契約社員が仕事を掛け持ちするなら、相乗効果を狙うべき【本業にコミットせよ】

副業をする

  • 契約社員で働いてるけど、給料低くてやってらんない
  • 何か掛け持ちでやりたいけど、何をすればいいんだろう?
  • アルバイト?それとも在宅ワーク?何からやるべきなの?

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

契約社員は低収入で、しかも昇進・昇級の可能性も0%。
生活が苦しく『少しでも足しになれば…』とダブルワーク・副業・アルバイトを始める人も多いです。

ただ、何から手をつけるべきか分からない、という人もいることでしょう。

この記事の結論

契約社員は、在宅ワークできる副業を掛け持ちすべきだと思ってる。特に単純労働系・時給制の契約社員なら、マストかと。理由は「スキル・経験・実績」を積みにくく、長期的に考えてメリットが少ないから。教材はググれば出てくる。収益ではなくスキル獲得を目的にやれば、バレる心配もゼロ。

上記のとおり。
まずは「本業と副業で相乗効果(=シナジー)」を狙っていきましょうd( ̄  ̄)

とはいえ”収益”より”スキルアップ”を目的に始めるのが、長期的にもメリットがあるかと。

この記事の内容

  • 契約社員が仕事を掛け持ちするなら、相乗効果を狙うべき
  • 時間の切り売りはビミョー【アルバイトはNG】
  • 「本業で成果を出すのが最優先」という話

契約社員が仕事を掛け持ちするなら、相乗効果を狙うべき


本業と副業で相乗効果を生み出しましょう。

win-winを考える

掛け持ち・副業・ダブルワークといろいろな呼び方がありますが、共通して大事なのは「本業との関連性」です。本業にまったく関係のないことをしても、相乗効果は生まれません。

契約社員が、てっとり早く収入アップす方法は下記のとおり。

  • 正社員に転職する
  • 副業で稼ぎ、独立する

本業と関連性がある副業をやることで、転職ではアピールポイントになり、独立するときには武器になります。

また、本業の知見を副業に活かすのも、ひとつの方法です。

たとえば、販売員としての経験を活かして「オンラインで販売員向けのセールストーク術講座」をやるなどです。

ってことで、相乗効果が狙えることを、掛け持ちしましょう。

何から始めるべきか

在宅 副業 おすすめとかでググれば、いろいろと候補は出てきます。

  • 無料
  • 少額の初期投資

上記どちらかで、始められるものがいいですね。

言うまでもなく「うん十万円もする高額教材」は買う必要ありません。それらは、すべて「詐欺」です。

時間の切り売りはビミョー

要するに「アルバイトはNG」です。

たとえば「本業:契約社員の事務員、副業:居酒屋バイト」だとして、大きな相乗効果を生むかといわれたら、、、、ビミョーですね。

意識すべきは「資産性があるか」です。

  • 営業→営業力という「知的資産」が残る
  • 販売→販売力という「知的資産」が残る
  • プログラミング→技術力という「知的資産」が残る
  • Webデザイン→デザイン力という「知的資産」が残る
  • YouTube→動画編集力という「知的資産」が残る

上記のとおり。ポイントは「その労働が人生の選択肢を増やすキッカケになるか?」と「他社でも活かすことができるか?」です。

アルバイトは「あなたの1時間」を会社に提供し、その対価を得ます。これは正社員・契約社員の場合でも同じです。

「資産があなたに残るか?」を意識しないと、いつまでも「時間の切り売り」をする必要が出てきてしまいます。また、体力的にもシンドイので、掛け持ちすべきではありません。

その辺りは【結論】契約社員の「アルバイトの掛け持ち」はNG【1歩先しか見てない】でも詳しく解説しています。

「掛け持ちOKか」の確認方法

  • その①:雇用契約書を確認する
  • その②:会社にも確認しておく

この両方をやっておくのがベターかと。

これについては【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません【禁止する会社がオワコン】で書いてます。

補足:副業がバレる原因

  • その①:口が滑ってバレる
  • その②:SNSでバレる
  • その③:住民税でバレる

最初の2つは、口外しなければOK。

問題は、住民税についてです。「副業収入で年間20万円以上の収益」があると、確定申告をしなければいけません。しないと違法です。ただ、会社の給与天引きで支払ってると、金額に差異が発生してバレます。

解決策としては「特別徴収(会社天引き)から、普通徴収(自分支払い)」への切り替えがあります。

とはいえ、僕もそこまで詳しくないので、下記を参照ください。ちなみに、20万円未満でも「住民税の申告」は必須なので、そこも要注意ですm(_ _)m
参照:CARRY ME magazine『ダブルワークが住民税でバレる理由と注意点は?元税務課の公務員が解説!』

契約社員こそ「本業で成果を出すのが最優先」という話


副業する前に、まずは「本業にコミット」すべきです。

当たり前っちゃ、当たり前ですけどね。

本業にコミットすべき理由

  • 理由①:会社のリソースを使いまくれる
  • 理由②:失敗しつつスキルアップ可能
  • 理由③:近くに、教えてくれる人がいる

上記3つです。めちゃめちゃメリットです。

ぼくは現在、会社に属さないでライティング業をメインにやってます。ただ、個人でやってるからこそ「会社に所属して得られるメリット」をヒシヒシと感じます。

会社のリソースを使い放題で、失敗しても怒られるだけで「経験は残り、給与は払われ」ます。しかも、上司・先輩など身近に教えてくれる人もいるのは、最高です。

契約社員でもコミットすることで「資産」が残り、一緒に「信頼」もゲットできます。

正社員登用制度があり、ちゃんと機能してる会社であれば、正社員になれるかもしれません。正社員登用がなくても「スキル・経験・実績」があるので、転職でも有利になれます。

ってことで、本業にコミットしてまずは「成果」を出すのが重要です。

本業で、成果を出す方法

  • その①:勉強をし続けること
  • その②:副業で得た知見の還元

上記2つ。ポイントは「競合他社でも活かせる専門性・汎用性を意識すること」です。

今の会社でしか使わないシステムにめちゃ詳しくなっても、他社から評価されませんからね、、、( ; ; )

契約社員だったら尚更です。
自分の身を守るためにも「汎用性のあるスキル」を身につけるべし。

具体例:販売員時代のはなし

ぼくは販売員をしてましたが、SNS・自社ホームページを使って商品のPRをすることが多々ありました。

そこでライティングを学び「本業に活かせ他社でも応用できるスキル」をゲット。また、ライティングスキルは「文章の構築能力」でして、セールストークにも使えます。

結果として、副業で得たスキルを本業に還元し、本業×副業の相乗効果を発揮することができましたd( ̄  ̄)

なんだかんだで、健康第一です

今回はこれくらいにしますので、内容をまとめましょう。

  • その①:掛け持ちするなら、「本業×副業の相乗効果」を狙う
  • その②:時間の切り売り労働は、すべきではない
  • その③:「雇用契約書の確認」と「会社への確認」をする
  • その④:契約社員こそ、本業で成果を出すのが最優先
  • その⑤:成果を出すには「副業との相乗効果」を狙う

以上です。

追伸:健康を損なってまで、やらなくていい

最後ですが、本業が忙しいなら無理は禁物です。不健康になってまで、仕事を掛け持ちする必要はありません。

  • 睡眠時間は削らない
  • バランスの良い食事をする
  • 適度な運動を心がける

健康第一です。
まずは本業を頑張りつつ、副業しつつ、人生を豊かにしていきましょう(`_´)ゞ

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】