NFTアートの始め方を「5ステップ」で完全解説する【丸パクリでGO!】

CRYPT NFT

        

悩む人「NFTアートを始めてみたい。でもどうやって作ればいいの?仮想通貨もさわったことないし、、、完全初心者にも分かるように教えてほしい!」

今回の記事はこんなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • NFTアートの始め方を「5ステップ」で完全解説する【丸パクリOK】
  • NFTアートを始めるときに、よくある質問【過去のぼくへ】

この記事を書くぼくは、NFTアーティストとして活動をしています。
実際にNFTに触れて経験値をためているので、信頼性の担保につながるかと。

NFTアートを書いたい人もOK

この記事は「NFTアートの売買をスタートしたいな…」という人もOKです。なぜならNFTアート購入手順もまったく同じだから。アカウントや口座開設するだけなら無料ですし、NFTに触れる経験は、必ずこれから生きていく上で「資産」になります。手を動かしつつ読み進めましょう。

NFTアートの始め方を「5ステップ」で完全解説する【丸パクリOK】

  • ステップ①:暗号資産取引所で口座開設する
  • ステップ②:MetaMaskでウォレットを作る
  • ステップ③:メタマスクからコインを送金する
  • ステップ④:OpenSeaでアカウント作成をする
  • ステップ⑤:NFTの売買・作成をしてみる

上記のとおり。

ステップ①:暗号資産取引所で口座開設する

まずは暗号資産取引所で口座開設をしましょう。

ぼくの場合は「コインチェック」という取引所を使っています。正直いってなんでもOKですが、海外のものだと難しいので、日本の取引所を使いましょう。

なお、コインチェックではコンビニ決済・銀行振込ができ、初心者でも簡単に取引できます。他の取引所は「独自通貨」を使う必要があるため、とても難しい。

なので、日本円でサクッと入金したいなら、コインチェックを使うのがいいでしょう。大手かつ口座開設はタダですので、行動しておいて損はしません。
»【無料】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

ステップ②:MetaMaskでウォレットを作る


MetaMaskとは「仮装通貨やNFT作品を入れるおサイフ」と思ってもらえばOK。
ウォレットを作成することで、取引所で購入した通貨を自由に使うことができます。

使うべきはMetaMask一択。
なぜなら「Google Chromeの拡張機能」だからです。

世の中には「偽物のウォレット」も数多くあり、インストール時には注意が必要です。※下記リンクは安全なのでご安心くださいm(._.)m
»MetaMaskhはこちら

詳しい使い方については【簡単】メタマスクの使い方・送金方法を3ステップで解説するでまとめているので、ご参照ください。

ステップ③:メタマスクからコインを送金する

ややこしいかもですが『取引所でETHを買う→MetaMaskに送金」という作業をします。

  • 手順①:コインチェックでETHを購入する
  • 手順②:MetaMaskへETHを送金する

NFTの売買・作成を始めるには「ETH(イーサリアム)」という通貨を利用します。

ちょっと手間かもですが、必ずやらなくてはいけない作業となります。

とりあえず1万円くらい入れれば、後々楽となります。必要経費と割り切ってサクッと購入しましょう。
»【簡単】コインチェックでイーサリアムを買う3つの手順【送金方法も解説】

ステップ④:OpenSeaでアカウント作成をする


OpenSeaとはNFTの作成・売買ができるサイトです。
初回だけ手数料がかかりますが、そのあとは「無料」でNFTを発行できまます。

この他にもNFTマーケットプレイスはありますが、無料で簡単にNFTを作れるのはOpenSeaだけ。NFT初心者は「OpenSea一択」です。
»【超簡単】OpenSeaの始め方を3ステップで解説する【初心者向け】

ステップ⑤:NFTの売買・作成をしてみる


これで最後です。
NFTの売買・作成をしてみましょう。

NFT作品を作りたい人へ

NFTアート作品をOpenSea上に作ってみましょう。
なお、NFTアート作成には「値段・利率・作品」の設定をする必要があります。

詳しくは【簡単】NFTアートを販売する方法【画像17枚を使って3ステップで解説】でどうぞ。画像17枚を使って丁寧に解説しています。

NFTを売買したい人へ

NFTの購入・転売もこちらで可能です。

その際に注意したいのは入金額でして「2万円」はあった方がベター。というのも、取引で「ETH(イーサリアム)」という通貨をつかうのですが、とにかく手数料が高いんですよね。その時で変わりますが、最近だと手数料で「1万円」ほどかかります。

とはいえ、作品自体は1,000円で買えるものもあります。なので手数料にビビらず、まず購入体験をつむのがおすすめ。見える景色が変わりますし、二次流通(=転売)することで、後々費用は回収できますので。

NFTアートを始めるときに、よくある質問【過去のぼくへ】

  • その①:スマホでも始められますか?
  • その②:仮想通貨初心者でもOKですか?
  • その③:ウォレットを使うときの注意点は?
  • その④:NFTの販売益にも課税されますか?
  • その⑤:NFTを始めるリスクはありますか?

これら5つに答えていきますね。

ちなみに全て「NFTアートを始める前のぼく」が抱えていた疑問です。過去のぼくにアンサーを送るようなイメージで書いていきます。

その①:スマホでも始められますか?

はい。始められます。

とはいえオススメはしません。なぜなら送金ミスをしたり、セキュリティ上の面で不安があるから。仮装通貨を扱うので個人的にはPCで作業するのがベターだと思います。

その②:仮想通貨初心者でもOKですか?

もちろんOKです。
ぼくもガチ初心者でしたが、ググりつつNFTアートを出品・売買をスタートしました。

今となってはその経験が「今の自分の礎」になったので、迷っているならまずはサクッと行動するのがいいと思います。

その③:ウォレットを使うときの注意点は?

  • 秘密鍵を紙などにメモし厳重に保管する
  • 秘密鍵・パスワードは、絶対に人に教えない
  • オンライン上でパスワードは管理しない

これらですね。
仮装通貨の世界では「ハッキング」とか「詐欺」が横行しています。そのリスクを下げるためにも、秘密鍵・パスワードの保管は徹底しましょう。

その④:NFTの販売益にも課税されますか?

はい、課税されます。

20万円以上の収益は確定申告をする必要ありますが、ぼくも専門家ではないので税理士さんなどにご相談ください。m(__)m

その⑤:NFTを始めるリスクはありますか?

はい、あります。

  • ハッキングされて通貨を盗まれるリスク
  • 法整備が変わり、縛りがキツくなるリスク
  • NFTの販売利益について税務処理が必要となるリスク

これらですね。
これらリスクを前提にして取引をしましょう。あくまでも自己責任でお願いします。

さいごに:99%の人が、行動しないで終わる

この記事を読んでも、99%の人は行動しません。何はともあれ「動いて実際に肌感覚を掴んでみる」というアクションが大切です。ぜひ行動をしてみましょう。