【断言】契約社員が副業で「日雇い派遣」をするのはNG【積み上げゼロ】

副業をする

  • 契約社員として働いてるけど、収入に対しての不安がある
  • 休みの日を使って「日雇い派遣」をしたいけど、ありかな?
  • 会社は副業禁止だから、絶対にバレない方法も知りたい!

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員は正社員に比べても給料が低く、ボーナスがないことも多いです。生きていくので精一杯で、コンビにでプチ贅沢をすることすらためらってしまう人も、いるかもしれませんね。

本記事を読むあなたは「即金性があり、時間のある休日を利用できる日雇い派遣」をしようと思ってるのでしょう。確かにお金にはなりますし、生活が潤うかもしれません。

とはいえ、僕は「副業として、日雇い派遣をする姿勢」に反対です。理由は下記のとおりですので、ご覧ください。

この記事の結論

契約社員が副業で「日雇い派遣」をするのはNG。お金は稼げますが何も残らないし積み上げゼロです。また給料収入になるので、副業してることを会社に隠せない可能性もある。もし休みの日を使って副業を、するならWEBを使ったものor本業に関連するもののどちらかがオススメ。自分の資産を作るイメージ。

上記のとおり。
副業するときは「資産作り」をイメージするのが良いですよ。

この記事の内容

  • 契約社員が副業で「日雇い派遣」をするのはNG【積み上げゼロ】
  • 副業NGの会社で、バレずに副業できるのか
  • 契約社員におすすめの副業【2つある】

契約社員が副業で「日雇い派遣」をするのはNG【積み上げゼロ】


やってもいいですが『それって、将来的に考えてどうかな?』とは思ってしまいます。

理由:積み上げがゼロだから

あなたが副業をする理由は何でしょうか?おそらく多くの人は「収入アップ」や「日々の生活の足しにするため」と答えるでしょう。

確かに、契約社員(まぁ正社員もですが)給料は低い傾向ですし、東京近辺に住んでいる人であれば、生活費だけでカツカツになってるかもしれませんね。

しかし残念ですが、貴重な休日を使って「日雇い派遣」をしても、あなたには何も残りません。

  • 肉体労働系の派遣仕事をする
  • 何も考えずにできる単純労働
  • 言われた通りにやり続ける仕事

これらをしてもスキルアップはできませんし、お金は手に入るかもですが、それ以上は何もない。つまり「積み上げゼロ」です。

こういった理由から、副業で「日雇い派遣」をするのはNGだと思っています。

本質:副業するなら、スキルアップを狙うべし

副業は、スキルアップを狙って行動するのがいいかな、と思います。

目先のお金に囚われて単純労働・日雇い派遣・アルバイトなどを副業とする人も多いですが、とはいえ、副業として本質的ではありません。

スキルアップを狙うべき理由は簡単でして、将来への投資になるからです。

「日雇い派遣」などの時給労働は即金性があり、お金をすぐに稼げます。しかし、その方法での稼ぎ方しか知らないと、将来的にはジリ貧です。

  • 休日に「スーパーのレジ打ち派遣労働」をする→AIに代替えされつつある
  • 休日に「ガソスタ店員の派遣労働」をする→ガソスタの存在意義が危ない
  • 休日に「ガテン系の日雇い労働」をする→シンプルに疲れるだけ(経験済)

こんな感じ。大学の同期がやってましたが『休日を潰して時間をムダにした…』と後悔してました。

資産になる労働をするのが、人生を豊かにする秘訣かもしれません( ^ω^ )

副業NGの会社で、バレずに副業できるのか


気になる人も多いと思うので、書きますね。

結論:かなり厳しい

ぶっちゃけ、かなり難しいのが現状ですね。

契約社員のあなたの給料からも「各種保険料」や「税金」を天引きされてます。それら徴収金額は会社で管理していますが、副業がバレるのは「住民税の変動」です。

住民税の徴収金額が変わることで、会社からも違和感を持たれる可能性はあります。

  • 年金・保険料…バレない
  • 住民税…バレる

対策としては、確定申告書の中の住民税だけを「自己納付にする」というやり方があります。

とはいえ、日雇いなどは派遣会社の登録労働者になるので、派遣会社の従業員として給料収入を得ることになります。

  • 本業企業での納税
  • 副業企業での納税

「日雇い派遣」を副業でする場合は上記2つの納税ルートがあるのですが、給料収入は分納ができないことも多いです。

要するに、副業NGの会社でバレずに「日雇い派遣」を副業としてやるのは、かなりハードモード。それ相応の工夫が必要になります。

しかし、地域によっては給料収入でも分納可能なところもあるそうです。可能かどうかは、お近くの役所に問い合わせくださいませm(._.)m

余談:法律的に、副業するのは問題なし

法的には「副業は全然OK」です。むしろ国家レベルでは、副業をゴリ推ししておりまして、それは肌で感じてると思います。

では、なぜ多くの企業が副業禁止にするかというと、シンプルに「本業に支障がでる可能性があるから」ですね。

やはりサラリーマンとして働いてもらうからには、妥当な反応かな、とは思います。

解決策も、実はあります

年間収益を20万円を超えていなければ、確定申告はしなくてOKです。つまり、副業をしてもバレません。

とはいえ、それだと月額16,666円の副業収入です。まぁ少しは足しになるかもしれませんが、、、人生レベルで豊かになれるかといえば微妙ですよね(´Д` )

では、どうするのがベストかと言えば「給料収入にならず、かつ、即金性もある副業をする」だと思います。しかも、副次的なメリットも多いので、やらない理由がありません。

ってことで、次の項で具体的なアクションプランを解説しますm(._.)m

契約社員におすすめの副業【2つある】

  • その①:WEBを使った何か
  • その②:本業に関連するもの

上記のとおり。順番に解説していきますね。

その①:WEBを使った何か

インターネットが普及した現代で、WEBを使って事業をしないのは「機会損失」とさえ思っています。拡張性がケタ違いですし、収入も簡単につくれます。

どうすれば良いかというと、クラウドソーシングがオススメ。やった分だけ報酬の出る案件も多いのが特徴です。

例えば僕は「WEBライター」をやっています。「1文字◯円」という条件で仕事ができ、1件で平均3,000〜5,000円ほど稼げます。しかも未経験OKな案件が多いので、月10件ほどやるだけで30,000円くらいすぐに稼げます。

また企業が育ててくれる案件もあるので、稼ぎつつスキルアップも狙えるので、やらない理由が見つかりません( ̄^ ̄)ゞ

ちなみにクラウドソーシングは上記2つのどちらかを使えばOK。サービス内容や案件に差はないので、フィーリングが合うほうを使いましょう。

自分のメディアを作るのもあり

個人的に「自分のビジネス」を作るのもいいかな、と思います。

例えば当サイトは、僕個人のビジネスとして運営してます。またYouTube・Voicyラジオなどもそうですね。自分メディアを運営してる人は、世の中にたくさんいて、そこから仕事を受注する人も多数います。

自分のメディアを持っておくと、WEB上に残る資産になって、転職するときにもアピールポイントになったりします。

その②:本業に関連するもの

もうひとつ、副業をするのであれば「本業とのシナジー」を意識すると良いですね。

一例ですが、下記をご覧ください。

  • 営業をやっている→営業力アップのために、営業代行をする
  • 事務をやっている→事務スキルを活かして、秘書代行をする
  • ホテルで働いてる→ホスピタリティを活かし、マナー講師をする

このように、本業×副業で”相乗効果”を狙うイメージです。

ビジネスを作って「0→1」で収入を作るのはWEBが実行しやすいですが、本業のスキルを会社とは違う場所で「1→10」に拡張するのもありです。

自分に合ったやり方を探していきましょう。

副業するなら、資産になる労働をしよう

ってことで今回は以上ですので、内容をまとめますね。

  • 契約社員が副業で「日雇い派遣」をするのはNG
  • 副業NGの会社で、バレずに副業をするのは厳しい
  • おすすめの副業→「WEB系」か「本業に関連するもの」

収入アップだけを考えれば、派遣労働をするのも悪くはないでしょう。

とはいえ、休日を「資産にならない労働」で潰してしまうのは、正直モッタイナイ。

どうせやるなら「資産になる労働」、つまり、先ほど紹介した「WEB系」か「本業と関連すること」をやりましょう。

契約社員は不安定です。だからこそ、意識的に資産になる労働をして、いろいろと積み上げていくのが、ベターな行動だと思いますよ( ̄^ ̄)ゞ

契約社員の副業関連の記事一覧

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】