『職場で雑談したくない』と悩むあなたへ【キャラを作り、主導権を握る】

Workplace

  • 職場で雑談はしたくないし、不要とも思ってる
  • 話しかけられると集中力が切れるし、対処方法を知りたい
  • そもそも、実は正しいコミュニケーションの取り方も分かってない

こんな悩みを解決する記事です。

どうも、くしかつ(@uchustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

販売員時代は「雑談力」が必要な職場でした。上司が話をするのが大好きな人で、お客様が少ない日は、上司と雑談して1日が終了した日も頻発。

とはいえ、ぼくは「基本的に雑談したくない」と思ってる人間です。職場での雑談は、不要とさえ思っています。

この記事では”良い人間関係をキープしつつ、上手に雑談をいなす方法”を書いていきます。

『職場での雑談は不要だと思ってるけど、どう乗り切るべきかも分からない…』

こう思っているのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の結論

『職場での雑談はいらないな…』と感じますが、とはいえ雑談はします。良い人間関係を作るには雑談が手っ取り早いからとわかってるからです。コツは「会話の主導権を握ること」で、質問をするのがポイント。ちなみに仕事に絡めるとgood。ただ、関係悪化の原因なので無視やテキトーな愛想笑いはダメ。

上記ツイートのとおり。
雑談が嫌だと思いつつテキトーな反応をするから、余計に面倒なことになります。

上手にいなしつつ、コミュニケーションは取るのがポイント。無視とかは、絶対にNGです。

この記事の内容

  • 『職場で雑談したくない』と思ってるあなたへ
  • 職場で雑談をふってくる人の心理とは
  • 職場で雑談をふられない方法

『職場で雑談したくない』と思ってるあなたへ


雑談は自分からせず、あくまで「聞かれたら返すスタンス」でOK。

そもそも仕事をする場なので、無理に雑談する必要はありません。

【悲報】雑談をすると、良好な人間関係を作れる

本題の前に、悲しい現実があります。
ぶっちゃけ、職場での雑談は人間関係をきずくために非常に有効なツールです。

しかも、職場で雑談をしたがる人は、思ってる以上にどこにでもいます。

ぼくは社員で2社・アルバイトで2社を経験していますが、どこにでも「雑談が好きな人」はいました。しかも、決まって明るいキャラでガンガン話し、加えて色んな人からの信頼が厚く、人間関係を構築するのが上手な人です。

職場での雑談は、良い人間関係を築くのに有効なツールであることは、否定できません。覚えておきましょう。

雑談をいなす方法

雑談を上手にいなす方法は、下記のとおり。

  • 手順①:相手の質問に答える
  • 手順②:同じ質問を”オウム返し”する
  • 手順③:返ってきた内容に、また質問する

この”雑談フレームワーク”で、大体は対応できます。

雑談は「自分がいかに話すか?」ではなく、「相手にどれだけ喋らせたか?」が勝敗を決めます。雑談力は”トークさせ力”とも言い換えられます。

”トークさせ力”が高いのはメリットが多く、相手からは好意を持たれ、信頼もされやすくなります。

加えて、会話の主導権を握った状態になれて、マジで一石三鳥d( ̄  ̄)

あくまで「聞かれたら返すスタンス」であればOK。

注意点:無限ループしないようにする

下手に会話を継続すると、無限ループに陥る場合があります。

①相手の質問に答える→②:同じ質問を”オウム返し”する→③返ってきた内容に、また質問する→以下ループ…

上記のとおり。
会話ベタだとこんな感じになります。シンプルに苦痛(ー ー;)

  • トイレにいく
  • 用事がある風で去る

物理的に離れるとかでOKなので、会話を断ち切ることをやりましょう。

雑談を振ってくる人の心理

雑談を振ってくる人は2パターンあります。

  • その①:相手のことを知りたい
  • その②:同じことを聞いてほしい

このどちらか。
ぼくも友人と雑談をするとき、心の中では”自分にも質問してほしいな…”という想いはあります。

人間なので、自分に興味を持ってくれる人には好意を抱きやすく、それが人間関係をスムーズにする要因にもなります。

なので、前述した”雑談フレームワーク”が効果的。『〜さんはどうなんですか?』と質問返ししてみましょう。

よくある疑問:仕事と関係のない雑談は?

『職場で仕事と無関係な雑談はしたくないな…』

こう思う人もいるかもですね。
そんな時は、無理やりに仕事に繋げてしまえばOK。

たとえば「好きな食べ物について」など、仕事とはまったく関係ない話をふられたら、『〜が好きです。そういえば取引き先の◯さんも好きっていってたので、今度持って行こうと思うんですが、どう思いますか?』みたいな感じ。

ここまでの小まとめ

ざっくりまとめます。

  • ポイント①:雑談しないわけにもいかない
  • ポイント②:話をふられたら返すスタンスでOK
  • ポイント③:雑談をする人は自分にも質問してほしい

上記のとおり。

全部に付き合わなくてOKで、忙しかったら『あ、今はちょっと…』とお断りしましょう。

職場で雑談をふられない方法


結論、キャラクターを作りこみましょう。

キャラクターは大事

あなたは「話しかけやすいキャラクター」になってませんか?

人にはそれぞれ個性(キャラクター)があります。

  • 底抜けに明るい
  • 無口な職人肌
  • ふんわり優しい雰囲気

いろいろなキャラクターの人がいますよね。

もしあなたが、内面は『雑談ニガテ!』と思ってるのに、外面は『話しかけやすいキャラクター』なら、そりゃ雑談もふられます。

キャラクターを作るのは、何もおとぎ話だけではありません。現実世界でも一緒。雑談をしたくないなら「雑談しないキャラクター」に寄せないとダメです。

「キャラ変」のやり方

結論、フェードアウト方式がいいです。つまり「徐々に雑談の数を減らす方法」です。

雑談を切り上げるタイミングを早くすると、次第に『仕事に専念したい人なのかな?』と相手も感じ取ってくれます。

集中したい時は、事前にその点について話し、雑談をそもそもしない環境を作っておくのもありです。

注意点

  • ガン無視
  • 愛想笑い

これらはNG。人間関係も壊れますし、信頼されなくなります。また、「職場イジメ」に巻き込まるかもなので、やめておきましょう。

ぼくもやってしまったんですが、上司からの信頼度が落ち、仕事でも支障が出ました。仕事は「職場の人間関係」がモロに影響するので、適度なコミュニケーションは必要です。

あと「急なキャラ変」するのはダメ。いきなり無口・無愛想な人になったら、相手も困惑します。

おわりに:無理やり雑談はしなくてOK

今回はこれで以上です。

そもそも雑談で、根掘り葉掘りあなたについて聞きたい人なんていません。沈黙した空間を作らないための「つなぎ」。無理やり雑談をしても、精神を消耗するだけです。

雑談したくないなら「仕事の話を自分からする」など、雑談しないイメージを徐々に定着させましょう。キャラ作りが大事d( ̄  ̄)

それでも、どうしても職場の人とそりが合わないなら、下記リンクをご参照くださいm(._.)m

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】