【結論】仕事ができない契約社員も「クビ」にはなりません【不安はムダです】

働き方・あり方

  • 契約社員だけど、仕事ができなくてヤバイと思ってる
  • このままミスをしまくって、最終的にはクビになりそうで怖い
  • 「非正規社員」だから、いきなり解雇されるとかもあるのかな…

こんな悩みを解決する記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

契約社員なのに仕事ができないと、契約を解除される不安に駆られますよね。ぼくもミスが多い人間なので、常に頭の中には「クビになる不安」がありました。

この記事の結論

契約社員は仕事ができないくらいでは「解雇」されません。ただ「契約満了での退職」という、事実上のクビ宣告をされることはあります。雇い止めは合法でして仕方ない。とはいえ、まだ起こってないことに心を奪われるのもムダかなと思います。「じゃあどうするべきか」を考える方が生産的です。

上記のとおり。
クビにはなりませんが「次の契約更新はしない」という対応をされます。

危険は「クビ」だけじゃありません( ; ; )

この記事の内容

  • 【結論】仕事ができない契約社員も「クビ」にはなりません
  • 雇い止めは、違法なのか
  • 仕事ができないときに、考えるべきこと

【結論】仕事ができない契約社員も「クビ」にはなりません


正しくは「クビにはならないけど、契約更新はされない」ですね。

正社員はセーフ、契約社員はアウト

まず大前提として「仕事ができないこと」を理由に、クビにされることはありません。正社員・契約社員にかかわらず「不当解雇」になるからです。

とはいえ、契約社員の場合は「契約更新をしない」ことで、事実上の”解雇”ができます。

  • 契約満了による退職
  • 会社都合による退職

履歴書・職務経歴書では、上記どちらかになります。

しかし、契約更新をしないと告げられることは、契約社員にとっては「死刑宣告」を受けるのと同じ。契約社員は、会社によって人員整理のターゲットにされやすく、何かと理由をつけて「契約満了による退職」にされてしまいます。

その点は、まず覚悟しておくべきです。

補足:契約更新をストップされる前兆とは

  • その①:会社の業績が悪くなってる
  • その②:社内の人間関係が悪化した
  • その③:業務レベルに追いつけてない

上記3つ。
本記事では「その③:業務レベルに追いつけてない」が該当しますね。

「その①:会社の業績が悪くなってる」はコントロール不可能ですが、ほか2つはコントロール可能なことです。本人の努力次第ですので、頑張りましょう。

雇い止めは、合法なのか

雇い止めをすること自体は、合法です。
厚生労働省も「雇い止め」に関する基準を設けていまして、下記のとおりです。

  • 契約更新時は、更新の有無を記載する
  • 更新の判断基準を明確にする
  • 雇い止めの理由を明示する
  • 契約更新を期待することは言わない
  • 通告は30日前までにする

ちなみに「通告は30日前までにする」については[契約更新を3回以上してる]もしくは[1年以上の雇用継続]という条件付き。ややこしいかもですね。

とはいえ、こういった法律は自分の身を守るための情報として覚えておきましょう。身を守るために必要なのは、何ごとも「正しい情報があるかどうか」です。

「雇用契約書」を確認しよう

雇用契約書に書かれていることが、あなたの命運を分けます。

たとえば「能力不足(=仕事ができない)ことを理由に、契約を更新しない可能性がある」と書かれている場合、それは「契約への同意」を示します。

つまり、契約内容を認めてしまっている(そんな契約をしてくる会社もどうかとは思いますが…笑)ため、雇い止めされても文句はいえません。

このあたりは契約社員が「更新しない」と言われるワケ【能力不足だけじゃない / 雇用契約書がミソ】でも書きました。

本音:起こってないことを不安に思うのはムダ

ここまで色々と書きました。
ただ、正直なことをいうと『未来のまだ起こってもないことに心を奪われすぎるのも、どうかな〜』と感じます。

とある研究では「心配ごと・不安の96%は実際に起こらない」との結果も出ています。もうちょい楽観的になるのも、必要かも。
参照:DIAMOND ONLINE『心配事・不安の96%は実際には起こらない。考えないのが一番』

経験談:ミス多めでも、契約更新された

ぼくはどちらかというと、要領が悪くミスが多いタイプです。なので、販売員として働いていたときも、ミスを連発していました。

  • ミス①:お客様のクレカ決済額をミスって、謝罪した
  • ミス②:誤発注をしてしまい、10万円の損害を出した
  • ミス③:一部商品をダメにし、2万円の損害を出した

他にも細々としたミスを連発しました。しかし、まさかの問題なく契約更新。不安に思っていたことが無意味でした。

日々の仕事をしっかり真面目に頑張っていれば、ある程度のミスなどは許容されます。メンタル不調になったりすると厳しいかもですが(実際、同僚のひとりはそれが原因で更新ストップされてました)、もう少し気楽にいってもOKだと思いますよ。

ってことで、記事前半はおわり。
記事後半では「仕事ができないと感じた時に、考えること」を書いていきます。

仕事ができないときに、考えるべきこと


結論、環境を変えることですね。

環境によって、定義が異なる

仕事ができないのを悩む人は多いです。
ただ、その原因は「職場で求められる性質」と「あなた自身の性質」のミスマッチにあります。

たとえば「ミスが許されない職場」に「スピーディに仕事はできるけど、細かいミスが多い人」がいたら、その人は仕事ができない認定をされるでしょう。

あなたの性質があってる職場にいけば、おそらく「仕事ができる人間」になります。

経験談:仕事ができると勘違いしてた

ぼくは大学時代の4年間、スーパーでバイトをしてました。スーパーでの仕事は、ぼくの性質にあっていたのか問題なくこなせて『自分は仕事ができる( ^ω^ )』と勘違い。

そして販売員になり、先ほど書いたようなミスを連発。ぼくは「スピーディに仕事はできるけど、細かいミスが多い人」でして、求められる性質が違ってくると、途端に「仕事ができない人間」になりました。

ってことで、今の職場で仕事ができなくて悩んでいるのなら、転職(=環境を変える)もひとつの手段でしょう。

自主退職のやり方

ぶっちゃけ、正社員と変わりません。

  • まずは直属の上司に相談
  • 少なくとも1ヶ月前までに伝える

この2点。
ただ1つだけ違いがありまして、契約社員の自主退職は「1年以上は働いてること」が条件になります。それ以下だと、会社側とちょい揉めるかもしれません。

よくある疑問:『職歴としては大丈夫なのか』

大丈夫です。
契約社員の経歴も、立派な「職歴」になります。
»【真実】「契約社員は職歴にならない」は間違いです【書類作成テクも解説】

契約社員は「賞味期限つきの労働」と思おう

今回はこれくらいにします。

契約社員は「賞味期限付の労働」です。
世の中の「非正規社員にたいしての考え方」は、徐々に変わってきていはいます。しかしまだまだ不安定な身分であることも事実。いつまでも今の生活を続けられるという幻想は捨てましょう。

  • 正社員への転職を目指す
  • 副業をして「稼ぐ力」を自主的につける

会社は、いざという時にスパッと切ってきます。上記のようなアクションをとって、自分の身を守りましょう。

では、以上です。
関連記事を貼っておくので、ご参照くださいませm(_ _)m

契約社員が切られる前兆について

契約社員の副業・ダブルワークについて

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】