仕事辞めてもなんとかなるし、負け組でもない【グレーゾーンを受け入れよう】

Job change

  • 仕事辞めてもなんとかなると思えない
  • ニートになったらもう元には戻れない
  • 退職したあとが不安で行動できない

こんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

次を決めずに会社をやめることは、勇気が必要なことですよね。

いきなり収入源が消えたら生活もできないですし、”世間のレール”から落ちたら戻ってこれないかもと心配になってしまうものです。

この記事の結論

「仕事辞めてもなんとかなる」なんて巷で噂になってますが、ホントです。最低でも貯金50万円くらいまで貯めておけば全然クリアできる。一定期間ニートしても死なないし、逆に自分を見つめ直すキッカケにもなる。その内にやる気も湧き上がるので、時を見て行動に移せばOKですよ。

上記のとおりで、本当にツライなら一旦ドロップアウトしましょう。

仕事をやめても何とかなるので大丈夫です。

この記事の内容

  • 仕事辞めてもなんとかなるし、負け組でもない
  • 退職後に考えること【グレーゾーンを受け入れよう】
  • 心が軽くなるオススメ本3冊

仕事辞めてもなんとかなるし、負け組でもない


何とかなりますし、死なないので大丈夫です。

考えること:会社からのリターンは合ってるか

あなたが会社を辞めることに、イチバン恐怖を感じてるのは「収入源がなくなること」ですよね。

気持ちはわかります。お金がないとメンタル不調になり、自由に遊ぶこともできません。にも関わらず、税金はバッチリ徴収されます。

『生きてるだけで金がいる』と友人が嘆いてました。的を射た言葉だと感じてます。

質問:お金は何と引き換えにゲットしてる?

では、あなたが一生懸命に会社で働いてゲットしてるお金は、何と交換されてるでしょう?

答えは「あなたの時間」です。
サラリーマンは「時間」を会社にGIVEして、会社から「給料・経験値」をTAKEしてます。

では、追加の質問。あなたがGIVEした「時間」に対して、会社がTAKEする「給料・経験値」は、正当なものでしょうか?

ぶっちゃけ、お金はあとから取り戻せます。

とはいえ「時間」は不可能。時間だけ吸い取られて、給料は低く経験も積めないなら、サクッと退職すべきです。

悩んで動かず無駄にした時間こそ、人生スパンでの”損失”です。会社からのリターンが低いと思うなら去り時かも。

仕事を辞めて無職になっても負け組じゃない

一旦レールから降りて無職になったら負け組。人生オワコンだよ…

こう考える人もいるかもですが、ぼくは違う考えです。

そもそも人生における「勝ち組・負け組」って、どこの誰が決めてるんですかね?目に見えない虚像に、怖がりすぎです。

例:人生の勝ち組の定義→「年収」

上記のように仮定して、考えてみましょう。

年収1,000万円になると、日本では上位5%のレイヤーになります。「人生の勝ち組」に思えますね。

とはいえ、上には上がいるのが世の中で、残酷な現実です。

  • 年収¥1,000を稼ぐ→年収¥1,500に「負けてる」
  • 年収¥1,500を稼ぐ→年収¥2,000に「負けてる」
  • 年収¥2,000を稼ぐ→年収¥2,500に「負けてる」

どこまでいっても、誰にも勝てません。
上を見続けて全力疾走をキープしても、敗者のまま走り続けるだけです。

つまり、ものごとを「白か黒か」の二元論で考えてしまうのは、視野が狭い思考になります。余白がゼロです。

何事にも”グレーゾーン”はあるので、諦めて受け入れてしまうと、気持ちも楽になりますよ。

退職後に考えること【グレーゾーンを受け入れよう】

  • その①:ニートで過ごしてみる
  • その②:「自分」を見つめ直す
  • その③:非正規で働いてみる

上記3つ。
いきなり転職活動とかしても、また同じ過ちを繰り返すだけです。

人生100年あるので、数年間のグレーゾーンがあっても誤差になるかと。

その①:ニートで過ごしてみる

  • 毎日のように激務で疲弊
  • 家に帰っても寝て飯を食うだけ
  • 休みの日はダラダラ寝続けて終わる

こんなサラリーマン生活を送っていた人なら、一旦ニートになってみて「自由を謳歌する期間」を作ってみといいですよ。

ヒマでお金もないので、時間を「自分のためだけ」にフル活用します。

  • 本をしこたま読み散らかす
  • 行ったことない道を散歩する
  • 興味のあった分野の勉強をする

働き続けると「余白」がなくなることは多々あります。「余白」がないと、仕事以外のことにハマるることが不可能です。

”貧乏ヒマなし”なんて言葉もありますが、その通り。

①金がない→②働きまくる→③学ぶ時間なし→④金を生む他の方法がわからない→⑤金がない…の無限ループ

「余白」がありません。
なので、「余白」を意図的に作るようなマインドでいることも大事かと。

その②:自分を見つめ直す

ニートに関連してきますが、「余白」があるとヒマが生まれます。その時間を使って、自分を見つめ直す期間にしてみるのもありですよ。

自分を見つめ直す=自分はどうありたいか?=あなたの価値観の発掘

上記のとおり。
あなた自身の価値観・マインドを明確にするといいことが多いです。

これからの生き方についてや、転職活動をスタートするときに役立ちます。

具体的な方法

個人的にオススメなのは、ノートに書きまくる方法です。

「思考する=言語化する」でして、頭の中だけで考えるのは”考えてるフリ”をしてるだけ。

頭の中のモヤモヤを文字に起こし可視化することで、初めて思考が前に進みます。

その③:非正規で働いてみる

  • 一人暮らしをしてる
  • 貯金もほぼゼロ
  • でも会社辞めたい

そんな場合は、食いつなぐための非正規労働はありかな〜と思います。

お金がないことは、メンタルに悪影響です。週3〜4くらいで入りつつ、次を考えていくのがベターかと。

絶対の正解はないので、鵜呑みにはしないでくださいね。

補足;心が軽くなるオススメ本3冊

  • 図書①:90万円で東京ハッピーライフ
  • 図書②:あやうく一生懸命生きるところだった
  • 図書③:しないことリスト

上記3冊です。

図書①:90万円で東京ハッピーライフ

図書②:あやうく一生懸命生きるところだった

図書③:しないことリスト

順不同で、どれもがオススメの本。

すべて、内容的には「人と比べず、自分が心地いいと思うありかたを追求する」という信念と、生き方を考えさせられる本です。

今回はこれで以上になります。

仕事をやめたいけど不安しかない。でも、このまま仕事を続けたくもない…( ; ; )

こんなパラドックスに陥ってるなら、一旦レールを降りてみてもいいかもしれません。

将来のことは誰にも分かりませんし、正社員であること自体が「オワコン」になる可能性も否定できません。

まずは「自分がどうありたいか?」という価値観をハッキリさせて、慌てずに生きていきましょう。


人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】