面接において「正社員と契約社員の違い」はない【経験ベースで語る】

契約社員への選考対策

  • 面接での「正社員と契約社員の違い」を知りたい
  • 準備すべきこと、コツやポイントもってあるの?
  • 契約社員の面接の経験談も、合わせて聞きたい

こんな悩みを解決する記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

正社員と契約社員との違いは”あいまい”なことが多く、法的にも明確な区分はされてません。そうなると、採用面接でどんなことを聞かれるのか、気になりますよね。

本記事では、ぼくの契約社員の面接経験をベースに、面接の実情を書いていきますねm(_ _)m

この記事の結論

面接における「正社員と契約社員の違い」は存在しません。理由は、企業にとってどちらも「イチ社員」に変わりはなく、面接内容を大きく変える必要性がないから。完全なる経験則ですが、間違ってないはずです。別に採用難易度がイージーでもありませんし、舐めてると普通に「不採用」になりますよ。

上記のとおりで、明確な違いはありません。

それよりも、舐め腐って1ミリも準備せずに挑んだところで、フツーに不採用になるだけですよ。

この記事の内容

  • 面接において「正社員と契約社員の違い」は存在しない
  • 面接でのポイント・準備すべきこと【経験ベースで語る】
  • 契約社員の面接で聞かれること【おそらく、未来が大事】

面接での「正社員と契約社員の違い」はない


くり返しですが、違いはありません。

理由:「イチ社員」に変わりはないから

正社員も契約社員も、企業にとって「採用コスト・退職するリスクを抱えている一社員」であることに、変わりありません。

大きな違いは「無期雇用か、有期雇用か」くらいで、業務内容・責任範囲などが同じなことも、往々にしてあります。

なので、面接内容を大きく変える必要性がなく、また質問の内容も大差ありません。契約社員の面接でも、自己PR・志望動機のほかに、質問から派生してさらに質問をされていきます。

結論:大きな違いはない

長々と書きました。
結論としては「面接における、正社員と契約社員の違いはない」になります。

シンプルな面接対策をすればOKです。

面接で聞かれたことなどは、記事後半で書きますね。

注意:企業により、扱いは異なる

しかし、企業によっては契約社員の扱いにバラツキがあるのも事実です。

  • 正社員並みの仕事をする企業
  • 正社員の、補助役として働く企業
  • アルバイトと変わらない仕事をする企業

上記のとおり。とはいえ、ぶっちゃけ「入社しないと分からない」というのが本音です。

面接前に、しておくこと

結論は「自主性の根拠づくり」でして、作っておくことで信用度が高まります。

ぼくであれば、販売員になるときに「せどり」を事前にやり、そこで感じたこと・学んだことを深掘りしました。その「せどり経験」で自走できることアピールすると言いますか、面接官に「入社後の仕事をする姿」をクリアに想像させることが狙いです。

経験のある仕事なら「会社でどう考えて・どう行動し・どんな成果を出したか」と、1つのストーリーを作っておくと採用担当にも、納得感があるかと。

資格取得もOK

実務経験がない仕事や、未経験の仕事への転職であれば、勉強してる姿勢を伝えるのも効果的です。それも、自主性のアピールになります。

それと、専門性のない仕事でも、たとえば「業界の将来像」などを語れるようになると良いかも。データにもとづいた主張であれば、説得力もあります。

補足:採用難易度はイージーではない

他サイトを眺めてると『契約社員の面接は簡単!』といった情報があります。とはいえ、経験した身からすれば、すべてが”戯言”です。

多分、ライティングした人は業務委託などで雇われた「契約社員になったことがない人」でしょう。

くり返しですが「正社員と契約社員の面接での違い」は、原則ありません。それは採用難易度も同じ。舐めてかかってると、フツーに落ちます。

面接でのポイント・準備すべきこと【経験ベースで語る】


「入社後の活躍イメージを想像させること」がポイント。

もちろん、志望動機・自己PRは大事です。とはいえ、それより”イメージさせることへの重要性”を感じた経験がありますので、ここからは「働いてる未来像を想像させること」について書きます。

経験談:ぼくが実際にやったこと

下記2つへの「自分なりの答え」を用意して面接に臨みました。

  • その①:目指す業界・業種の課題について
  • その②:その課題を解決する方法について

上記のとおり。

そして、具体的に3つの課題を設定しました。

  • その①:ECサイトの売上が増加、店舗での売上減少
  • その②:販売員はいらないマインドのお客様は多い
  • その③:テキトー販売員の”接客の悪さ”が原因か

上記のとおりですね。

そして最後に、その解決策として下記2つを設定しました。

  • 解決案①:「目的買い」ではなく「フラットな目線で楽しめる環境」にする
  • 解決案②:「スタッフ=感動体験を提供できるプロ」となるように意識する

課題や解決策は、そこまでハッキリしてなくてもOKです。あくまでも狙いは「入社後の活躍するイメージを湧かせるため」でして、オリジナリティがあれば問題なしd( ̄  ̄)

つまり、自主性が大事になる

ここまでの内容を要約すると「自分のアタマで考えること(=自主性)が大事」ということになります。

企業は「指示待ち人間」がほしいとは思ってません。あくまでも「指示に従う素直さがある+自分で考えてくれる人」がほしい。

そこで大事なのが、自主性アピールです。

少々めんどいかもですが、これくらいまで考えておくと、いざ聞かれた時に『この人は、ほかと違う!』と思われるかもしれませんよ。

契約社員の面接で、聞かれること【おそらく、未来が大事】

  • 志望動機・自己PR
  • 前職を退職した理由
  • 自分の強み・弱み
  • 業界の未来予想について
  • IT化やAIが、どう影響するか

上記のとおり。
ざっくりまとめると「あなた自身について」と「業界・業種の展望について」になりますね。

要するに「過去と未来」でして、未来の方が重要性が高い傾向はあります。

あなた自身について

従業員の人間性・価値観は、会社にとってかなり大事。というのも、社員定着に必須なのは「カルチャーフィット(=価値観のマッチング)」だからです。

その点は、リンクトイン日本法人社長の村上臣さんの著書にあります。これからの働き方について考察されてますので、転職を考えてる人は一度読んでおくと良いですよ。

業界・業種の展望について

あくまで経験則ですが、展望について質問で「その仕事への熱意」を見ている感じがしました。

言われてみれば、熱意ゼロな人を採用しても、企業へのメリットがないのは明白。しかも、すぐに辞める可能性があることも否めません。

展望への質問にしっかり答えられたら、採用される大チャンスかも\(^o^)/

おわりに:契約社員の面接も、油断大敵です

今回はこれくらいにしますので、最後にまとめておきましょう。

  • その①:面接での「正社員と契約社員の違い」はない
  • その②:自主性について”アピールポイント”を作っておく
  • その③:入社後の活躍イメージを想像させること」がポイント

面接に関する記事も、貼っておきます。
油断大敵ですので、ちゃんと準備して臨みましょう。

面接に落ちる人の特徴について

面接の難易度について

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】