【簡単】契約社員で生きていく3つのコツ【正社員にこだわるべきか】

働き方・あり方

どうも、くしかつ(@ucustein)です。

契約社員の販売員として1年半ほど働き、今はフリーライターをしています。

契約社員・派遣社員などは「不安定な身分の代表例」みたいに言われますよね。確かにそういった側面はありますし、有期雇用なので「いつ切られるか?」にビクビクしてしまう人もいるでしょう。

とはいえ、契約社員で生きていくコツが分かってしまえば、契約切りに恐れながら生きることはなくなります。

断言しますが、ドンっと構えて働くことが可能です( ̄^ ̄)ゞ

この記事の結論

・ニガテなことをしない
・お金について学習する
・外にも目を向けておく
契約社員で生きていくコツです。死ぬまで非正規は大変かもですが、最近は正社員であるメリットも少なくなってます。それより大切なのは「いつ放り出されても戦えるパワーを養っておくこと」かと。そのためにも日々勉強。

上記のとおり。
コツさえ分かっていれば、何とでもなりますよ。

この記事の内容

  • 【簡単】契約社員で生きていく3つのコツ
  • ぶっちゃけ、正社員にこだわる必要はなくなった件
  • 「何に幸せに感じるか」で働き方は決めるといい

【簡単】契約社員で生きていく3つのコツ

  • コツ①:ニガテなことをしない
  • コツ②:お金について学習する
  • コツ③:外にも目を向けておく

上記3つは、働く上で重要だと感じることです。

コツ①:ニガテなことをしない

ニガテなことをしてはいけません。なぜかと言うと「契約切りの対象になる可能性が大きくなるから」です。

ニガテなことを仕事にする=パフォーマンスが低く成果も出ない=契約を切られる可能性が高まる

こういった図式が成立します。

「ニガテは克服しよう」みたいに教える人もいますが、個人的には意味がないと思っています。なぜなら、最初から得意な人に勝てる見込みが少ないから。中にはニガテを克服してトップ層になれる人もいるかもですが、可能性は極めて低いでしょう。

また、ニガテなことを仕事にしても楽しく働けないと思います。向いてる仕事であれば楽しく幸せに働けるでしょうが、向いてないことを仕事にするとツマラナイですし、幸せにもなれないかと。

例えば僕なら「手先の器用さ」を求められる仕事は向いていません。前職では怒られまくりでして、その業務だけイヤでたまりませんでした、、、(ーー;)

ってことで、契約社員こそニガテなことはすべきではありません。

コツ②:お金について学習する

契約社員は「賃金低め、ボーナス・退職金なし」という待遇で働くことも多いでしょう。

そういった少ない給料で自分の欲望をコントロールするためにも、僕は「お金の勉強」をすべきだと強く思っています。賃金上昇とかも、これからの日本では絶望的でしょうから、自分の支出・収入のコントロールスキルは必須です。

学習方法としては、読書をすればOK。下記でオススメ本を紹介してますので、ぜひご参照ください。
»【厳選5冊】 お金の勉強におすすめな本【4つの力を育てるべし】

読書がキライな人は、YouTube動画で学ぶと良いでしょう。

僕は下記をよく拝見しています。どのチャンネルもユーモアを交えつつお金について発信されているので、飽きずに見れると思いますよ。

コツ③:外にも目を向けておく

つまり「いくつかのコミュニティを持っておこう」という話です。

例えば「趣味のコミュニティ」に参加するとか良いですね。ゆる〜く繋がりを持てますし、共通の話題があるのでコミュケーションも取りやすいと思います。

というのも、日々の仕事が忙しくなると、つい仕事だけに集中してしまいがちなんですよね。そうなると、いざ会社を去らなければいけない時に、下界との関わりが断たれてしまっている状態になってしまうわけです。

よく「定年退職後に何も趣味がなくて落ち込む男性」などが話題になります。そういった人は、コミュニティを「会社だけ」にしていたから、退職後に孤立してしまうんです。

そうならないためにも、外にも目を向けて、会社とは異なるコミュニティを作っておくことをオススメします。

あとは「個人居酒屋の店主と仲良くなる」みたいな感じでもOK。僕も「行きつけの小さなお店」がいくつかあり、そこで人との繋がりとか深い世間話をして”ゆる〜い繋がり”をもっています。

非正規社員が職を失い”孤立無援の状態”になると、結構ヤバいと思います。すぐに”ゆる〜い繋がり”を作っておいて、もしもの時に備えましょうm(_ _)m

最重要:いつでも危機感を持っておく

3つのコツを紹介しましたが、全てにおいて共通するメッセージが「危機感を持って行動すべし!」です。

あの”与沢翼”さんも、ブログで危機感を持っていると発信していました。資産80億越えの人が「危機感を持っていること」に驚きましたが、それが大事なのでしょう。「人生、皆師匠」は胸に刻むべきワードだと思いました。

※元ネタ記事は下記からどうぞm(_ _)m
»参照:与沢の新ブログ『変化と危機感』

まとめると、契約社員で生きていくことは出来ます。ただ、正社員より不安定な身分であることに間違いないので、常に危機感を持って働くのが良いと思います。

  • ”危機感を持って”得意な仕事をする
  • ”危機感を持って”お金について学習する
  • ”危機感を持って”外にも目を向けておく

これが大事でして、危機感を持たないでいるのは、契約社員にとっては「命取り」ともなります。

自分でセーフティネットを作るべし

公的セーフティネットは日本に数多くありますが、さらなる安心のために自分でも作っておくと良いでしょう。

  • 公的セーフティネット:失業保険、生活保護、 etc…
  • 私的セーフティネット:貯金、コミュニティ作り etc…

上記のとおりでして、お金の知識・ゆる〜い繋がりを得ておくことはマジで大切です。

そのあたりの道で餓死することは日本ではないかもしれません。とはいえ「精神的な安定」のためにも、私的セーフティネットは作っておくべきだと思いますね。

いつ会社からポイ捨てされるか分からない契約社員は、自分の身は自分で守る努力が必要です( ̄^ ̄)ゞ

ぶっちゃけ、正社員にこだわる必要はなくなった件

「仕事に何を求めるか」で個人差があるので、ハッキリと断言はできません。

ただ僕としては「正社員にこだわる必要性はないかもな」と思っています。

理由:個人で稼ぐ方法がいくつもあるから

2018年から副業ブームにより、個人が稼ぐためのプラットフォームなども続々と出てきています。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

あとはBASEやSTORESなどを使えば、簡単にECサイトを作れるようになり、例えば「ECサイトを作り、SNSで集客し、物販で稼ぐ」という方法で稼げるでしょう。

また、それに付随して「副業関連本」や「各種ノウハウ本」が多く出版されています。つまり、今が副業を始めるにはうってつけなタイミングだと言えるでしょう。

余談:ナリワイ作りも面白いかも

”副業”とはすこし趣向が異なるのですが、下記の本がかなり面白いです。

「ナリワイ」をして仕事と趣味の境目をボヤッとさせる生き方を提唱されています。

契約社員こそ、副業をすべき

ってことで、副業やらないのはモッタイナイので、今すぐに始めましょう。

例えば、まず「今の給料に+1万円を副業で稼ぐこと」を目標に行動してみるといいでしょう。行動すればすぐ稼げる金額です。

正直、毎月+1万円あれば、それだけでもガス光熱費を賄えます。また、その浮いた分を「自己投資に回す」といったことが出来ます。

副業のメリット

副業には、次のようなメリットがあります。

  • 本業では得られないスキルが身につく
  • 収入の柱が増えて、精神にも安心する
  • 「やれば稼げる!」という自信がつく

ぶっちゃけ、会社での昇級・正社員登用などに期待するのはNG。ボーッと待っていても、やってくるのは「老い」と「絶望的な未来」だけだと思いますよ。

あと1円でも稼げると、マインドセットも変わってきます。これは多く人が言ってることですし、僕もそう感じたので間違いないでしょう。

補足:将来のために資格は取るべきか

ぶっちゃけ『うーん、、、(ーー;)』って感じです。

役立つ資格とかもありますが、ぶっちゃけ「民間資格」はムダかな、と思っています。転職でもプラス評価にはなりませんし、資格を取るなら「国家資格」がベターです。

そのあたりは、下記が詳しいのでご参照ください。
»【重要】契約社員が取るべき資格は存在しない【今後の心配を、消すコツ】

「何に幸せに感じるか」で働き方は決めるといい

正社員になれば幸せって概念は、高度経済成長期あたりの常識であり、現代では破綻してきている考え方です。

正社員にも良いところはあり、契約社員にもデメリットがあります。一長一短でどちらを選べば正解か、僕にも分かりません。

ただ「自分の中のモノサシ」に合わせて働き方を柔軟に変えることで、多分、幸せに働くことができるんじゃないかとは思っています。

  • 幸せのモノサシが「給料」
  • 幸せのモノサシが「休日」
  • 幸せのモノサシが「裁量範囲」
  • 幸せのモノサシが「業務内容」
  • 幸せのモノサシが「人間関係」

こんな感じて、人それぞれ違ったモノサシがあり、それに合う働き方にしていけば良いと思います。

自分がどういう状態が、幸せに働くことが出来るのかを探っていきましょう。ヒントは下記記事をどうぞm(_ _)m
»【幸福論】自分のモノサシで考えると、生きやすくなる話【自分軸で生きる】

おわりに:勉強をしつつ、契約社員で生きていこう

  • コツ①:ニガテなことをしない
  • コツ②:お金について学習する
  • コツ③:外にも目を向けておく

これら3つが「契約社員で生きていくコツ」でした。

本業については勿論ですが、それ以外のことについても学ぶ姿勢を持っていなければ、ぶっちゃけヤバいかなと思っています。

ただ”学ぶ”といっても、ガチガチな学問的なことではなく、自分が好きだと感じることを探求し続けるとかでOK。それが「あなたらしさ」に繋がり、もしかしたら仕事にも繋がるかもしれません。

危機感を持ちつつ、いろいろと行動してみるのが、契約社員でもチャンスを広げるために必要なことかもしれませんね。

ってことで以上ですので、最後に副業関連の記事を貼っておきます。

副業についての記事一覧


人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事【お悩み解決】契約社員にまつわる「キャリア相談」いたします