、オススメしません。シンプルに継続ができないからです。

また、何にも興味を持てないのは、脳みそが老化してる証拠です。毎日おなじようなことしかしない人生は、ひどくツマラナイですし、成長もありません。

勉強方法は「読書」でも良いですし、現代は「Google検索・YouTube」などでも簡単に勉強できます。しかも、無料です。今日からコツコツやらない理由は、どこにもないと思いますよ。

その③:辞めたあとの予定を、考える

契約社員を辞めて、すぐに転職すべきとは思いません。

空白期間を作らないほうがいいと、転職エージェントなどは言いますが、すべて”ポジショントーク”です。彼らは「転職させること」で企業からお金をもらってるわけです。つまり、転職させないと食っていけないから、転職を急かしてきます。

ぶっちゃけ、半年〜1年くらいなら、空白期間があってもいいと思ってます。

  • 国家資格の勉強をしつつ、フリーターで働く
  • 派遣社員として、様々な職場で働く
  • ニートになり読書し、視野を広げる

生きてる時間をすべて労働に費やすのも良いかもですが、ちょっと立ち止まり考える期間を作るのも”あり”です。一切の問題なし。

さいごに:得ることがないなら、サクッと転職です

今の職場で「契約社員として」働いていて、時間だけが吸い取られていく気がするなら、転職のタイミングかもですね。

  • 尊敬できる人がいない職場
  • 旧態依然な体質の職場
  • 古い慣習に縛られてる職場

いろいろな職場がありますが、何も得ることがないと感じるなら、サクッと転職です。契約社員である経歴も、別に問題視はされなく、立派な職歴として評価されます。

事実、転職すると「失うもの」は多々あります。ただ、その反対に「得るもの」も多くあります。とはいえ「あなたの人生の責任」を、会社は取ってくれません。思考停止でその場にとどまっても、疲れは取れないし、将来が先細りするだけです。

まずは自分から行動をしてみるのがベストです。

なお、契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。では契約社員から正社員へ転職したい方向けのサイトをまとめています。

当たり前ですが、転職するには転職サイト・転職エージェントが必須です。登録がまだの人はぜひ登録してみてください。無料登録しておけば案件が流れてきますので、もし興味のある案件があった場合に、お問合わせしてみる感じで良いかなと思います。

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事【お悩み解決】契約社員にまつわる「キャリア相談」いたします