【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません【禁止する会社がオワコン】

Contract employee

  • 契約社員で副業ってできるの?何を確認すれば良いの?
  • 副業禁止でもバレない方法・バレたらどうなるか知りたい
  • ちなみに副業ってどんなのがあるかも知りたいな

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

契約社員は収入が低く、将来的な給与UPも見込みが薄いです。そのため、副業を始めてみたいという人は多いです、

  • 少しでも生活の足しにしたい
  • 将来のための貯蓄を増やしたい
  • 好きなことに使えるお金を得たい

こんな想いがあるのでしょう。

ぼくが販売員をしてた時にも『少しでも手取りを増やすため』と、副業をしてる同僚が何名かいました。

とはいえ「副業禁止」の会社も多い。
なので、そもそも契約社員は副業してもOKなのかと疑問に思う人もいるでしょう。

この記事の結論

令和でも未だに副業禁止の会社は、正社員・非正社員を問わず避けるべきと思う。また、契約社員で働くけど副業禁止の会社も避けるのがベター。まだ入社してないなら他社へ進むべきだし契約社員で働いてるなら転職を考えるべきかと。バレないようにやるんじゃなく、環境ごと変える方が低リスク。

上記のとおり。
正社員・契約社員を問わず、副業を禁止にしてる会社そのものを避けるべきだと、ぼくは考えています。

もし今の会社が副業禁止にしてるなら、社員を自社に縛り付けたい思惑がある可能性があります。

逆に副業OKのイケてる会社は「副業での成果や知見を、本業に還元してくれる有能人材」と捉える節があります。

よって、副業OKの会社にポジションを変えていくべきかと。

この記事の内容

  • 【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません
  • 副業禁止にしてる会社=オワコン
  • 副業OKな会社に鞍替えすべし

【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません


副業は法的には禁止されていません。

ただ、会社の就業規則に禁止と記載されてたらアウトです。

法的には禁止されてない

日本の法律で「この国に住むすべての国民は、本業以外に仕事をすることを禁じる」なんて記載はありません。

ただ、就業規則で「副業禁止」を定めている会社は別です。日本社会もいってしまえばピラミッド組織なので、次の構図が当てはまります。

会社員(=あなた)<会社(=あなたの上司)<(=上司の上司)

会社員のあなたは、言葉は悪いですが「末端の存在」です。

まず最初に従うべきは「国の法律(ルール)」ではなく「会社の就業規則(ルール)」になります。

上司に、まずは確認しよう

会社として認めてない場合でも、1度上司とコンタクトを取りましょう。それ相応の理由は必要かもですが、副業OKとなる可能性はあります。

ちなみに、申請時は”くだけた場”ではなく”正式な場”での申請を心がけましょう。

飲みの席とかだと冗談半分になるかもなので、、、(ー ー;)

よくある悩み:バレずに副業する方法は?

『バレないように副業したい…』と思うかもですが、、、結構リスキーです。

副業で年20万円以上の収益がある場合は、確定申告がマストです。確定申告をすると支払う住民税の金額が高くなり、会社からも疑われる可能性が大幅UPします。

しかし「確定申告しない=脱税行為」です。
重加算税というハードな課税があり、よりお金が出ていくハメに…。
参照:freee『副業の確定申告は絶対に必要?確定申告をしない基準、する基準とは』

結論、ハイリスクなので、副業禁止の会社でコソコソ副業するのはおすすめしません。

補足:手軽にできる副業

ポイントは「無駄にお金がかからないこと」です。

  • その①:アフィリエイトブログ
  • その②:クラウドソーシング
  • その③:せどり・不用品販売

すべて、初期費用0円で始められます。

アフィリエイトブログを本格スタートする場合は、もう少しだけ必要なこともあります。とはいえ、それでも1万円いかないくらいです。

※各副業については専門ではないでの、ググって調べてくださいm(._.)m

注意:やってはNGな副業

「初期費用がバカ高い」ものはNG。

  • 10万円の教材購入がマスト
  • 20万円のコンサル費用がマスト
  • 30万円の勉強会参加がマスト

こんな感じ。
世の中にこういったものはゴロゴロありますが、全部詐欺と思ってOK。

そもそも、初心者がすぐにサクッと簡単に稼げる副業はありません。

しかも副業の「初期費用がかからず手軽に始められる」という最大級のアドバンテージを、木っ端微塵に消し去ってしまいます、、、(´Д` )

出しせず、コツコツ地道にやるべきですね。

副業を禁止にしてる会社=オワコンです


そもそもですが、、、
副業禁止にしてる会社には、在籍すべきではありません。

副業禁止にする理由TOP3

企業が副業禁止にしている理由TOP3はこちら。

  • その①:長時間労働・過重労働を助長するから
  • その②:労働時間の管理・把握が困難だから
  • その③:情報漏えいのリスクがあるから

上記のとおり。ぶっちゃけ、納得感はあります。
参照:株式会社リクルート・キャリア『【訂正版】兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)』

確かに、ぼくも「本業+副業」をしてた時は、休日という概念が消滅したくらい忙しかった…笑

また本業での経験を活かして副業をする人は、情報漏えいのリスクがあるような気もします。しかし、調査結果について、ぼくは懐疑的です。

本当の理由→本業が疎かになることの防止

本当の理由は『本業が疎かになることへの懸念』があるからだと思ってます。

具体例:クラウドソーシング

先ほど、クラウドソーシングをおすすめ副業で紹介しました。

その多くは「クライアントワーク」でして、下記の制約が発生することもしばしばあります。

  • ガチガチに納期が決まっている
  • 一定の品質保証もしないといけない
  • 案件ひとつの稼ぎは大したことない
  • 複数案件を並行する人も多く、意外と大変

経験者として言えることは「案件により本業以上にハードワークになる可能性がある」ということ。つまり「本業への意識:副業への意識=5:5」になっても、おかしくないワケです。

企業は給与を払ってるわけで、本業にコミットし成果を出してもらわないと困ります。つまり『本業への意識を10にして欲しい!!』ということ。

そんな裏の意図があり、副業を禁止にしてるのかと思ってます。

補足:使うクラウドソーシングサイトは、2つだけ

上記2つ。
有名どころですし、両方使ってみてフィーリングが合う方を選べばOKです。

契約社員は不安定

終身雇用は崩壊し、正社員が絶対安定ではなくなりました。

しかし、契約社員が不安定なのも事実。
不況になったら真っ先にリストラ対象になってしまいます。

だからこそ自力で稼ぐ術を身につけ、もし切られても生活を守れるパワーを持っておくべきです。とはいえ、副業禁止に固執し変化できない会社は、その先の変化にも対応できない可能性は高い。

会社にしがみつくのは良いですが、しがみつき方を工夫する必要はあります。
参照:【簡単】20代で会社にしがみつく正しい方法【会社を上手に使うべし】

結論:副業OKな会社に転職すべき

ぼくからは『副業OKな会社に転職しよう』といった提案をしたいです。

正社員・契約社員などの雇用形態に関係なく”収入の柱”を複数持っておくのは、これからの時代マスト。

そのために複数の転職エージェントで相談しつつ、行動するのがオススメ。

ぶっちゃけ、転職エージェントは大手を使っておけば間違いありません。

案件数も多いので、副業OKを条件にして相談しましょう。

というわけで今回は以上です。
契約社員でも副業しつつ働けば、人生の安定性が増します。

会社にしがみつくだけでなく、自力で稼ぐ術を身につけましょう\(^o^)/

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】