言うまでもなく「正社員になれないなら辞める」のは正解です【損切り思考】

正社員になる

  • 契約社員で頑張ってるけど、いつになったら正社員になれるの…?
  • 「貴重な戦力だから」と言われるけど、まったく待遇は良くならない
  • むしろ、安い給料で使い倒されて、そのまま終わりそうで不安…

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

会社に原因があるのか、それとも自分に問題があるのか分からず、モヤモヤしてしまいますよね。

この記事の結論

言うまでもなく「正社員になれないなら辞める」のは正解です。契約社員を辞める理由としては圧倒的に多いと思います。正社員になるのが最終目的なら、会社・個人のどちらに問題があるかはケースバイケースですが、早めに行動して正社員に転職するのがベターです。損切り思考を持つのが重要。

上記のとおり。
ぶっちゃけ、早めの損切りがベターです。

この記事の内容

  • 言うまでもなく「正社員になれないなら辞める」のは正解です
  • あなたが原因で、正社員になれてないかも
  • 「損切り思考が人生が充実させる」という話

言うまでもなく「正社員になれないなら辞める」のは正解です


絶対の正解ではないですが、正解の確率はかなりデカイといえるでしょう。

会社は「正社員登用したくない」がホンネ

契約社員を多く雇ってる会社の多くは、そもそも正社員登用にたいして消極的であることが往々にしてあります。前提として、正社員にできるのであれば最初から「正社員採用」をするはずです。

では、なぜ契約社員からなのか。

答えはシンプルに、そこまでのリスクを取りたくないし、コストもかけたくないからです。もっと簡単に言えば「金がない」からです。

  • リスク…解雇しづらいリスク
  • コスト…給料UP、手当、福利厚生など

上記のとおり。

正社員にすると簡単に解雇することができなくなります。また、福利厚生が充実したり手当が増えるので、働く側としては最&高です。しかし、会社としては「リスクが高まりコストもかかる」状態になる。

なので、会社は心中おだやかではありません。

有能な人だけを正社員にする

考えてみれば当たり前なんですが、人をたった数十分の面接で判断して雇うのはハイリスクです。

実際には一緒に働かないとわからないこともあります。つまり、上長や役員レベルの人がOKサインを出しても、現場とマッチしなかったらアウト。最終的に「お互いが破壊的なアンハッピー状態」になるだけです。

それを避けるために、契約社員で採用してる節はあります。本当に有能であればすぐに正社員登用するでしょうし、そうでないなら様子見をされるだけ。

ただ、その有能かどうか判断基準もあいまいで、そこも大きな問題です。

雇用契約書や就業規則に「登用する基準」などが明確な数字とかデータで示されてるならOKですが、そんな会社も少ないです。基本は定量的なもの(数字・データなど)だけではなく、定性的なもの(人柄・頑張り度合など)で判断されます。

結論は「正社員登用=ハードモードなので、そこまで本気で狙うべきでもない」といえます。

補足:あなたが原因で、正社員になれてないかも

ここまでは会社の「機能的な問題」にタッチしてきましたが、とはいえ、あなた自身にも問題がある場合もあります。

  • 遅刻・欠勤が多い
  • ミスが多く、迷惑をかけてる
  • ミスを隠し、誰かのせいにしてる

例えばこれらでして、共通してることは「信頼構築ができないこと」ですね。

会社は人間の集合体なので、結局は「一緒に働きたいか?」的な判断基準を用いられることも多い。

つまりは「定性的な判断材料で、あなたが正社員になれるかが決まる」といっても過言ではありません。

「損切り思考が人生が充実させる」という話


損切りとは投資用語でして、意味は『これ以上のマイナスを出さないように損失を確定する』です。

要するに「あ、これダメだ」と感じたらサクッと見切り、次の可能性があるものに移る、という手法になります。

そして、実は契約社員こそ「損切り思考」がマストになります。

損切り思考は、人生を充実させる

『正社員になれないなら辞める』というマインドは、損切り思考の典型的パターンです。

正社員になれる可能性があるから入社して、その見込みがないと感じたから辞める。つまり「今ここでの正社員になれないという”損”を確定し、次の可能性がある場所にリプレースする」という考え方になります。

損切り思考を持つことでフットワーク軽く行動できて、本来の目的であった「正社員になること」を実現できます。心が平穏になることで、心の豊かさを持つことも可能です。

今の会社で正社員になれずマイナス感情に支配されるより、損切り思考で別会社に移った方が結果も出しやすいかも。

もちろん、正社員になることが「人生の充実さ」に必ずつながるわけではありません。しかし、1歩動いてみる価値は大いにあると思います。

一所懸命は、アブナイ思考です

契約社員にとっての最悪なシナリオは、下記だと思ってます。

正社員登用狙いで入社して、数年たってもなれず、最終的には契約解除になってしまう

上記のとおり。
しかしこういったことは、世の中で日常茶飯事に起きてることでしょう。

では、なぜこうなるかといえば、日本で昔から美徳として教わる「一生懸命に、ひとつのことを頑張る」的なマインドでして、いわゆる”一所懸命の精神”です。

今いる企業で「契約社員→正社員になるために懸命に頑張る」のは、一見するとスバラシイ。しかし一旦ストップして、考えるべきだと思います。

ぶっちゃけ、最終的な目的は”正社員で働くこと”であって、今の企業に執着する必要性はないはずです。それができないのは「ひとつの企業で頑張るのがスバラシイ」という”美徳”や”価値観”が、心の中にこびりついてるからでしょう。

つまり「一所懸命マインド」でして、そのマインドが危険です。

記事前半で書いたように、そもそも正社員登用に後ろ向きな企業であれば、どれだけ頑張っても正社員になれる見込みはありません。損切りできないとダラダラと居続けてしまいます。

ポジショニングを変えると、成果も変わる

ポジショニングを変えることで、ガラッと現実が変わることは往々にしてあることです。

例えばiPS細胞でノーベル生理学・医学賞をとった山中伸弥さんは、ポジショニングを変え続けたことで成果を出した典型例です。

元々はスポーツ整形外科医を目指してたそうですが、手術のヘタさに挫折し、2年後に基礎医学を学ぶために薬理学研究科に入学。そこでも挫折しましたが、その経験が「iPS細胞研究をスタートする原体験」となり、偉大な研究につながったそう。

何が言いたいかというと、「そこでの可能性を見切る勇気を持つこと」や「ポジションを変えて別環境に移ること」はかなり大事、ということです。

正社員になれそうもないと感じたら、サクッと損切りして逃げる思考を持つべし( ̄^ ̄)ゞ

余談ですが「専門家的ポジション・一所懸命の精神にしがみつく=オールドタイプの行動様式」といい、その反対に「損切り思考を持ってフッ軽に行動できる=ニュータイプの行動様式」といいます。

下記は「VUCA化した現代の生き方」を再考し、これからの生き方を学習するのにベストです。役立つと思いますよ。

とりあえず、動こう

辞めると決めたら、それに向けて動くべきです。
まだ迷いがあるなら、とりあえず次の行動をしてみましょう。

  • その①:新しい人に会ってみる
  • その②:興味ある分野の勉強をする

その①:新しい人に会ってみる

あなたの所属するコミュニティが会社だけだと、視野はまったく広がりません。

SNSでも、オンラインサロンでもいいので、気になる人のイベントに参加するとかしてみるのがいいと思います。

外に出て、新しい価値観にふれないことには、世界も広がっていきません。

その②:興味ある分野の勉強をする

正社員にしてもらえないから辞めたいけど、自分の力量がどこまで通用するのかが不安で、外に飛び出せてない人も多いでしょう。

そういった人は、なんでもいいので「興味を持った分野の勉強」をしてみるのが、いいと思います。

YouTubeに動画投稿をすれば「動画編集スキル」が身につきますし、ブログを投稿すれば「ライティングスキル」や「Webマーケティングスキル」が身につきます。それらが転職に役立ち、新しいキャリアを拓くこともできます。

現代はインターネットを使えば、いくらでも無料で勉強できる時代です。ググれば色々と情報は出ますし、YouTubeでは「その道のプロ」が有益情報を無料で出しています。

動くことに、リスクはない

新しい人と話してみるのも、興味ある分野の勉強を始めるのも、どちらもリスク0です。

停滞してたら何も始まりませんので、とりあえず「ガチの小さな1歩」でいいので行動してみましょう。

というわけで今回は以上です。
一所懸命で頑張るのは美しいことですが、努力は”必ず報われる”わけでもありません。ポジションを考えつつ、損切り思考で効率良く行動していきましょう( ̄^ ̄)ゞ

正社員に転職するなら

「やりたいこと探し」をサポートして欲しいなら

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】