【真実】「契約社員は職歴にならない」は間違いです【書類作成テクも解説】

Contract employee

  • 契約社員は職歴にならないと思ってる人
  • 正しい履歴書の書き方を知りたい人
  • とはいえ、書類選考に通るか不安な人

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

契約社員は”非正規社員”です。
なので、ちゃんとした職歴として扱って良いのか、疑問に感じてしまう人は多くいます。

また、契約社員であることに引け目を感じ『書類選考で落ちるんじゃなか?』と勘ぐってしまいがち。

どうしても行動に移せないという人も、なかにはいるでしょう。

この記事の結論

「契約社員は職歴にならない」って意見を見ますが、職歴になります。履歴書に書いてOK。なぜ契約社員になって、何をしてきたかを言語化できればマイナス作用ないです。また、書類上では契約社員と書かなければバレないかもですが、自分のふとした発言などでバレる可能性はあります。正直が1番。

上記のとおりでして、契約社員も立派な職歴になります。

書類選考に通らなければ、そもそも面接にも行けませんが、ウソをつくのはNG。正直でいましょう。

この記事の内容

  • ”契約社員は職歴にならない”は間違い
  • 契約社員の正しい履歴書の書き方
  • 「何を考え、どう行動したか?」が大事

”契約社員は職歴にならない”は間違い


契約社員も職歴です。
何をもって職歴にしないのか、明確な根拠も乏しく謎です、、、(ーー;)

「職歴=正社員の特権」ではない

契約社員は”準社員”の位置付けです。
その組織における社員であることに、間違いありません。

職歴は正社員だけの特権みたいな考え方をしてる人は多いですが、、、そんなこといったらフリーランス・自営業の方も「職歴なし」になります。

  • 仕事の難易度
  • 仕事の責任
  • 仕事の裁量権

もちろん、会社によって違いはあります。
とはいえ、労働してることに変わりはありません。

ぼくも契約社員として働きましたが、仕事内容などは正社員とほぼ変わらない感じ。スキルなども、身についてます。

契約社員は立派な職歴として扱って、全く問題ありません。

契約社員の正しい履歴書の書き方


ぶっちゃけ、正社員のそれと変わりなし。

例)株式会社◯◯ 営業部(契約社員として入社)

こんな感じでOKです。

ウソはつかず正直に

契約社員であることは、明記しましょう。
シンプルに、嘘をつくメリットがありません。

応募書類でバレる可能性は低いです。
社会保険でも雇用形態まではわからないことが、その理由です。

とはいえ、あなたが墓穴を掘り、経歴詐称がわかってしまうこともあります。

実績・スキルを誇張するのはあり。
興味を持ってもらうための方法になります。

しかし、契約社員を正社員と書くのは、実態のない真っ赤なウソになってしまうのでNGです。

嘘をつくのはリスキー。あなたの信頼が地に堕ちる危険性の方が高いです。

なので、契約社員であることを隠すメリットはありません。ちゃんと履歴書にも契約社員であることを書きましょう。

マイナス作用はしない

『契約社員であることを書いたら、マイナス評価されないの?』

こういった疑問を持つかもですね。

結論、あなたの今の年齢で変わります。絶対にしないとは断言できません。

特に20代なら若さが武器になり、ポテンシャル採用が基本です。契約社員であることがダイレクトに関係することは、少ないです。

経験上ですが、契約社員であったことを面接などで詰められたことはありません。そもそもですが、書類選考の段階で落とされるかと、、、( ; ; )

とはいえ30代になると、マネジメント経験など「求められるレベル」が変化します。

多くの企業では、部署丸ごとマネジメントできる経験を契約社員は積めないです。なので、30代以上だと、ちょっと厳しいかもしれません。

よくある疑問:退職した時の書き方は?

  • パターン①:契約満了で退職した
  • パターン②:満了前に自主退職した

上記2パターンがあります。

パターン①:契約満了で退職した

記入例)期間満了により退職

これでOKです。特別に何かいろいろ書く必要はなし。

パターン②:満了前に自主退職した

記入例)一身上の都合により退職

正社員が会社を辞めるときと同じ。自主退職ですので、この文言で書きましょう。

「何を考え、どう行動したか?」が大事


中身が大事です。

結局は「中身」が9割

身も蓋もないことを言います。
書類選考を通過できた企業であれば、「契約社員であった過去」は気にしてないです。

ぶっちゃけ、面接で見られるのは「あなたが何を考え、どう行動したか?」です。

より深掘った表現にすると「あなたの価値観具体的アクション」を判定されます。

面接は、企業とあなたの”価値観のマッチングの場所”です。

契約社員であっても、何かしらの価値観を持って働いてるはず。それを面接の場ではぶちまけましょう。

具体例:販売員時代のぼく

  • 価値観…商品じゃなく、店員目当てのお客さんが増えてほしい
  • アクション…商品提案ではなく、「明るい未来」を提案した

具体的アクションについては、ちょっとわかりにくいですかね?笑

「商品のメリット・デメリット」だけじゃなく、「その商品があると、どんな楽しい未来が待っているか?」を想像してもらうトークをしてました。

2021年現在、ぼくは転職活動をしてますが「価値観具体的アクション」のテンプレは効果ありです。

※事実ベースで、最終面接まで数社いけてます\(^o^)/

書類選考に通過する方法

『いやいや…そもそも書類選考に通るかどうかが心配なんだけど…』

こういった人もいるかと。
個人的に「企業の抱える課題+解決策」を提示すると、かなり反応は良さげです。「自己PR」や「志望動機」よりも、かなり効果があります。

※おまけ
書類選考にどうしても自信がない人は、「書類選考なしで面接に行ける転職エージェント」を使うと便利ですよ。
下記で、実際に使ってよかった3社を比較してます。参考までにどうぞm(._.)m

今回はこれで以上ですので、最後に記事内容をまとめます。

  • ポイント①:契約社員はちゃんと職歴になる
  • ポイント②:履歴書にウソは書かない
  • ポイント③:結局は「中身」が9割

これは完全な経験則ですが、、、
書類選考に通る企業は、あなたの「契約社員」であった過去を受け止めつつ、しっかり中身を見てくれる企業のはずです。

素直な気持ちで面接に臨みましょうd( ̄  ̄)

契約社員であることが、必ずしもデメリットばかりではありません。
「何を学び、何を考え、どう行動したか?」を伝えていきましょう。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】