残念ながら「無期雇用されても、正社員になれない」です【幸せになる方法】

働き方・あり方

  • 無期雇用って、本当に良いものなの?
  • 正社員にはなれないって聞いたけど、本当?
  • 不安定な身分を脱却するコツを知りたい

こんな悩みを解決します。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員から無期雇用されるのは、一見「とても嬉しいこと」のように思えます。ただ、本当にそうでしょうか?

この記事の結論

残念ながら「無期雇用されても、正社員になれない」のが現実です。無期雇用=正社員でもないので、そもそもの認識からミスってます。それと、無期雇用されることで「安定した身分」をゲットできると思うかもですが、個人的に「心の安寧」のほうが重要だと思ってます。心の安寧は、人生の幸福に繋がる。

上記のとおり。
正社員にはなれません。

それと「金銭的に赤字」であっても、「心理的に黒字」なほうが、生きていく上ではベストかと。

この記事の内容

  • 残念ながら「無期雇用されても、正社員になれない」です
  • 身分の安定より、心の安寧を選ぶべき【幸せになる方法】
  • 人生安定のために、考えるべきこと

残念ながら「無期雇用されても、正社員になれない」です


残酷ですが、マジです( ̄^ ̄)

そもそも、認識からミスってる

ネットの声を見てると「無期雇用転換=正社員として企業から雇用される」と思ってる人も、多いみたいです。

しかし、無期雇用は正社員になれる制度ではありません。むしろ、給料などの待遇そのまま、雇用期間だけが”無期限になるだけ”です。

企業側に、無期雇用した際の待遇改善は義務化されてません。つまり、この制度を使って「安く、しっかり働く労働力」を確保しようとする企業も、あるということです。

5年ルールには、信頼性がない件

『法律が改正されて、5年経ったら契約社員から正社員になれるんじゃないの?』

こう思ってる人も、まだいるかもですね。
それは俗に言う「5年ルール」ですが、、、ぶっちゃけ当てになりませんよ。

質問:契約社員をとる理由は?

答えは「雇用リスク・コストを下げるため」です。

無期雇用は、労働者から申請をすることで転換できます。その権利が発生するのが「雇用されてから5年を経過したら」です。とはいえ、5年を経過する前に”雇い止め”をする企業もいる。つまり「契約更新はしない」と宣告する企業もいます。

これら理由があるので、5年ルールはそこまで信頼できないと思っています。

身分の安定より、心の安寧を選ぶべき【幸せになる方法】


無期雇用されることのメリットとして「雇用の安定性が増す」という側面があります。

とはいえ、絶対な安定なんて、現代日本にはありません。

結論:「心の安寧」を求めよう

じゃあ何を求めるべきかというと「心の安寧」ですね。

つまり「やってて楽しい」とか「好きだな」と感じられるものをする方がいい。

例えば、無期雇用されて「雇用の安定」をゲットできたとしても、残業が多い・手取り給料が減るなどが起きたら、意味がない。「幸福感」も、あまり持てないはずです。


とはいえ「心の安寧」が持てる仕事ならば、そういった事象ともオサラバ可能です。

「心の安寧」を持てる仕事を、見つけるコツ

結論として「やってて苦にならない仕事をする」のが良いですね。

①やってて苦にならない→②勝手に努力できる→③人より上手にできる→④成果も出やすい→⑤高評価もされやすい

上記のとおり。
こういった好サイクルが生まれるので、結果として多幸感を持てて「心の安寧」にもつながります。

他社から評価されると、人は安心します。
そして安心感があると、もっと頑張れます。

その評価を得るためには「やってて苦にならず、勝手に努力できて、しかも人より上手にできること」を仕事にするのが手取り早いです\(^o^)/
»【本質】正社員で楽な仕事をしたいと思うのは「甘え」じゃない【本能なので仕方ない】

人生安定のために、考えるべきこと


人生を安定させるためには、雇用形態ではなくもっと別のことを考えることをオススメします。

  • その①:価値観を深掘りする
  • その②:スキルと共に生きる
  • その③:新しいことに挑戦する

考えるべきは、上記3つです。

その①:価値観を深掘りする

断言しますが、仕事選びは”価値観”で決まります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの名言ですが、これが真理です。

そして、彼女のいう”思考の根っこ”の部分には"価値観"があります。価値観と仕事の関連性は、下記のとおり。

  • 価値観…「どうありたいか?」という生き方のベース
  • 仕事…価値観を具現化するための、ひとつのツール

余談ですが、YouTuberが、その最たる例ですね。彼らは「好きなこと」ではなく、もっと根本の「自由でいたい・創作したものを世に発信したい」などの価値観に従って、行動してるのだろうなと感じます。

価値観が定まると、仕事選びの幅は広がる

価値観を考える始めると、真っ先に「何になりたいか?」をイメージする人もいるかもですね。

とはいえ『〜になりたい!』は、もっともダメな思考法です。例えば『看護師になりたい!』では、看護師になった瞬間に目的を達成してしまいます。

そうではなくて『〜というあり方をしたい!』を考えるのがベターです。例えば『人の命を救うことで、未来を守りたい』みたいな感じですかね。

要するに、個々人の望む"あり方"を具現化するツールとして、『看護師になる』という仕事選びがあります。

こう考えると仕事選びの幅も広がります。

例えば「価値観=人の命を救うことで、未来を守りたい」なら、看護師のほかにも”価値観”を具現化するための仕事がたくさんあります。

  • 貧困問題に取り組むNPO団体
  • 災害から人を守るレスキュー隊
  • さまざまな場面で人を守る自衛隊

例えば、上記のとおり。
どれも「人の命を救うことで、未来を守る仕事」ですよね。

こういった具合に、価値観が定まると仕事選びの幅が広がります。ついでに視野も広がるので、マジで一石二鳥ですよ。

コスパが良い、方法とは

価値観の深掘りは一朝一夕で完結するものではありません。先人たちの知恵を借りる方が、時間的なコスパも良し。つまり、本を読むのがベストです。




上記3冊は、僕の「価値観の深掘り」に、深く影響した本です。

4,000円くらいで、人生の指針を決めるヒントが見つかるので、超絶コスパがいいかと( ^ω^ )

その②:スキルと共に生きる

結論「スキルと共に生きること」は、自分の未来や収入をキープするために必須です。

ここでいうスキルを得るためには、資産になる労働が必要でして、具体的には下記のとおり。

  • 営業→営業スキルという「知的資産」
  • 販売職→販売スキルという「知的資産」
  • ライター→ライティングスキルという「知的資産」
  • デザイナー→デザインスキルという「知的資産」
  • 事務員→Office系ソフトの操作スキルという「知的資産」

これらは本業にて磨いていけばOKです。知的労働をしてる人なら、何かしら当てはまるはず。

反対に、本業でスキルゲットができなさそうなら、副業を通して独学で行うのがベスト。詳しくは下記で解説してます。
»【簡単】契約社員が、副業で稼ぐためのコツ【目先のカネより、未来の資産】

「大企業に入社する=人生安泰」ではないことは、数年前にあって”東芝問題”からも分かると思います。

  • そこで何を学び、身につけたのか
  • それは、競合他社でも転用できるか

上記2つが大切になります。

その③:新しいことに挑戦する

人間は単純なので、今の延長線上に未来があると思いがちです。しかし、それはありえないと、実は頭の中では薄々わかってるはず。

では、なぜそんな思考になるかというと、現状維持バイアスがあるからです。

つまり「この現状のままいたい」という、思考の偏りですね。

では、それらを取っ払うためにどうすればいいかと言うと「新しいことに、定期的に挑戦する」です。これしかない。

新しいことに挑戦するのは、つまり”未知との遭遇”を意味します。最初こそストレスを感じますが、人間は慣れる動物なので、すぐに慣れます。

挑戦をする、メリットとは

新しいことにチャレンジする最大のメリットは「抵抗感がなくなること」です。

抵抗感がないから、とりあえずチャレンジしますよね。すると、下記の思考が生まれます。

  • 成功する→成功体験になり、自信につながる
  • 失敗する→そこから新しい学びをゲットできる

そして、この一連の流れは、先ほど紹介した「価値観の深掘り」と「スキルと共に生きる」とも、しっかり関連しています。

チャレンジしてみる→新しい学びがある→スキル習得・人脈形成がされる→新しい人と出会うキッカケになる→異なる価値観に触れる→自分の考えもアップデートされる→その価値観を元に新しいチャレンジをする→以下ループ…

上記のとおり。人生安定のための好循環が、ばっちり生まれていきます。

同じ職場で、同じ仕事を、同じ人とする。これは楽ですし、人によってはストレスも感じにくいでしょう。とはいえ、すべてが固定化されてしまうと、価値観は変わらず、スキルも固定化され、新しいことを始める意欲も湧きにくくなる。

これは、人生スパンで考えたら「デメリット」です。なので、新しいことを始めるのがオススメします。

最後に、内容をまとめます

今回はこれで以上です。
最後に内容をまとめます。

  • その①:無期雇用されても、正社員にはなれない
  • その②:5年ルールには、期待するべきではない
  • その③:幸せになるには「心の安寧」を優先すべき
  • その④:価値観を深掘りしてから、仕事を選ぶといい
  • その⑤:新しいことに挑戦しつつ、スキルアップも目指す

上記の感じですね。

とにもかくにも行動することが最大の防御となります。何も動かない人は「泥舟でそのまま沈んでいく運命」になるかもしれません。

身軽になって行動しつつ、チャンスがあるならひとまずアタックすべきだと思います。ってことで、まずは動きましょう( ̄^ ̄)ゞ

スキルアップには副業が最適です


資産をコツコツ運用するのも防衛策です

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】