【悲報】契約社員は受かりやすいわけじゃないし「滑り止め」にもならない

Contract employee

  • 転職活動うまくいかず、妥協で「契約社員」になるか迷ってる
  • 契約社員なら、簡単になれると考えてる
  • 契約社員を募集してる求人に「滑り止め感覚」で受けようと思ってる

こんな人に向けての記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。新卒で入社した会社を4ヶ月で退職し、その後、契約社員の販売員に転職しました。

当時のぼくは、契約社員への転職をナメ腐ってました。あなたも「契約社員にならカンタンになれるかも…?」と思っているのでしょう。

転職活動がうまくいかないと、妥協したくなる気持ちも分かります。

とはいえ、最終目標が「正社員になること」なら、それは全くの無意味。やるだけ、人生の大切な時間を棒にふる可能性は、大いにあります。

この記事の結論

・契約社員などの「非正規雇用」
・未経験でも転職しやすい業界・業種
転職の理由が『受かりやすそうだから』と妥協するのは、後悔します。妥協をしてる時点で、自分のキャリアを真剣に考えてない証拠。自戒の意味も込めて、昔の自分に向けてのツイートです。

上記のツイートの通り。
妥協して契約社員になると、将来的に後悔します。

しかも、選考レベルも正社員のものと変わりありません。

この記事の内容

  • 【悲報】契約社員は受かりやすいわけじゃないし「滑り止め」にもならない
  • 契約社員への選考過程でのポイント
  • 契約社員でも「本気じゃない奴」は落とされます

【悲報】契約社員は受かりやすいわけじゃないし「滑り止め」にもならない


高校や大学の入試と同じような感覚で、「この会社は滑り止め」というマインドでいるのはやめておきましょう。

求められるレベルは、正社員と同レベル

ぶっちゃけ、正社員への転職と変わりません。

業界・業種による難易度の上下はあると思いますが、、、同業界・同業種で「採用レベルが全く異なる」というのは考えられません。

具体例:ぼくが転職のときに準備したこと

契約社員の販売員に転職をしたボクですが、事前準備は入念に行いました。

  • 準備①:業界・業種・企業のリサーチ
  • 準備②:志望動機の作り込み・ブラッシュアップ

準備①:業界・業種・企業のリサーチでは「業界・業種の抱える課題と解決策」まで落としこみ、担当者の心をグイッと掴めるくらいのレベルまで練り上げました。

準備②:志望動機の作り込み・ブラッシュアップは練り上げたものをもとに「経験から何を学び、それをどう会社で活かすのか?」という視点で作りました。

あなたはパーフェクトな準備を、契約社員を募集している企業でもやっていますか?

契約社員であっても「社員」です。
あなたから情熱を感じられなければ、企業はあなたを採用したいとは思いません。

【真実】滑り止めの企業とか、存在しない

高校や大学の入試であれば「回答用紙にある問題を解いて、基準の点数以上をとれば合格」みたいな方式ですよね。

でも、企業への採用選考はまったく違います。
ぶっちゃけ、「滑り止めの企業」という概念は存在しません。

むしろ「ここは滑り止めの企業だから」と態度・言動に出ていたら、滑り止めの企業からも滑り落ちます。

補足:契約社員にすら受からない人の特徴

  • 特徴①:マナー・服装がダメ
  • 特徴②:企業ニーズを理解してない
  • 特徴③:志望動機がペラペラ

主に上記3つですね。
基本なんですが、、、意外とできてない人は多い。

特徴①は、マナー本などを読めば解決できます。
特徴②と特徴③については詳細記事を貼っておきますので、ご参照くださいm(_ _)m

「特徴②:企業ニーズを理解してない」への対策

あなたが契約社員の面接に落ちる3つの理由【最大の原因は「慢心」です】

「特徴③:志望動機がペラペラ」への対策

【簡単】転職で志望動機が思いつかない時の思考法【企業のホンネを見抜く】

【経験談あり】契約社員への選考過程でのポイント

  • ポイント①:自己PR・志望動機を作り込む
  • ポイント②:「熱量」を見せる
  • ポイント③:未経験OKでも「自分で学ぶ姿勢」を示す

正社員への転職と、なんら変わりはありません。

ポイント①:志望動機・自己PRを作り込む

  • 手順①:「業界・業種・企業のリサーチ」を行う
  • 手順②:自分なりに課題と解決方法を考える

先述した2つの準備をしっかりやれば、「志望動機」も「自己PR」もできあがります。

ポイント②:「熱量」を見せる

ぶっちゃけ、その仕事や会社に対しての「熱量」が示すことが、採用に直結します。

熱意を示す方法も、「業界・業種・企業へのリサーチ」を通した課題発見・解決方法の提示で示せます。

※「業界・業種・企業のリサーチ」と「熱量の示し方」については、下記記事に詳しくまとまっています。

ポイント③:未経験OKでも「独学してる姿勢」を示す

ぶっちゃけ、未経験の場合は「自分で学んでいる姿勢を示す」と採用担当者への印象もアップします。

  • 方法①:独学で専門知識・スキルを勉強する
  • 方法②:自分の事業を作る

上記2つを言い換えると、次のようになります。

  • 方法①:「自主的に学ぶ姿勢」のアピール
  • 方法②:「自分でビジネスを作る姿勢」のアピール

「自分で考えて動ける人」はポイントが高くなる傾向があります。アピールすることがない人は、アピールすることを作りだしましょう。

おわりに:妥協した瞬間に、人生オワコンです

今回はこれで以上になりますが、最後に契約社員への転職を経験したボクからのメッセージです。

契約社員でも「本気じゃない人」は落とされ、妥協した瞬間に人生オワコンです。

契約社員の求人を「滑り止め感覚」で受けても、ハッキリいって落ちます。

また、妥協して「契約社員なら受かるかもだし、受けてみよう」というマインドでは、将来的に後悔しますよ。

最終的になりたいのは「正社員」であって「契約社員」ではないはず。【嘘も多い】契約社員から正社員登用は、狙うべきではない【人を集める甘いミツかも】で解説してますが、正社員登用に期待しすぎるのは得策ではありません。

そうであるなら、求人をゲットする情報源を増やして、契約社員で募集してた企業と同業界・同業種での正社求人を探しましょう。

情報ソースは無限大にあります

  • ソース①:転職サイト・転職エージェント
  • ソース②:ダイレクトリクルーティング
  • ソース③:SNSやマッチングサービス
  • ソース④:企業HPからの直接応募
  • ソース⑤:友人・知人からの紹介(リファーラル採用)

上記の通り。

ソース①:転職サイト・転職エージェントをメインに使う人もいいですが、企業と直接つながる「ダイレクトリクルーティング」も合せて使いましょう。

  • Green…IT分野の企業がメイン。SaaS事業会社など最先端企業からの連絡がよくくる。
  • Wantedly…「この先やってみたいこと」を登録すると、「その考えが企業理念に合うかどうか」という判断軸で企業からスカウトがくる。
  • キャリトレ…AIが自動でレコメンド求人を毎日紹介してくれるほか、企業からの直接スカウトもあります。20代がメイン。

上記サイトが使いやすくてオススメです。では、以上になります。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】