デジタルファッションが買えるおすすめNFTマーケットプレイス【厳選3つ+α】

DIGITAL FASHION NFT

        

悩む人「デジタルファッションを買いたい!おすすめのNFTマーケットを知りたいな。使い方も合わせて教えてください。」

こんな疑問を解決します。

この記事の内容

  • デジタルファッションが買えるおすすめNFTマーケットプレイス【厳選3つ+α】
  • NFTファッションを今から買うべき理由

NFTファッションを買えるNFTマーケットプレイスの情報は、日本語で出ていません。

ぼくはデジタルファッションに没頭しており、日頃から英語でググりまくっています。おそらく日本では1番早く情報をまとめていますので、ぜひご覧くださいm(__)m

デジタルファッションが買えるおすすめNFTマーケットプレイス【厳選3つ+α】

  • DIGITALAX
  • THE DEMATERIALIZED
  • DRESSX

これら3つ。
どれも海外のマーケットプレイスとなります。

DIGITALAX


おそらく、現状では世界最大級のデジタルファッションプラットフォーム兼NFTマーケットプレイス。

企業が運営するものではなく、DAO(=「Decentralized Autonomous Organization」の略で、自律分散型組織という意味)であることが最大の特徴です。
»DIGITALAXの公式サイト

次の画像をご覧ください。

左側にある「DIGITALAX DAO」がありますが、こういった世界観を目指しているようです。

DIGITALAX のヴィジョン

少しながいですが、引用します。

Our vision is to enable the development of new digital economies of scale that empower true digital self expression. In order to achieve meaningful success, it requires us to focus directly on building up the infrastructure for the growth and maturation of the digital fashion industry. We are empowering a sustainable trinity of continuous, creative, and value generating interplay between Fashion Designers, Game Developers and Player-Creators.

私たちのビジョンは、真のデジタル自己表現に力を与える、新しいデジタル規模の経済の開発を可能にすることです。意義ある成功を収めるためには、デジタルファッション業界の成長と成熟のためのインフラ構築に直接的に注力することが必要です。私たちは、ファッションデザイナー、ゲーム開発者、プレイヤー=クリエイターの間で、継続的かつ創造的で、価値を生み出す三位一体の関係を構築していきます。

こういったヴィジョンですね。
なお原文はDIGITALAXのホワイトペーパーで読めます。

要するに「第三者を介して不当な搾取をされることなく、継続的にデジタルファッション業界を盛り上げる」といった感じ。

DIGITALAXでできること

  • フィジカルファッションの購入
  • デジタルファッションの購入・二次流通
  • デジタルファッションのステーキング(=貸出)

これらになります。

特徴的なのは現実世界のファッションも売っていること。”Web3.0時代のフィジカルファッション”として、Tシャツやパーカーが売られていました。

購入方法

  • 手順①:公式サイトにアクセス
  • 手順②:マーケットプレイス画面にいく
  • 手順③:DIGITALAXにウォレットをつなぐ
  • 手順④:ID・メルアドを登録し「署名」する
  • 手順⑤:デジタルファッションを買ってみる

こういった手順です。

なお、詳細については別記事で解説していこうと思います。後日アップするのでお待ちくださいm(__)m

THE DEMATERIALIZED


さまざまなデジタルファッションハウスのアイテムを購入できるのが、THE DEMATERIALIZEDです。

そして最大の特徴が「クレカでNFTファッションが買える」ということ。ガチ初心者にとっては嬉しい限りです。
»THE DEMATERIALIZEDの公式サイト

THE DEMATERIALIZEDのヴィジョン

少しながいですが、引用します。

Our purpose is to converge and nurture the emerging digital fashion ecosystem providing viable new revenue streams and visceral experiences with a Web3 marketplace for authenticated virtual goods.

私たちの目的は、認証されたバーチャルグッズのためのWeb3マーケットプレイスで、実行可能な新しい収入源と直感的な体験を提供する、新興のデジタルファッションのエコシステムを融合し育成することです。

こういったヴィジョンですね。
原文は公式サイトのaboutページで読めます。

THE DEMATERIALIZEDでできること

  • NFTファッションの売買
  • NFTファッションの勉強

これら2つのことができます。

DIGITALAXと比べると「なんか物足りない…?」と思うかもしれません。とはいえ、NFTマーケットプレイスを使うにあたって必要な機能は揃っているので、気にする必要はなし。

サイトデザインはシンプルで操作性もよく、ガチ初心者でも使いやすいサイト設計をしています。なので『NFTファッションを買ってみたいけど、よく分からない…』という人にこそオススメです。

はじめ方

まずは「Profile→Your e-mail」からメルアドを登録して、アカウント開設をします。

メールが届くので、そのまま「LOGIN」をクリック。

下記のようなページが出たら成功です!

購入方法

では次にNFTファッションを買ってみましょう。

なんと素晴しいことに、THE DEMATERIALIZEDでは「クレカ決済」ができます。NFT初心者でも安心ですね!

よくある質問コーナーでも「ウォレットは必要なし」とあります。

NFTを買うには、大抵のケースで”仮想通貨”が必要でして「取引所でのETH購入」や「ウォレットの接続」など、ちょい難しいことをしなくてはいけません。

しかしTHE DEMATERIALIZEDは欲しいと思ったものをクレカで即購入できます٩( ᐛ )و
»THE DEMATERIALIZEDの公式サイト

まず画面右上にある「SHOP」をクリック。
そのまま「Creater」からリサーチして買うもよし、テキトーに眺めて欲しいものを物色するもよしです。

ちなみに上記のように”RTFKT”や”The Fabricant”など、NFTファッション界隈では超有名ブランドも取り扱っています。

購入の際は「Own Now」をクリックし、支払い方法を選択すればOK。

ちなみに、商品ページには「ASSET」と「STORY」が記載されています。意味としては次のとおり。

  • ASSET…アイテムの特徴
  • STORY…アイテムの説明

背景を知った上で購入ができるのは、既存のフィジカルファッションとの共通点ではないでしょうか?

余談ですが、ぼくはこちらの白スニーカーが気になっています、、、素直にかっこいいと思ったので( ´ ▽ ` )笑

ただなぜか「支払いができない状況」が続いていまして、改善したらその旨を記事に書きます。

DRESSX


デジタルファッション業界において、最もメジャーなのがDRESSXです。

DRESSXについては【保存版】ドレスX(DRESSX)の概要・将来性とは【大注目】にて、始め方なども合わせて解説しています。

補足:Replicantも要注目


なおReplicantというNFTマーケットプレイスも注目度が高めです。

ぶっちゃけ、機能的にはDRESSXなどと差はありません。他と同じように、様々なデザイナーが作ったデジタルファッションを売買・転売することができます。

個人的に面白いと思ったのは「アバターを使って試着ができる」ということ。こちらのツイートをご覧ください。


やり方は次のとおり。

  • 手順①:サイトにアクセス
  • 手順②:Create Avatarをクリック
  • 手順③:ベースアバターを選択する
  • 手順④:着せたいデジタルファッションを着せる

こんな感じ。
これってじつは未来の試着の仕方でして、ぼくも以前にの記事で書いた内容そのままだったんですね。

このサービスを触っていて「自分に姿形そっくりなアバターにデジタルファッションをPC上で試着させて、ネットで買う」みたいな未来がやってくることは確信しました。

何年後になるかは不明ですが、実現することは間違いありません。
»Replicant公式サイト

NFTファッションを今から買うべき理由


結論は「先行者優位をとるため」ですね。

ぶっちゃけ、グローバルに見てもNFTファッション保有者は少ない。なので今のうちから、コツコツNFTファッションを買っておくといいことがある…かもしれません。

なぜ、先行者優位を取るべきか

早めの行動がbetterだからです。

理由:”給付金”がある、、、かも

仮想通貨系のサービスでは、サービスを利用しているユーザー向けに「クリプト給付金」があります。

「クリプト給付金」とは、エアドロップというトークン配布イベントに参加して”新規トークン”を無料でゲットし、値上がりを待つ方法のこと。つまり「サービスユーザーに謝礼金を送付する」みたいなイメージです。

そしてトークンは誰でも作ることができます。いわゆる「独自トークン」です。

例えば『digitalaxが独自トークンを発行→そのトークンをエアドロップ→その後に値上がりして爆益獲得』みたいなことも、充分ありえます。そして「独自トークン保有者限定のセール」や「限定アイテムのドロップ」とかもあるかもしれません。

  • 実際にデジタルファッションを買う
  • マーケットプレイスを利用しておく
  • 二次流通をして肌感覚を養っておく

こういったことを早い段階でやっておくと、そのうち得するかもしれない。なので「NFTファッションは今から買うべき」だと思っています。

※クリプト給付金についてはイケハヤさんのVoicy放送がとても分かりやすいので、ご参照くださいm(__)m

チャンスの神様は、すぐに去る

これでおわりですが、最後に少しだけ。

2021年末、スニーカーブランドadidasが「BAYC」や「PUNKS cosmics」とコラボしたNFTを販売し、約3万枚の NFTが即完売。一大ニュースとなりました。
»ニュースはこちら

そして「約3万枚のNFTの行き先」は次のとおり。

  • 約2万点…BAYCなどのホルダー用
  • 約1万点…一般ピープルへの販売用

ご覧のとおり。
つまり3分の2が「先行者たち」の手に優先的に販売された、ということになります。

このことから僕は「結局のところ、インセンティブを受けるのは早い人たちなんだな」と感じました。

伝えたいこと:早めに行動しよう

インセンティブを受けられる”かもしれない”ので、早めに動いておいて損はしないはずです。

動いてもミスるかもですが、動かなければ得られるものもありません。

ここまで読んでも90%以上の人は動かないでしょうが、NFTファッションは1万円ほどで買えるモノも多い。なので試しにポチってみるのをオススメします。NFTを買うと”世界の見え方”が変わり、ポチることで自分の価値観も変わるかと。

では、今回は以上です。

次の行動のヒント