【超簡単】OpenSeaの始め方を3ステップで解説する【初心者向け】

NFT

        

悩む人「OpenSeaのはじめ方を知りたい。小難しいことはわからないので、なるべく簡単に初心者でもサクッと理解できるように教えてほしいです。」

今回の記事はこんなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • OpenSeaとは?
  • OpenSeaの始め方を3ステップで解説する
  • OpenSeaでNFT売買をする方法

この記事を書くぼくは、NFTアーティストとしてOpenSeaで作品を出品しています。実際に行動して掴んだ「生の情報」なので、信頼性の担保につながるかと。

OpenSeaとは?

最大の特徴:利用料がタダ

OpenSeaではNFT作品を作るのにガス代(手数料)がかかりません。

他のプラットフォームでは「イーサリアの手数料」がかかってしまい、どうしてもNFT初心者にはハードルが高い。

その分、OpenSeaは初心者でも参入しやすい環境です。

補足:OpenSea以外のプラットフォーム

  • Rarible:独自トークンを発行できる
  • CoincheckNFT(β版):取り扱い暗号資産が多い
  • SurpeeRare:審査に通った優秀作品のみ揃う

こんな感じです。
NFTマーケットプレイスは今後も続々と出てくるはずなので、ご自身でも定期的にチェックしてみてください。

ただやはり、現段階では「OpenSea一強」な感じです。ユーザー数が圧倒的に多く、NFTの売買もしやすいです。

OpenSeaでは著名人の作品も買えます

  • 西野亮廣:みにくいマルコ
  • せきぐちあいみ:幻想絢爛
  • 村上隆:Murakami.Flowers ※販売は中止

上記のように、日本の有名な方々もNFT作品を出品しています。

日本はマンガ文化も強く、ONE PIECEなどの超メジャー作品もNFT化されています。これからも期待大のマーケットプレイスです。

OpenSeaの始め方を3ステップで解説する

  • ステップ①:OpeaSeaにアクセスする
  • ステップ②:メタマスクにサインインする
  • ステップ③:基本情報をポチポチ入力する

上記の3ステップでできます。

ステップ①:OpeaSeaにアクセスする

まずはOpenSeaにアクセスしましょう。
»OpenSeaはこちら

アクセスできたら『右上の人間アイコン→Setting』をクリック。

ステップ②:メタマスクにサインインする


次にメタマスクへの接続を求められる画面になります。そのままサインインしましょう。

※ページが出ない場合は「右上のキツネマーク」をクリックし、直接メタマスクを開いてもOK。

『署名する』をクリック。

そのままOpenSeaとメタマスクを接続し、イーサリアムチェーンを選びます。

補足:設定できるブロックチェーン

  • イーサリアム:手数料が高く、設定は簡単
  • ポリゴン:手数料が安く、設定はちょいむず

個人的にネットワーク設定は「イーサリアム」でOKだと思います。なぜなら設定が簡単だからです。

あとで設定は変えられるので、初回は「イーサリアム」を選びましょう。

ステップ③:基本情報をポチポチ入力する


上記の各欄内に、基本情報をポチポチ入れていきましょう。

  • Username:名前(テキトーでOK)を入力
  • Bio:経歴(テキトーでOK)を入力
  • Email Address:メールアドレスを入力

入力し終えたら、下にスクロールして『Save』をクリックします。

OpenSeaからメールが届く


上記のようなメールがくるので『VERIFY MY EMAIL』をクリック。

上記の画面に飛ぶので『Back to OpeaSea』をクリックしてください。

お疲れ様でした。
これでアカウント作成は終了です!

OpenSeaでNFT売買をする方法

  • ステップ①:暗号資産取引所で口座開設する
  • ステップ②:Metamaskでウォレットを作る
  • ステップ③:メタマスクからコインを送金する
  • ステップ④:OpenSeaでアカウント作成をする※ここが終了!
  • ステップ⑤:NFTの売買・作成をしてみる

上記のとおり。

詳しくはNFTアートの始め方を「5ステップ」で完全解説する【丸パクリでGO!】でまとめています。