契約社員は、マジで割りに合わないです【経験者が語る/ 資産作りをしよう】

働き方・あり方

  • 契約社員で働いてるけど、業務と給与が割に合わない…
  • 正社員と仕事はほぼ同じなのに、なんでこんなに差があるの?
  • スキルも何も身につかず、人生終わるのだろうか…

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

1年半ほど契約社員として働きましたが、やることは正社員並みで、責任も裁量権もある職場でした。

ぼく個人としては経験が積めてよかったのですが、人によっては『正社員でもないのに…割に合わない…』と思うかもですね。

この記事の結論

契約社員の仕事が割りに合わない原因は「業務量が膨大or給料が低い」のどちらか。なので、適度にサボりつつ不釣り合いを消すのもひとつの手段。ただ、正社員並みの仕事を振ってくる会社なら、そこでスキル・経験を”資産”と捉えて「鬼労働して資産形成→割りに合う会社に転職」というのもありかと。

上記のとおり。
給料の低さが、仕事の難易度に直結するわけではありません。よくある誤解です。

先にネタバレしておきますが、大事なのは「どこにポジションをとるか」でして、そして、割に合うかは「個人の主観的な問題」です。

  • 契約社員”なのに”、割に合わなくてイヤだ
  • 契約社員”だけど”、スキル爆伸びできるチャンス

このように、現状をどう捉えるかがポイントです。

この記事の内容

  • 契約社員は、マジで割りに合わないです【経験者が語る】
  • 割りに合うかは、主観的な問題
  • 割りに合わない→資産作りのチャンス【タグ付けを意識】

契約社員は、マジで割りに合わないです【経験者が語る】


マジで、割に合わないことがほとんど。

その原因は2つあり、次をご覧ください。

  • 原因①:そもそも給料が低い
  • 原因②:低賃金なのに、仕事はハード

上記のとおり。

そして「どこにポジショニングしてるか?」で、年収と労働条件の釣り合いが決まってきます。

給料は「ポジショニング」で決まる

  • 仕事が忙しいのに、いつまでも金がない人
  • 仕事は忙しくないのに、なぜか金がある人

これらは、能力が低いからではありません。単純に「ポジショニングの問題」です。

ポジショニングとは「業界・業種・企業レベル」でして、集金力(=お金が流れてきやすいか)がモノをいいます。

  • 金融業界×営業マン×大企業=高年収
  • 繊維業界×営業マン×中小企業=低年収

一概にはいえませんが、ざっくりイメージはこんな感じ。

金融業界は「集金力」が強いので高年収になりやすく、逆に繊維業界は「集金力」が弱いので低年収になりやすい構造になってます。

そしてこれらをベースに、正社員or非正規社員かで、さらに格差が広がります。

契約社員が、割に合わない理由

ポジショニングが悪い×非正規社員=割に合わないハードな仕事

上記のとおりです。

大きく影響するのが「どこにポジショニングしてるか?」で、さらに「社内環境」が関わってきます。

  • 長時間労働
  • ハイレベルな業務内容
  • 強めなプレッシャー
  • サポートがほぼ0
  • マルチタスクが常態化

たとえば上記です。

正社員でもキツいのに、契約社員でこんな社内環境なら、もっとキツい。これが『契約社員なのに割に合わない…』と感じてしまう理由になります。

割りに合うかは、主観的な問題

とはいえ「今の仕事が割りに合うか?」に、絶対の正解はありません。

割りに合うかは、自分の大事にしてる「どうありたいか?(=価値観)」が関係してきます。

「成果に対して、正当な評価をして欲しい」と思ってる人なら、ノルマ達成をしても給料にプラスされない環境では、割りに合わないと思うでしょう。

例えば、ぼくがそうでした。『これだけ売って成果も出してるのに、インセンティブなしは割に合わない…』と感じてました。

そんな環境だったので、適度にサボりを入れていましたd( ̄  ̄)笑

仕事はサボっても、問題ない

割に合わない環境であるなら、適度にサボっても問題ありません。

もちろん必要最低限のことはやらないとNGですが、ぶっちゃけ、適度に仕事をサボることも必須スキルです。

  • やるべきこと:パワー9
  • どうでもいいこと:パワー1

上記のとおりで、パワー配分を意識的にわけるべき。「選択と集中」です。

サボるための、コツ3つ

具体的なコツは、下記のとおり。

  • その①:ムダな残業は断る
  • その②:忙しい雰囲気を作る
  • その③:雑用を引き受ける

「その①」はムズカシイかもですが、「その②」と「その③」は簡単です。

「その②」は、鬼作業(してるふり)をすればOK。
暇そうにしてると「余裕がある」と思われ、仕事を振られてしまいます。なので、パソコンに張り付いて、ひたすら資料作り(をするフリ)とかいいですよ。

これで、ぼくは業務をちょいちょいサボってました。ごめんなさいm(_ _)m

「その③」なら、例えばゴミ捨てなどに行き、そのままひとりの時間を作りましょう。

ぼくはその時間に、コツコツ副業してました笑

真面目すぎると、バカを見ます。
割りに合わないなら「適度にサボって、釣り合いをトントンにする」のもありかと。

割りに合わない→資産作りのチャンス【タグ付けも意識】


『金融投資して資産形成しよう!!』ではありませんよ。

資産=スキル・経験値

上記のとおり。
タネ銭稼ぎとして会社を使いつつ、”資産作り”と”自分へのタグ付け”をしましょう。

「割に合わない」なら「割に合う環境にうつる」のが、イチバン簡単な方法です。

自主的に「モーレツ社員」になる

契約社員なのに”給料”と”求められること”が割りに合わないなら、むしろ「モーレツ社員」として鬼労働するのもひとつの手段です。

正社員だと雇用期間が決まってないので、続けるのはシンドイかもしれません。とはいえ、契約社員は雇用期間が決まってます。それを逆手に「期間内は鬼労働→スキル・経験アップ→割りに合う会社に転職」しましょう。

「とらえ方」で、世界が変わる

鬼労働してると「信頼」が蓄積されます。すると、その内に「仕事」も集まってきます。

集まった仕事量の、チューニングは必要です。
とはいえ、契約期間の雇用は安定し、給与もあり、スキル・経験値をつめて「資産形成」ができます。

そう考えると一概に「契約社員は割りに合わない」とも言い切れません。

つまり「事象のとらえ方の変換」です。
アドラー心理学でもいわれてる方法でして、それだけで世界が変わります。

「タグ付け」を意識する

TwitterやInstagramで「#(=ハッシュタグ)」ってありますよね。そのイメージで、自分に「タグ付け」をしてみましょう。

具体的なスキル・資格のほかに、過去の経験すべてが「あなたのタグ」になります。

タグの種類

タグは主に4つに大別されます。

  • その①:職種
  • その②:業界
  • その③:経験値
  • その④:価値観

上記のとおり。

これに当てはめつつ、分類していきましょう。

具体例:ぼくの持つ「タグ」

  • タグ①:接客・販売の経験
  • タグ②:一対一のセールスが得意
  • タグ③:SNSを使ったセールス
  • タグ④:アパレル全般の知識
  • タグ⑤:新規イベントの発案
  • タグ⑥:幅広い年収層とのやりとり
  • タグ⑦:顧客との繋がりを重視
  • タグ⑧:おもてなしマインド

思いついたのを、ピックアップしましたが、ぼくの「タグ」はこんな感じです。

ちなみに「タグ①〜③」は職種、「タグ④」は業界、「タグ⑤〜⑥」は経験値、「タグ⑦〜⑧」は価値観と分類ができます。

タグ付けする理由

結論、タグを増やすことで「将来のルート本数」を増やすことが可能だからです。

あなたの「今までの経験」を言語化できれば”手持ち武器”がバラエティ豊かになり、いくつも枝分かれした「将来のルート」を選んで歩むことができます。

逆に言語化できなければ、役立つスキルも「宝の持ち腐れ」になり、枝分かれしてない道を進まざるを得なくなるかもしれません。

細かく棚卸・言語化して「将来のルート本数」を増やしましょう(`_´)ゞ

補足:外部サービスを利用する

ひとりでやるには、ハードルが高いなぁ…

そんな風に思った人は「求人紹介をしない転職サービス」を使うのも、ありだと思います。

今の日本に「契約社員専門の転職エージェント」は、調べた限り存在しません。契約社員も、大手転職エージェントを使うことはできますが、、、担当者の「ガチャ運要素があること」が、かなりのデメリット。

その点についてポジウィルキャリアは心配がありません。求人紹介は全くされず「転職支援事業」に特化してることが最大の特徴です。

初回は45分の無料相談ができまして、それだけ受けることも可能。キャリア整理を「求人を勧めてこないプロ」にできるのは、まだ日本では少ないサービスです。
»1分で予約可能:ポジウィルキャリアに無料相談してみる


今回はこのくらいで終わりにします。

問題を放置して何も行動しないのが、最もダメなパターンだと思います。『割に合わない!!』と愚痴るのはいいですが、何かしら現実を変えるアクションはとりましょう\(^o^)/

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】