【断言】契約社員で「バイトと変わらない仕事ばかりの人」はヤバイです

Contract employee

  • 契約社員だけど、単純作業ばかりでバイトと変わらない
  • フリーターと変わらず、この先が心配になっている
  • ただでさえ危機感があるけど、何をすればいいか不明…

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

アルバイトは「時間の切り売り労働」です。
しかし、正社員・契約社員とわず、同じように労働してる人は多いと感じてます。

この記事の結論

・スキルや経験が得られない
・将来の可能性が狭くなる
・自信を失い、思考停止する
バイトと変わらない仕事をする契約社員がヤバイ理由3つです。成功体験を積むチャンスもなく、現状維持が最適なことだと思えてきてしまい、最終的にはマシーン化してしまう。

上記のとおり。
だんだんと袋小路に追い込まれるので、さっさと脱出するのがベターです。

ちなみに「フリーター扱いされてる人」もいるかもですが、ちょっと問題の性質が違います。その辺りの詳細は「契約社員がフリーター扱いされるのは変」という話を先にご参照くださいませm(_ _)m

この記事の内容

  • 契約社員で「バイトと変わらない仕事ばかりの人」はヤバイです
  • 思考停止しないで「別ルート」を探ろう
  • ヤバイ状況を脱出するためにすべきこと

契約社員で「バイトと変わらない仕事ばかりの人」はヤバイです

  • 理由①:スキルや経験を得られない
  • 理由②:将来の可能性が狭くなる
  • 理由③:自信を失い、思考停止する

くり返しですが上記のとおりです。

理由①:スキルや経験を得られない

言うまでもありませんが、、、
将来はAIに代替されてしまうでしょう。

アルバイトは「時間の切り売り」で、マニュアル化もされてます。そして「誰でもできる仕事」です。これは雇用形態に関係なく、当てはまる仕事は多い。

これでは、人生安定は夢のまた夢です。

理由②:将来の可能性が狭くなる

スキル・経験が少ない仕事を続けても、あなたに「強み」が生まれません。『この分野なら、この人だね』といわれるほどの専門性がないと、差別化はキツイかと。

たとえば「さかなくん」とかが、分かりやすいかもですね。『魚といえば!!』という、確固たる地位を築いてます。

このような「強み」がゼロ状態で転職活動をスタートしても、おそらく、次の仕事も「単純労働×非正規社員」になってしまうと思います。

そうなると、人生への絶望感も強くなりますね、、、( ; ; )

理由③:自信を失い、思考停止する

可能性が狭くなっていくと、最終的には自信を喪失・思考停止につながります。

要するに『もう自分はダメだから、このまま単純労働の非正規として生きるしかないんだ』と思い込んでしまうってことです。

思考停止しないで「別ルート」を探ろう

アルバイトと契約社員の「本質的な違い」は、次のとおり。

  • バイト→補助的な役割が多い
  • 契約社員→本格的な業務が多い

契約社員は、正社員より責任が軽いわけでも、業務レベルが低いわけでもありません。それなのにずっと「補助的な仕事」をしてては、シンプルに人生の時間を浪費してしまうだけです。

ホリエモンの著書で「YouTubeで寿司の握り方を学び、出店した人」が紹介されてました。下働きなどは経験なし。実践あるのみで行動したそう。

思考停止してしまうと、こういった「別ルート」を探る努力もしなくなるでしょう。

人間は「思考すること」で進化してきたので、それを放棄したら人間やめてるのと同じです。別ルート探しを、まずは頑張りましょう。

ってことで、いったん記事前半は終わり。
後半では「バイトと変わらない状況を脱出するための方法」を考えます。

ヤバイ状況を脱出するためにすべきこと

  • その①:創意工夫できることを探す
  • その②:孤独になって思考時間を作る
  • その③:副業しつつスキルアップする

上記3つですね。

その①:創意工夫できることを探す

「小売業・接客業」は、インフルエンサーなどが”単純労働”の例としてあげています。とはいえ、それは極論だと個人的に思っています。

たとえば「ガソスタ店員」と「アパレル店員」で身につくスキル・経験の差はありまして、下記のとおりです。

  • ガソスタ→「提供するもの」が変わらない(ニーズの変化なし)
  • アパレル→「提供するもの」が常に異なる(ニーズの変化あり)

ガソスタは、お客様が来るのを待ち、マニュアル通りの仕事をしますよね。創意工夫の余地が、そこまでないです。

逆にアパレルは、お客様ごとに好み・体型・性格など、一人ひとり異なります。「トーク力・傾聴力・配慮する精神」など、マニュアルどおりの接客はなく、個々の創意工夫で売上を作ることがマスト。

何がいいたいかと言うと、バイトと変わらないような単純労働に従事してる契約社員は、まず「創意工夫できることを探す」と良い、ということです。

創意工夫の積み重ねが、あなただけの「スキル・経験・実績」になります。

その②:孤独になって思考時間を作る

孤独なしには、何事も成し遂げられはしない。

画家ピカソの、有名な名言です。

『いやいや時間なんてないよ…』と思うかもですが、時間を捻出するのは簡単ですよ。

時間を作り出す裏ワザ

1日のスケジュールに「空白の予定」を入れて「思考するためだけの時間」を用意する

これだけ。スティーブ・ジョブズをはじめ”世界のトップたち”は、意図的に「空白の時間」を予定に組み込み、孤独な思考タイムを作ってるそうです。

ここで質問します。
あなたは、仕事が終わって帰宅しメシを食べ、そのままNetflix・YouTubeをダラダラ見てませんか?その時間は、ホントに必要ですか?

現在の生活の中で「時間の浪費」になってることをリストアップすれば、20〜30分は余裕で作れます。

具体例:起床後の30分、ノートに思考を書いた

ぼくは夜だと頭が冴えないので「家を出る2時間半前に起床し、30分ほどノートに思考を書く」という習慣を、半年ほど継続しました。

  • 今の仕事の何に不満か
  • 改善するなら、そうするか
  • 今後の人生をどうありたいか
  • 実現するにはどうすべきか
  • いつまでに行動すべきか

これらは『メモの魔力』や「ゼロ秒思考』という書籍を参考にしました。

ただ、睡眠時間を削るのはおすすめしません。生産性が一気に下がります。なので、もしも時間がないなら「朝ちょっと早めに起きる」ことからスタートするのは、どうでしょうか?

その③:副業しつつスキルアップする

会社が副業OKなら、絶対にやるべきです。

副業 おすすめとかでググって、好みのものをやればOK。合わないと感じたら即やめて、違うことを始めましょう。

よくある疑問:副業禁止の会社なんだけど…

その場合は、収益性ではなく「スキル・経験・実績」を目的にした方がよいです。それらは「資産」になり、転職などでも役立ちます。

ただ、副業で「年間20万円」より多く収益を出すと、確定申告がマストになります。申告しないと違法になり、より重い税金を課されます。そこだけ注意してください…(ー ー;)

※補足
ちなみに「休日に居酒屋バイト」とかはNG。あくまでも「スキル・経験・実績」を目的にしないと意味がありません。

現状維持は衰退なので、今すぐ行動しよう

ってことで今回は以上です。

ここまで読んでも『いや〜でもやっぱりな…』と動かない人が、ほとんどだと思います。とはいえ、決断を先延ばしても「将来のあなた」もきっと、先延ばしをするでしょう。

決断するのは、超怖いですよね。
契約社員だと、余計に「先々の不安」とか「次の転職先が決まるか」などが不安を抱えてしまいます。

とはいえ「年齢だけとって、単純労働の経験しかない契約社員」の市場価値はマイナスです。おそらく、新卒よりも期待値はゼロ。より一層の窮地に追い込まれてしまいます。

また明日から、NetflixやYouTubeを見て時間を浪費して、老いていきますか?イヤなら、即行動です( ̄^ ̄)ゞ

※さいごに、僕が思考を整理するために読んだ本を掲載しておきます。

メモの魔力

ゼロ秒思考

人気記事【厳選】自己理解・自己分析におすすめな本5冊【”価値観”を見極めよう】