言うまでもなく「契約社員は不安定」です【経験者が語る / 真の安定とは】

Contract employee

  • 契約社員は不安定だし、やはり正社員になるべきか迷う
  • 安定・安心の状況で働きたい。なるなら絶対に正社員!
  • 「潰れない会社で働く=安定する」と思っている

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に転職し、「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員を含む「非正規社員」で働くことは、一般的に「不安定」とよく言われます。正社員として働くことの方が、何百倍も「安定してる」と思われます。

とはいえ、果たして本当にそうでしょうか?本当の安定って何でしょう?

この記事の結論

契約社員は言うまでもなく「不安定」でして、これは紛れもない事実です。そうなると『真の安定とは?』となりますが、スキルとともに生きるのが、最適解かと。真の意味での「就職」ですね。とはいえ注意すべきことが、勉強の継続と専門分野のピボットです。時代に合わせて変化をしないと死ぬ。

上記のとおり。
契約社員は不安定ですが、それは思考停止の正社員でも同じ。

真の安定とは「スキルと共に生きること」です。
とはいえ、もっと重要なのは「継続的な勉強」と「時代の変化に合わせてピボットすること」かと。

この記事の内容

  • 言うまでもなく「契約社員は不安定」です【経験者が語る】
  • 真の安定とは【結論:スキルと共に生きる】
  • 時代の変化に合わせて専門スキルを変える

言うまでもなく「契約社員は不安定」です【経験者が語る】


契約社員の不安定さを痛感した、2つの経験を書きます。

  • 経験①:メンタル不調で解雇危機
  • 経験②:大赤字になり、減給・ボーナスなし

上記2つ。早速いきましょう。

経験①:メンタル不調で解雇危機

これは、ぼくの同僚の話でして、その人は「30代後半・競合他社で店長経験がある人」でした。

真面目で誠意のある人でしたが『前職では〜だった』が口グセで、店長ともちょいちょい衝突。結果、半年も経たないうちにメンタル不調になり、危うく解雇寸前までになっていました。

というのも、メンタル不調が発覚した時に『それなら契約解除すれば?』という話に、上層部はなったそう。ぶっちゃけ、ゾッとしましたね、、、(´Д` )

経験②:大赤字になり、減給・ボーナスなし

前職は「寸志ボーナスありの契約社員」でした。

しかし、会社の業績が悪く大赤字となり、結果として「一時的な減給・ボーナスなし」の状態に。そもそも低い給与がさらに低くなり、生活がギリギリになりました。

結論:正社員も大差ない

いかがだったでしょうか。
「正社員にもあり得ること」と思いませんでしたか?それは「大正解」です。

  • メンタル不調で解雇→どこの企業でもありえる
  • 会社の業績が悪くなる→どこの企業でもありえる

正社員・契約社員をとわず、環境によってメンタル不調になることはあります。会社の業績が悪化してしまい、減給・ボーナスなしになることも、今後は普通にあることでしょう。

契約社員が、あなたの「どうありたいか?(=価値観)」という価値観に合ってるなら、それは「正解の生き方」です。

違いがあるとしたら、正社員より、切られる順番が早いことくらい。ですが、契約社員は「雇用期間中の解雇は原則禁止」なので、一定期間は守られる存在ともいえます

むしろ、正社員に安心しきり、思考停止で「その会社だけで役立つこと」に磨きをかけても、会社という鉄壁がなくなったらあっけなく死にます。

補足:契約社員になる最大のリスク

契約社員になることのデメリットはあるので、紹介しておきます。

  • デメリット①:正社員である人への劣等感
  • デメリット②:比較によるメンタルダメージ

上記2つ。
ぶっちゃけ「雇用の不安定さ」より、こっちの方がエグいです。

特に、大学入学まで挫折経験なく生きてきた人(=過去のぼくです)にとっては、瀕死の重傷にもなりえますね、、、( ; ; )

この辺りは【断言する】契約社員になると100%後悔します【正社員であるべき】でも書きましたので、そっちを参照ください。

「真の安定」とは【結論:スキルと共に生きる】


真の安定とは「資産性のある労働」をして、スキルと経験値をゲットすることです。

多くの人の認識は「潰れない会社で働く=安定」かもですが、ぼくは「会社が潰れても生きれる=安定」だと、思っています。

「資産性のある労働」とは

ここでの資産とは「スキル・経験・実績」です。

たとえば、YouTuberは「資産性のある労働」の代表格ですね。

  • 企画・演出スキル
  • 動画編集スキル
  • 企業との交渉力
  • 演者として魅せるスキル
  • マーケティングスキル

上記のようなスキルが必須。そして、すべてが「知的資産」になります。

また、スキルの横展開も可能です。たとえば「企画・演出スキル」をアピールして、映像施作会社・プロモーション支援会社などに、転身ができるでしょう。

つまり「資産性のある労働」とは「現在やってる仕事で食えなくなっても横スライドできるスキル・経験・実績が身につく労働」と言えます。

反対に、アルバイトは「時間の切り売り労働」になるので「スキル・経験・実績」を得られません。なので「資産性のない労働」ですね。

よくある反論:副業できない・時間もない

下記をご覧ください。

悲報:スキルがあっても安定はしない

悲報です。スキルを身につけても人生は安定しません。なぜなら、時代によって求められるスキルは変わり、「一生同じスキル」で食うのは無理だからです。

たとえば僕には「販売スキル」がありますが、ニーズの変化で「対面販売スキル」だけではダメになってきました。ECサイト運営などの「非対面販売スキル」がなければ、時代に合わずアウトです。

時代の変化に合わせたアップデートをしないと、生き残ることは不可能です。

勉強の継続・専門スキルの変化

すいません。これは僕ではなく『ワークシフト』という本で書かれてることです。とはいえ、正確な指摘なことに間違いありません。

時代のニーズは変わるので、それに合わせて「高度で深い知識」を学び続けることが大事。そして、その後も必要に応じて他分野の専門知識を学び続けることが、安定への近道です。

現在、ぼくは「販売→Webライティング・Webマーケティング」へと変化させています。勉強は大変ですが、人生イージーモードにしたいので、頑張ります。

余談:ダーウィンの名言

変化の重要性は、過去の偉人もハッキリ言ってます。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一、生き残るのは変化できる者である。

ダーウィンの名言。
現代の状況を考えると、モノすごい説得力がありますね、、、笑

勉強の継続は「楽しいこと」をやる

  • イヤだと思いながら、受動的に学んだこと
  • 楽しいと思いながら、自発的に学んだこと

どちらが良いかは明白ですね。

『そもそも勉強したくないんだけど…』という人もいるかもですが、そういった人は「やってて苦じゃないこと」を学べばOK。

ぼくの場合は「文章を書くこと」が苦ではないのでライティングの学習をスタートし、今の今まで継続しています。

調子にのって、流行りのプログラミングにも手を出しましたが、1ヶ月も経たずに挫折しました、、、(´Д` )

ってことで、まず「興味のある分野」を学んでみるのがベストかと。もしダメなら辞めて、次のものを探すだけです。

おわりに:生き方を考える参考図書

今回はこれくらいにします。

僕が「未来の働き方・生き方」を考えるのに参考にした著書を、掲載しておきます。少し古い本かもですが、今読んでもハッとさせられる内容ですよ。

ワーク・シフト

未来の働き方を考えよう

転職2.0 日本人のキャリア新・ルール

人気記事【厳選】自己理解・自己分析におすすめな本5冊【”価値観”を見極めよう】