【ぶっちゃけ】結局は「転職しない人」が多い件【別に悪ではない】

Job change

  • 転職しようとしてたが、最終的に踏みとどまった
  • 転職することをやめて、すこし後腐れ感がある
  • 「本当にこれでいいのかな…?」と思っている

こんな人に向けての記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

転職しようと行動してみたものの、結局は転職することをやめた。

何となく後悔が残りつつ、”転職すること”に後ろ髪を引かれていませんか?

反対に「転職したい!」と口にしつつ、何も行動にすら移さない人もいます。もしかしたら、あなたの近くにいるかもしれませんね。

  • 転職活動をしたのに、結局転職をしないのは悪いことなのか?
  • 「転職するする詐欺」をする人の特徴と心理

この2軸で、解説していきます。

この記事の結論

結局、転職しない人は多いんですが、別に悪いことでもないんですよね。感情的に「転職する!!!」と動いてみたら、自分の無力さ・何もなかったことを知ることは、最早あるある。現職にとどまるべきかを確認することも、転職活動のひとつです。新卒1年目のときの自分に伝えたい。

上記のとおり。
転職しない決断をすることは、まったく悪いことではありません。

行動した結果として”転職しない”と決断することは、普通によくあることです。

ちなみに、悩んだ挙句に何もしない人は論外です(ーー;)

この記事の内容

  • 結局、転職しない人が多い件【別に悪くはない】
  • 「転職するする詐欺」をするのは寂しいから
  • 転職できる人は「事後報告」する

結局、転職しない人が多い件【別に悪くはない】


多いです。
とはいえ、別に悪いことでもありません。

結局、転職しない→よくあること

結局、転職しないことは、正直あるあるです。気にしないでOK。

周りも「あ、なんだかんだで転職しないのね」くらいにしか思ってません。

裏切り者扱いする会社は問題ありですが、、、
まぁ、そんな会社は希少種だと思います。

よくある勘違い

転職活動をしたら、転職をしないといけない

こう思ってる人は多いです。しかし、これは盛大な勘違い。

転職活動は「今の職場をやめるため」にすることではありません。現職にとどまるべきかを、確認することも転職活動のひとつ。

転職活動をしてみて、結局のところ転職しないのは、別に普通にあることです。気にせず、いつもと同じ生活をしていきましょう。

「転職するする詐欺」もよくある

「転職するする詐欺」は、ホントに多い。
口だけ動かして、行動しない人ばかりです。

だいたいの共通点については、下記のツイートをしました。

前々から思ってたんですが「転職するする詐欺」をやる人は多い。
・会社の愚痴や上司、同僚の悪口
・会社にどれだけ貢献してるか話す
・転職しようか悩んでる風には話す
そして、結局は何もしない。
伝えたいことは「期間を決めて転職活動してみれば?」で、ダメなら留まればOK。とりあえず動こう。

『そんなに嫌ならサクっと動けばいいのに…』と、いつも思ってしまいます。

失敗しないコツは”期間を決めて行動すること”でして、たとえば「3ヶ月で希望する企業から内定が出なかったらスパッと諦める」みたいな感じです。

ゴールを設定することで、何をすべきか見えてきます。期間をすぎてもダメなら、一旦、元の生活に戻ればOKです。

よくある疑問:転職すべきタイミングは?

『今は転職するタイミングがじゃないから…』と、先延ばしにする人はいますが、これも間違い。

結論、”転職に向かないタイミング”こそありますが、”最適なタイミング”は明確にはありません。

とはいえ、ベストタイミングを掴む方法はありまして、「定期的に転職活動をすること」になります。
参照:転職に向かない悪いタイミングとは【合計3つ / 思い立ったが吉日です】

「転職するする詐欺」をするのは寂しいから

ぶっちゃけ「転職するする詐欺」をしてしまう人は、自分の要望・意見・話に耳を傾けてほしいだけです。

  • 仕事で思うような成果をされない
  • 上司・同僚が無能なのに共感されない
  • 仕事が退屈だけど抜ける勇気もない

全てが思うようにいかなくて、「転職したい」と口にして、人の気をひきたい。話を聞いてもらいたい。

こういった深層心理があるのかな、と感じています。

理由としては、僕自身がそうだったから。何者にもなれず、鬱憤がたまり、「転職したい!」と口にするだけで、何も動かない時期がありました。全く意味がない時間でしたね…(ーー;)

『想いは口に出せば叶う』という言葉がありますが、「行動すれば」というワードが省略されてる気もします。

「転職したい!」と想いを口にしても、そこから何もしなければ、現実は0.1㎜でさえ変わりません。

転職できる人は「事後報告」する


転職できる人は、行動を起こして結果を出してから、転職について口にします。

安易に口にしない

本気で転職したい人は、自分の思い・考えを安易に言いふらしません。

「引き止められることを防ぐため」です。

「引き止められたから転職をやっぱり止めた!」という人は、信頼を失います。”自分の行動を他人の言動ひとつでコロコロ変える人”という認識を、周りからされてしまうからです。

なので、引き止めにあっても心が動かないように「転職先を決めてから事後報告をする」のが、転職できる人です。

孤独になって、決断しよう

本当に転職できる人は、そもそも誰にも相談はしません。孤独になって決断します。

誰かに相談したところで、テキトーな批判的に意見されることが目に見えてるからです。

とはいえ、動いてみてから『やっぱ転職するの、やめた!1』と決断するのは、悪いことではありません。

転職するリスクと、転職をしないリスクを天秤にかけてみる。
その上で、どうすべきか自分のアタマで考えることが、必要になってきます。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】