書類選考なしで面接に行ける転職エージェント3選【ブラック排除】

Job change service

  • 書類選考を飛ばして、面接からスピーディーに転職活動を進めたい
  • 書類選考で何度もおちてしまい、挫折した
  • 「書類選考なし」の求人って、ブラック企業も多そうで怪しい…

こんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、5ヶ月間のフリーター期間を経て、契約社員の販売員へと転職しました

履歴書・職務経歴書を1社ずつ作るのは大変。めんどうなものなのに、書類選考で落ちたら萎えますよね。

「書類選考なし」の求人は手間がかからないのが魅力です。とはいえ「書類選考をしない会社って大丈夫かな…?」と、疑う人もいるかもですね。

ぼくも転職エージェントは10社ほど利用し、転職活動をしました。もちろん”書類選考なし”のエージェントも利用しました。

そんな経験を踏まえて「書類選考なしで面接に進める転職エージェントと、面接に進める理由」を解説します。

この記事の内容

  • 書類選考なしで面接に行ける転職エージェント3選【ブラック排除】
  • スカウト機能のある転職サイトも、一緒に登録しよう
  • 「書類選考なし」で面接に行ける理由【ブラックだからじゃない】

書類選考なしで面接に行ける転職エージェント3選【ブラック排除】


結論、次の3社です。

【無料】「書類選考なし」で面接に行ける転職エージェント【複数登録を推奨】

簡単に、各転職エージェントの特徴を解説します。

DYM就職


既卒・フリーター・第二新卒向けの転職エージェントでして、求人の質・量ともに大ボリューム。

35歳までの北海道・関東・中部・関西・九州在住の方向けの転職エージェントです。

個人的には満足度が高く、理由は「希望条件に沿う求人だけ」を出してもらえたから。

求人の割合は、以下の通り。

  • 業界…「IT」と「不動産」が多い
  • 職種…「営業職」か「エンジニア」が多い

これらの進路に行きたい人には、絶対に利用してほしい転職エージェントです。

また、正社員求人のみを提供してくれるので「正社員希望って言ったのに、契約社員スタートの会社を紹介された!!」というミスマッチも起きません。就職率も96%超えと、圧倒的な成果を出している安心感もあります。

※とはいえ、会社ができてまだ数年なので「求人の偏り」があります。「IT・不動産業界には興味ない」という人には、紹介求人が少なく感じる可能性はあるので、要注意。
【完全無料】DYM就職はこちら

ハタラクティブ


29歳までの東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡在住の方向けの転職エージェント。

  • 利用者の90%以上が20代で、3人に2人は「正社員経験なし」
  • 内定率は80%超えの転職エージェント(20代に特化した転職エージェントの中では高い方)
  • 販売職・営業職の紹介が大半で、上場企業の求人が多数ある

ぶっちゃけ、「フリーター・ニート・既卒」の人が未経験から、正社員就職を狙うための転職エージェントという印象が強めです。

とはいえ、大企業・上場企業の求人は多いので一見の価値はあるかと。

「第二新卒も!」とありますが、第二新卒の人がここを使う場合は「サブ的な役割」でOKです。

※基本給がかなり低い企業、正社員ではなく「契約社員」の求人も提示されました。安易に鵜呑みにせず、他社と比較・検討するようにしましょう。
【完全無料】ハタラクティブはこちら

JAIC


39歳までの東北・関東・中部・関西・中国・九州在住の方向けの転職エージェントです。

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者」と認定している転職エージェント。就職成功率も80%超え
  • 面談を受ける前に説明会への参加義務があり、その後に個別就職相談を受けることができる
  • 企業に応募する前に社会人マナーなどを学ぶ「研修制度」がある

他のエージェントと違った「唯一無二なサービス」が特徴的。

完全無料で重厚なサービスを受けられるので、「社会人経験無し・正社員に就職を希望」という条件の人は使って損はしないかと。

研修制度の途中で「これは受けなくても良いな」と思い、使うのをやめました。ただ、個別面談で紹介してくれた企業の口コミサイトの評判も良い所ばかりでした。

※ちょっと厳しい講師もいるようです。気にならない人にとっては、無料で「社会人マナーを学べる点」や「面書類選考に時間をかけずに、面接対策に集中できる」のはメリットが大きいと思います。
【完全無料】JAICはこちら

補足:「複数掛け持ち」で効果が発揮されます

転職エージェントを使うときには、掛け持ちをすることが常識です。

掛け持ちしてることを伝えるメリットは3つ。

  • メリット①:高品質なサポートを提供してもらえる
  • メリット②:信頼関係の構築ができる
  • メリット③:応募先のバッティングがおきない

サポートクオリティの向上にも繋がります。

「書類選考なし」で面接に行ける理由


企業側が「書類選考なし」にしている理由は、次の5つが考えられます。

  • 理由①:転職エージェント側がフィルタリングしてる
  • 理由②:人物重視・ポテンシャル重視の採用
  • 理由③:応募ハードルを下げてる
  • 理由④:書類選考なしでも支障がない業界・業種
  • 理由⑤:慢性的な人手不足で離職率も高いから

順番に解説していきます。

理由①:転職エージェント側がフィルタリングしてる

転職エージェントに対して、企業側から「条件に合わない場合は応募を禁止している」というケースが考えられます。

転職エージェント側で書類選考しOKなら企業に応募→「企業ごとの書類選考はなし!」というアピール材料にする

上記の採用フローで応募でき、そのまま面接に進める仕組み。「書類選考なし」と言っているけど、実際は企業に行く手前で書類選考がされているパターンと言えます。

理由②:人物重視・ポテンシャル重視の採用

  • 将来性
  • 素直さ・謙虚さ
  • 真面目に仕事をやってくれそうか
  • マナーはしっかりしているか
  • 仕事への意欲はあるか

特に20代の場合、上記のような「ポテンシャル採用」のことが多くあり、人柄重視の会社も多く存在します。

理由③:応募ハードルを下げてる

  • 新規事業の立ち上げで人手が足りてない
  • 急な退職や欠員で穴埋めしないといけない

「金銭的・時間的に低コストで人を集めたい」という理由もあって、書類選考なしの求人にして応募するハードルを下げている可能性も考えられます。

理由④:書類選考なしでも支障がない業界・業種

土木・建築業界などの「肉体労働系」の業界・職種の場合だと、経歴うんぬんではなく「力仕事が支障なくできるか?」という観点で採用判断をされます。

そういった業界・業種は、書類選考が必要ないのでカットされます。

理由⑤:慢性的な人手不足で離職率も高いから

業界・業種に限らず、その会社の離職率が高く、結果として慢性的に人手不足に陥っていて「書類選考なし」にして人を集めている場合も考えられます。

そういったブラック体質な会社も、紛れ込んでいる可能性はあります。

補足:必ずしも「書類選考=ブラック企業」ではない

応募ハードルが低くブラックも紛れていそうで不安

こういった人もいるでしょう。
ブラック企業でない可能性は、0だと断定はできません。

とはいえ、「書類選考がない=ブラック企業」というのは短絡的すぎますし、そんなブラック企業ばかり紹介するエージェントは非難が殺到し存続もできません。

世の中には「書類選考を形だけやり、全員が面接に進める会社」もあります。

つまり、書類選考の有無でブラック企業かどうかを判断すること自体が、あまり意味のないことなんです。

あなたが書類選考に落ちまくる理由


ぶっちゃけ、あなたが書類選考に落ちまくってしまうのは、シンプルに「相手目線が足りてないから」かもしれません。

たとえば、誰かと会話をするとき、自分の話ばかりに集中してしまう人がいます。そういった人と話してるときって、正直あまり面白くないですよね。自分の話も聞いてほしいって思うはずです。

書類選考も同じ。
「相手が求めてるものは何か?」を考えずにモリモリ書くと、ほぼ100%不採用になります。

ちなみに、経歴・実績・スキル条件を充してない場合も、不採用になる確率がアップします(´Д` )

おわりに:試行錯誤を、繰り返そう

ってことで、ぼくが最後に伝えたいことは下記のとおり。

書類選考の正しい対策をして、何度もチャレンジし、それでもダメなら転職エージェントを使う

これだけ。
【簡単】転職での直接応募のやり方を3ステップで解説【差別化しよう】で詳しく解説中ですm(_ _)m

【無料】「書類選考なし」で面接に行ける転職エージェント【複数登録を推奨】

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】