【苦行】契約社員がつらいのは「自己責任」だと思う件【過去の自分へ】

働き方・あり方

  • 契約社員で働くのがつらい…
  • これって自分だけ?自分ばかり損してる気がする…
  • 誰にも相談できないし、どうすればいいのよ…

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

契約社員はつらいことの連続です。会社によっては、求人内容と違う仕事をさせられたり、仕事内容は楽だと思って入社したらカオスな職場だったり…

つらくなり、退職したくなるのも分かります。
おそらく、この記事を読むあなたも同じような経験をしてるのでしょう。

この記事の結論

契約社員は「一寸先は闇」であることが辛い。それは間違いありません。とはいえ「すべては自己責任」とも思っています。過去の自分はプライドを捨てられず、つい他人と比べて、嘆いてました。契約社員になることを決めたのは自分なのに。なので「つらい」のも、すべては自己責任かと。

上記のとおり。
ぶっちゃけ、20歳を超えた大人であれば行動のすべては「自己責任」ですよね。

ちょっと辛口かもですが、過去の自分に向けて書いていきます。3分ほど、お付き合いくださいm(_ _)m

この記事の内容

  • 契約社員がつらいのは「自己責任」だと思う件
  • 『契約社員はつらい…』と思ったこと【経験ベースで語る】
  • 正直、どんな働き方もつらい

契約社員がつらいのは「自己責任」だと思う件


すべては「自己責任」です。

すべては「あなた自身」の選択

当たり前なんですが、、、
20歳を超えた大人なら「どんな雇用形態で、どんな仕事をするか」については、すべて自分で決めたことですよね。

たとえば『フリーランス最高!』とインフルエンサーが言ってるのを信じて、フリーランスになったとしましょう。そして、全然うまくいかず『言ったとおりに行動したのに!!!』とキレていたら、どうでしょう?

おそらく『いや、自己責任でしょ…』と思うはずです。

それと同じ。契約社員になってつらいと感じても、契約社員になったのは「あなた自身の責任」です。

なる前にググりましたか?
とりあえず就職すると、テキトーに決めませんでしたか?

自分のアタマで考えて、次の一手をどう行動するかを考えないと、マジで「一寸先は闇」ですよ。

小さなプライドは捨てよう【過去の自分へ】

当時のぼくは、再就職活動を終わらせたい一心で行動し、契約社員も甘んじて受け入れました。

最初こそ『正社員より仕事も簡単で楽だろ〜』と思ってましたが、働き始めてしばらく経ち「契約社員であることへの恥じらい・みじめさ」を感じるようになりました。

ただ、それは単に「プライドが高かっただけ」なんですよね。みずから契約社員になることを選んだのに、契約社員になったことを後悔し”契約社員である自分”を受け入れることができませんでした。

当時の自分に『そのプライドは捨てて、今の自分を受け入れろ』と伝えたい(´Д` )

つらさ=現実と理想のギャップ

『つらい…』と感じるのは、理想と現実のギャップを痛感するからです。

  • 理想…責任はない、仕事レベルも低い、楽な仕事で給料もらえる
  • 現実…責任は重い、仕事レベルも高い、楽な仕事でもなく低賃金

たとえば、上記の感じですね。

何事も、大なり小なりギャップはあります。
大事なのは「つらいと感じたときに、どう対処するか」です。

ってことで、次に「ぼくが実際につらいと思ったことと、それを乗り越える方法」を書いていきます。

『契約社員はつらい…』と思ったこと【経験ベースで語る】


経験ベースで書いていきます。

『契約社員はつらい…』と感じること

  • その①:正社員並みの業務レベルや責任
  • その②:いつまでも正社員登用されない
  • その③:漠然とした将来の不安

上記3つです。

その①:正社員並みの業務レベルや責任

契約社員は、下記2つに大別されます。

  • 「バイト並みの業務レベル・責任」の企業
  • 「正社員並みの業務レベル・責任」の企業

これは企業によりまして、入社しないと分かりません。そこがかなりシンドイところですね。

乗り越える方法

結論としては「スキルアップの場」と考えるのがベター。

契約社員で「正社員並みの仕事」ができることは、個人的にチャンスだと思ってます。馬のように働きスキルアップすれば、正社員への転職ができるからです。

実際、同僚の1人に「会社=スキルアップのハコ」と捉えて、1年で大企業の正社員に転職した人はいました。

※補足
もし「バイト並みの仕事」しかできてないならヤバイので、即転職を検討すべきかと。

  • 入社して1年以上が経過してる
  • 契約更新を3回以上してる

どちらかの条件を満たしてれば、契約期間内での途中退職はできます。
»【断言】契約社員で「バイトと変わらない仕事ばかりの人」はヤバイです

その②:いつまでも正社員登用されない

入社して数年たつのに、まったく正社員登用されないというのは、よくある話です。

ぼくも「頑張り次第では1年くらいで〜』と言われてことを信じ鬼労働し、成果も出したのに、結局ダメでした笑

乗り越える方法

これは、入社前の面接で確認すべきことですね。

  • 直近の登用実績
  • 年間の実績人数

この2点を、かならず入社前に聞きましょう。求人の『正社員登用制度あり』が嘘であることは、よくあることです。こちらから確認すべし!

その③:漠然とした将来の不安

大多数の契約社員は「昇級・昇進なしでボーナスなし(あっても寸志)」です。くわえて、次回の契約更新はされないかもしれない恐怖もあります。

こうなると、シンプルに「将来への期待や希望」が持てず、契約社員になったことを後悔し、つらいと感じます。

乗り越える方法

契約期間内は、原則として解雇されることはありません。

それを利用して「スキルアップのために鬼労働→正社員への転職活動をする」と、何かしらのアクションをとるのが大事かと。

会社を上手に利用するマインドを持って、労働しましょう(`_´)ゞ

正直、どんな働き方もつらい


ぶっちゃけですが、、、
どんな雇用形態であろうが、つらいことはありますよね。

働き方が多様化し、つらさも多様化した

最近は、いろいろと働き方が増えました。ただ、それに伴い「つらさの多様化」もしてる気がします。

  • 正社員→責任の重さ・縛られること
  • 非正社員→漠然とした将来への不安
  • フリーランス→売上維持のためセルフブラック企業

ざっくりこんな感じ。
それぞれの働き方に「いい面」と「悪い面」があって、両方を天秤にかける必要があるかと( ̄^ ̄)ゞ

ツマラナイ解答かもですが、これが真理です。

解決策:「自分はどうありたいか?」を考える

他の記事でも何度も書いてますが、結局ここに行き着きます。
つまり「あなたの価値観に合ってるかどうか?」に照らし合せて考えればOKです。

誰からも指図されたくないならフリーランスを選べばいいし、誰かに雇ってもらう方が安心するなら正社員がいいでしょう。

「経験を積むために契約社員になり、3年くらい働いたら、即戦力として正社員に転職する」というのも、ひとつの”あり方”ですね。

価値観に「正解・不正解」はありません。そして、どのルートを選ぼうとも「すべてが自己責任」になります。

おわりに:関連記事を貼っておきます

今回は、これくらいにします。

契約社員になるのは「自己責任」ですが、自分を追い込みすぎず、たまには現実逃避をするのも良いと思います。テキトーに生きるのも”ひとつの正解”ですよ〜。


人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】