貯金はいくらあれば安心できるのか【結論:いくらあってもムリ】

お金

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
手取り17万円くらいのときからコツコツ貯金をして、1年半で120万円ほど貯金をつくれました。

この記事を読むあなたは、おそらく『貯金がどれくらいあれば安心できるの?』と疑問に思っているのでしょう。

僕は100万円の貯金をつくったときに”達成感”を感じましたが、その後、ジワジワと別の感情が湧き出てきました。

この記事の結論

貯金って「いくらあれば安心できるのか」という目安がないですよね。いくらあっても不安になるし、むしろ貯金が目的になってお金を貯めてしまう人も多い。そもそも目的のない貯金には意味がないですし、モチベーションも維持できません。何のために貯金するのかを考えないと、絶対に挫折すると思う。

上記のとおり。
貯金100万円をつくっても、その後から「焦り」とか「不安」を感じました。

完全な経験則ですが、貯金はいくらあっても『まだ足りないかも…!!』と感じてしまうものです。

年代・ライフステージの変化により目標金額などはありますが、それを貯めていても何かあったときへの不安は消えません。

この記事の内容

  • 貯金はいくらあれば安心できるのか【結論:いくらあってもムリ】
  • 目的のない貯金は、意味がない
  • 【最短1年】貯金0円→100万円にするロードマップ

貯金はいくらあれば安心できるのか【結論:いくらあってもムリ】


残念ながら、明確な答えはありません。

お金の不安はずっと消えない

貯金を1年半で120万円ほどつくりましたが、正直いって、お金の不安なんて全く消えませんでした。

これからの生活にいくらお金がかかるかは不明ですし、急な出費もあるでしょう。自分ではコントロールできないことにお金が出たり、その場のテンションで不要なモノを買う可能性もあります。

つまり「いくら予測してお金を貯めても、ムダになるときはある」ということです。

お金の不安なんて全然消えないし、いくら貯めたとしても、不安は絶対に消えません。

「老後2,000万円問題」がありましたが、もしかしたら3000万円くらいは必要になるかもですし、それ以上の資金が必要になるかもしれません。ある程度の予測はできても、確実に当てることは不可能です。

目的のない貯金は、意味がない

ぶっちゃけ、目的ゼロでやっている貯金には何の意味もないんですよね。

貯金をすることに意味がないとは思いませんが、思考停止でずっとお金をプールし続けるのも、どうかと思います。

まずは「貯金をした先にあるゴールが何か」を決めるべきです。

ゴールを決めないとモチベーションも下がりやすいですし、貯金することが目的になったら意味がありません。貯金は”手段”であって”目的”ではないからです。

お金は「働かせる」のがベスト

個人的に、一定金額の貯金ができたら貯金ではなく「投資」に回すことをオススメしています。

投資といっても「株・FX・仮想通過」など初心者には難しいものではなく「投資信託」です。投資信託は初心者でもできる投資で、基本的には「全世界株式」にコツコツ投資していれば、それだけで勝手にお金が増えていきます。

投資をスタートする目安は「貯金額=年収の半分くらい」になったタイミングですね。あくまで目安なので前後してOK。自分の経済状況によって判断してくださいm(_ _)m

ちなみに僕は「年収210万円の販売員」でしたが、貯金が80万円くらいになった段階で投資をスタートしました。

貯金をし続けることに、メリットはない

現代はゼロ金利時代でして、銀行の金利が「年利0.001%」と悲しいほど少ない。

しかし、投資信託は「年利5%」と丁度いい増え方をしてくれます。

  • 貯金…1年後に「100万10円」になる
  • 投資…1年後に「105万円」になる

しかも、投資は「複利の効果」があります。年数を重ねるごとに、雪だるま式にお金が増えていくのです。

そんなにおトクな方法があるのに、未だに怪しんでやらない人が多いのが不思議でなりません。

ちなみに複利とは「元金+利子」の金額にも次期の利子がつくこと。例えば「105万円に利子5%がついて、翌年は約111万円になる」といった感じです。

「複利の効果」は偉大です。
ぶっちゃけ、貯金への不安がある人こそ、思考停止で貯金を続けるのではなく投資をすべきと言えるでしょう\(^o^)/

ちなみに初心者は「投資信託にインデックス運用する」のが最適解です。特別なスキル・知識がなくても資産を増やすことができます。その辺りは【少額OK】投資初心者におすすめな資産運用は「投資信託」だけ【コツコツ】にて詳しく解説しています。

【最短1年】貯金0円→100万円にするロードマップ

  • その①:固定費を見直す
  • その②:先取り貯金をする
  • その③:収入アップをする

上記3つです。

その①:固定費を見直す

まずは固定費を見直すことから始めましょう。チマチマ日常のスーパーでの買い物金額を減らすより、大きな効果があるからです。

  • 家賃・住居費
  • 水道・高熱費
  • 通信・スマホ代
  • 保険料もろもろ
  • 車の維持費

これらですね。ライフステージによりかかる費用は違いますが、まずは出費がデカイこれらから削減してみましょう。

僕は格安スマホにすることで、月々の通信費・スマホ代を「12,000円→5,000円」に減らしました。日常生活では全く問題ありませんし、スマホをあまり触らないので、浮いたお金を投資に回したりしてます。

人により削るべき項目は違うので、できる範囲からやってみましょう。

その②:先取り貯金をする

「先取り貯金」は、貯金をするなら絶対に知っておかなくてはいけない方法です。というより、先取り貯金じゃないと貯金なんて誰もできない、と思っています。

重要性やコツについては(貯金100万円)で解説していますm(_ _)m
(貯金100万円)

合わせて「お金の勉強」もしよう

貯金へのモチベーションが上がったタイミングで、ぜひ「お金の勉強」もしてみましょう。

節約術など”小手先のテクニック”でも良いですが、個人的には、読書でマネーリテラシー向上をするのが良いと思います。

下記3冊はわかりやすい言葉で解説していて、初心者にオススメですね。



その③:収入アップをする

そもそも貯金・投資をするにしても、ベースとなる収入が少ないと意味がありません。なので、収入アップを狙って行動するのも良いでしょう。

  • 方法①:転職をする
  • 方法②:副業をする

基本的に収入アップをするためには、上記2つの方法がベターです。

転職は一気に収入アップを見込めます。しかし、それなりのリスクがあるのが転職でして、年収が下がる可能性はあるものです。

よって、転職するのが怖い人は「副業」をしてみましょう。ウーバーイーツとかでも良いですが、在宅ワークのほうが融通が効くのでオススメです。

副業はクラウドソーシング・スキル販売のプラットフォームを活用すれば、初月で2〜3万円の副収入をすぐゲット可能です。

これらを僕は使ってます。

また「自分でブログサイトを立ち上げる→SNSにリンクを貼る→googleとSNSで集客する」って方法もあります。僕の場合は「契約社員向けのキャリア相談」をしてまして、これで副収入を得たりしてます。
»【転職相談】契約社員専門に、キャリア相談いたします【僕の1時間を売る】

ネットを使えばいくらでも稼ぐことができるので、収入アップをすること自体は誰でもできますよ。

さいごに:「安心できる貯金額」なんてない

貯金0円から100万円にするためのロードマップを解説しました。

とはいえ、やはり「安心できる貯金額は存在しない」というのが僕の考えです。

100万円の貯金があったところで安心はできませんし、多分、2,000万円くらのの貯金があっても不安を感じると思います。

くり返しですが、将来のことは誰にも分かりません。どんなに備えていても足りなくなる可能性はあります。

不安を原動力に貯金するのは良いです。ただ「貯金をすること」が目的になるのは、全くの無意味です。何のために貯金をするのかを意識しつつ、貯金するのがベターかと。

そして「貯金ができた→投資する」が、資産を一気に増やすのに効果バツグンです。思考停止して延々と貯金する生活はストップしましょう( ̄^ ̄)ゞ

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】