契約社員として働くのは、恥ずかしいことか【あなたの”価値観”が大事】

Contract employee

  • 契約社員として働いてるけど、恥ずかしいことなの?
  • 友人や親は「契約社員なんて恥ずかしいし、正社員の方がいい」っていう
  • 自分としては満足してるけど、変なのかな(´Д` )?

こんな悩みに答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

『契約社員として働くことに、恥ずかしさを感じる』という人がいます。確かに正社員で働いてる友人・知人が多いと、そのように感じてしまうことはあります。

親・友人・パートナーなどから言われると、余計にそう感じてしまいますよね。

この記事の結論

『契約社員で働くのは恥ずかしいことですか?』と質問を受けました。ぶっちゃけ、主観的な問題かなと。恥ずかしいことではありません。が、それを恥ずかしいことと意味付けるのは、あなた自身の問題。それより重要なのことは”どうありたいか”を”どう実現するか?”という、価値観についてです。

上記のとおり。
「恥ずかしいことなのか?」は、他人に聞いたところで答えはでません。各々の価値観に合わせた返答がくるだけです。

それよりも、あなたが自身が「どうありたいのか・それをどう実現したいか?」がポイント。つまり、あなたの”価値観”が超大事になります。

テこの記事のこの記事の内容

  • 契約社員として働くのは、恥ずかしいことか
  • 他人の期待には、応えなくてOK
  • 「どうありたいか」が重要【契約社員という生き方】

契約社員で働くのは、恥ずかしいことなのか


結論、恥ずかしくありません。堂々として働きましょう。

それは、主観の問題

『契約社員でいることは、恥ずかしいことなのか?』と他人に聞いたところで、何も変わりません。

人にはそれぞれに「正義」があります。

  • お金を稼ぎまくることが「正義」
  • 趣味の時間をとることが「正義」
  • ボランティアで社会貢献するのが「正義」

たとえばこんな感じ。

細分化され、人の数だけ答えがあります。

つまり「正義」は、かなり主観的なもの。

あなたが恥ずかしいと思えば「契約社員として働く=恥ずかしい」になり、恥ずかしくないと思えば「契約社員として働く=恥ずかしくない」となるわけです。

非正規で支えられてる日本

今の日本の労働人口の割合はご存知ですか?
非正規社員として働く人は、全労働人口の約40%をしめます。

要するに、日本の経済活動を支えてるのは、契約社員を含む「非正規社員」です。

あなたは、今の自分が「恥ずかしい」と感じてるかもですね。とはいえ、契約社員だろうが「ちゃんと働いてる」のなら、恥ずかしいことではないと思いますよ。

後述しますが「正社員であること=正義」にすると、そのほかの道(=雇用形態)はすべて「悪」という考えになってしまいます。

他人の期待には、応えなくてOK

『やっぱり契約社員でいるのは恥ずかしい…人にもあまり言えない…』

こう思うかもしれません。

おそらく「契約社員=恥ずかしい」と思う人は、他人の期待に過度に応えようとしてる人なのかなと思います。

  • こうあって欲しいという、他者からの期待
  • こうあるべきという、世間・他者の価値観

しかし、他人の期待に応えていては、身がもちません。

「自分の生き方はこう!」と一本筋が通っていれば、雇用形態とかどうでもよくなります。

他人から嫌われてOK

ここで質問です。

正社員になることで、誰かから(親・友人・パートナー)から褒められたいですか?認められてたいですか?

どうでしょう。心の奥底で願っているなら、即刻やめるべきです。理由は、褒められなくなったら「やっぱ辞めよ…」となる可能性が高いから。

他人からの褒めなどの「外部報酬」をモチベーションの元にすると、それがなくなった瞬間に行動するのがイヤになります。褒められること・期待に応えようとしなくてOK。

それよりも「自分の思う信念(あり方・価値観)」を貫くことが大事です。※その点については後述します。

親が言う「恥ずかしい」は見栄とエゴ

親とかパートナーがいう「恥ずかしい」は単なる見栄やエゴ。『よそからどう見られてるか?』を気にしてるだけです。

無視しつつ、気にせず、契約社員としてレッツ労働しましょう。

かと言って、実家に寄生するニートを奨励してはいませんm(_ _)m

補足:生き方は、本から学ぼう

生き方を考える上で、本を読み、様々な人の価値観に触れることは大事だと思っています。本を読もう( ̄^ ̄)ゞ

推薦図書①:自分の中に毒を持て


岡本太郎さんの著書。
自分の信念を貫き、他人に嫌われることを厭わず、熱量もって生きた彼の「生き様」には、素直にカッコイイと感じること間違いなし。

少しキツイ言葉はあります。なので、自己責任でお読みください…笑

推薦図書②:嫌われる勇気


言わずと知れた名著で、アドラー心理学を日本でメジャーにした1冊。

YouTubeでもいろいろな解説動画がアップされてます。まずはそれで概要を理解してから読むのもいいかと。

個人的には「他人はコントロールできない」という箇所に心をぐっと掴まれました( ̄^ ̄)ゞ

「どうありたいか」が重要【契約社員という生き方】


ぶっちゃけ「どうありたいか?」を考えることが最大のポイント。

つまり、あなたの価値観を深堀りすることが必要になります。

  • どう在りたいのか(価値観)
  • どう実現するのか(仕事など)

シンプルに、上記2つを考えるだけでOKです。

価値観がすべての根っこ

「自分がどうありたいか?」は、働き方についての”価値観”です。

そして”仕事”は、そのマインドを具現化するための「手段」でしかありません。

  • 価値観…どうありたいか?
  • 仕事…”価値観”を具現化する手段

契約社員であっても「この働き方が自分の生き方を体現できる!」と感じるなら、それでOK。

契約社員として働いていて、心地よいなら価値観がマッチしてる証拠です。

具体例:マナブさんの生き方

超有名ブロガーで、マナブさん(@manabubannai)という方がいます。

自身の「どうありたいか?」を考え、外国で生活されています。

  • 価値観…引きこもって生きてたい
  • 仕事…ブログ・YouTubeなど

上記のとおり。

”引きこもって生きたい”が彼の望む「あり方(価値観)」で、それらを実現するために「ブログ・YouTube(仕事)」をされています。

ヒエラルキーは、存在しない

「正社員=ヒエラルキーの頂点」みたいに錯覚してる人は、たくさんいます。

間違いではありませんが、、、防ぎようのない「搾取」をされ続ける対象でもあるので、安心・安全・ヒエラルキーの頂点にいるわけでもありません。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト・パート

一般的には上記のような構造イメージがあるかもですね。

でも、よく考えてみてください。正社員も数パターンに細分化されます。

  • フルタイム正社員
  • 地域限定正社員
  • 時短正社員
  • 職種限定社員

制限がつくことで、給与的に契約社員・派遣社員より安くなる可能性もあります。

それでも良いなら、その道を選んでください。それはあなたの自由。

正社員の方が上とか、古い考えかなというのがぼくの意見です。
»契約社員が正社員から見下される理由3つ【ネタバレ:立ち位置が違うと思われてる】

正社員がダメとは言ってない

ここで1点申し上げておきます。
ぼくは別に「正社員ダメ論者」ではありません。

ぼくはフリーでやってますが、正社員の良さも分かっています。

ぶっちゃけ『”ゆるふわホワイト企業”の正社員として、ぬくぬく働けたらいいな〜』とか思う時はあります。

正社員へ転職することはひとつの正解でして、契約社員より安定性があることも事実です。

注意:肩書きに、固執しない

とはいえ、正社員でも「劣悪環境・社保なし・福利厚生なし」みたいな会社は存在します。

つまり、安易に正社員の肩書きへ吸い寄せられてはダメ(´・Д・)」

「自分はどうありたいのか?」に立ち返って、考えていくべきです。

よくある疑問:契約社員でも生き残る方法とは?

結論、契約社員でも「副業」をすることです。

契約社員の給与だけが「収入の柱」だと、ちょっと不安定すぎます。まず今の会社で、副業OKかを確認しましょう。もし副業禁止なら、副業OKな会社に転職するのもありです。


今回はこれで以上です。
繰り返しですが、契約社員であることは恥ずかしいことではありません。

恥ずかしいかを誰かのモノサシを計る必要はなし。

他人のものさし
自分のものさし
それぞれ寸法がちがうんだな

あいだみつをさんの名言。心に沁みます。
ってことで「あなたがどうありたいか?」を軸にして、考えていきましょう( ^ω^ )

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】