【残念】契約社員の書類選考は、普通に落ちる【カスタマイズが命】

契約社員への選考対策

  • 契約社員の求人に応募するけど、書類選考が不安…
  • そもそも、正社員のそれよりも、難易度は低いよね?
  • ぶっちゃけ、特に何も考えずに応募しようとしてる

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

この記事の結論

契約社員の書類選考は、油断してると普通に落ちます。重要なのは「企業にとって魅力ある書類かどうか」です。たとえば資格・経歴を羅列したところで読んでもらえず、不採用まっしぐらです。企業がどんなことを求めてるのかを押さえて書類を作成すべきで、応募企業ごとのカスタマイズが必要。

上記のとおり。
しっかり対策をしないと、簡単に「不採用」です。

また、応募書類はテンプレを作成しておくのが鉄則ですが、そのまま応募するのはNG。企業ごとに「カスタマイズ」をするのが必須です。

この記事の内容

  • 【断言】契約社員の書類選考は、普通に落ちます
  • 重要なのは、企業にとって魅力ある書類かどうか
  • 応募書類の作りかた【カスタマイズが命】

【断言】契約社員の書類選考は、普通に落ちます


くり返しですが、簡単に落ちます。

理由:企業も「人材確保」に必死だから

どの業界も人手不足が叫ばれてます。

とはいえ企業も、テキトーな人材が欲しいわけではなく「自社の文化にマッチして、仕事にも役立ちそうな人」が欲しいはず。

つまり、企業にもニーズがあるわけです。それは、正社員・契約社員を問わず、当てはまります。

そのような「企業ニーズ」に合ってないと判断されると、契約社員の書類選考でも簡単に落ちるので要注意ですね。

契約社員が多い企業の”真意”とは

余談ですが、契約社員ばかりの企業は「経営体力」が少ない、つまり、正社員を多く雇うためお金がなく、資本の安定性が弱いです。

そこで”契約社員”として募集することで、下記2つを実現しています。

  • 人材採用のリスクヘッジ
  • 一定以上の労働力の確保

結論、経営者にとっては「安価で、良いレベル感の労働力」をゲットすることができる、というわけです。

重要:魅力的な書類になっているか

仮に企業ニーズに合致してる能力があったとしても、書類が魅力的ではないと、担当者の人に”読んでもらうこと”すらありません。

  • 持ってる資格
  • 今までの経歴内容
  • 実績・経験について

これらを単に羅列したところで、担当者からは嫌われるでしょう。むしろ『この書類読みにくいな…』と、敬遠されるかもしれません。

テキトーに並びたてて書くのではなく「どう企業の業務に活用できるか?」まで落とし込んで書いてると、担当者も話を聞いてみたいと思ってくれます。

魅力のない書類は、読まれもしない

前職の採用担当だった上司に、その裏側を聞いたことがあります。

そのときに言っていたのは『資格・経歴の羅列をしてる書類は、さらっと見て不採用にする』ということ。

また「専門用語・社内用語がオンパレードの書類」も読みにくいので、プラスイメージはなかったそうです。

ちなみに職務経歴書は「契約社員への転職」でもマストなので、準備しておきましょう。「備えあれば憂いなし」です。
»契約社員の応募に”職務経歴書”はいらない?→必要です【備えあれば憂いなし】

ってことで、これで記事前半はおわり。記事後半では「読まれる書類の書き方ポイント」を解説します。

応募書類の作りかた【カスタマイズが命】

  • ポイント①:「わかりやすさ」を意識する
  • ポイント②:「志望動機」を固める
  • ポイント③:「転職可能な期間」を書く

上記3つです。

ポイント①:「わかりやすさ」を意識する

  • 資格の羅列
  • 経歴・実績の羅列
  • 専門用語のオンパレード

くり返しですが、上記は読んでもらえない書類の典型例です。

では、ポイントは何かというと「誰が読んでもわかりやすい書類か?」ですね。

たとえば、不動産業界の営業から他業界へ転職するとしましょう。その人が書類に「年に必ず1棟、マンション販売した実績あり」とアピールしたとします。

とはいえ、他業界の人からは、それがスゴイことなのか分かりにくいですよね。つまり「業界外の人が見ても分かりにくいものを書類に書いても、プラス評価されることはない」ということです。

しっかり伝わるように書くとするなら「前年比120%を、3年続けて達成」みたいに、誰が読んでもわかる表現をしましょう。

そのほうが担当者の目にも止まりやすく、知識がない人にスゴさが伝わります。

ポイント②:「志望動機」を固める

  • 自己理解を深める
  • 業界・企業研究を深める

この2点が超重要です。これができてないと、どこも受かりません。

上記ともに、転職関連の書籍を何冊か読みましょう。自己理解については自己分析におすすめな本5冊でまとめているので、要チェックです。

企業研究に関しては、、、
スイマセン。専門ではないので何とも言えないです。

とはいえ、企業HPを見て、どんな人材を欲しているのかなどを探るのが、良いと思いますm(_ _)m

ポイント③:「転職可能な期間」を書く

たとえば、これら転職サイトを使って応募すると、必ず「今すぐ・3ヶ月・半年・1年以内」というような、転職可能な期間を聞かれます。

ただ「半年・1年」を選ぶのはベターとは言えません。書類選考での不採用になる可能性が跳ね上がります。

というのも、企業は早めに人材が欲しいわけです。それにも関わらず「半年〜1年」を選択してたら、、、そりゃ書類の段階で落とされます(´Д` )

というわけで、嘘でもいいので「今すぐor3ヶ月」を選ぶべきでしょう。日程の調整を考えるのは、内定ゲット後でも充分です。

重要:企業ごとにカスタマイズをする

ポイントを3つ挙げました。

しかし、最重要なのが「企業ごとに書類をカスタマイズすること」です。

内容の微調整は、必ずしましょう。しないと、確実に落ちますので( ̄^ ̄)ゞ

質問:書類内容は転用してませんか?

どうでしょう?
内心ドキッとした人も、いるかもですね。

とはいえ『契約社員だし、そこまで見られないっしょ』と余裕ぶっこいてると、すぐに落とされますよ。

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 職務経歴書

これらアピールの仕方は、選考を受ける「企業ニーズ」によって変更しないとダメ。

たとえば”成果へのコミット力”を求める企業に向けて”事務処理能力の高さ”をアピールしても、企業は魅力的だと思ってはくれません。

その企業が「応募者に何を求めるのか?」調べて吟味した上で、応募しましょう。

応募書類のテンプレ(基本となるベース文章)を作るのは効率的なのでOKです。とはいえ、そこからカスタマイズせずに応募しても、通過率は上がりません(´Д` )

おわりに:面接対策も、やっておこう

ということで、今回はこれで以上になります。

書類選考は、基本的に通過率は「2割くらい」と言われています。まずは諦めずに応募し続けて、面接にこぎつけましょう。

面接についての記事も貼っておくので、ご参照くださいませm(_ _)m



人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】