【重要】契約社員の問題点は「他者との比較」です【メンタルヘルスが大事】

働き方・あり方

  • 契約社員になる問題点って何だろう?
  • 経験した人が感じたデメリットを知りたい
  • ついでに契約をキープするためのコツも教えて!

こんな人に向けた記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

契約社員になることをためらってしまう人の多くは、働き方に対しての「問題点(=デメリット)」が気になるからでしょう。

本記事では、僕の経験をベースにして、契約社員になる問題点についてや、契約社員として働き続けるためのコツについて書いていきますm(_ _)m

この記事の結論

契約社員の問題点は、他人との比較によるメンタルへの影響、だと思うんですよね。要するに「劣等感」です。色々なサイトで言われてるデメリットである「昇給・昇級がない」や「ボーナス0円」などは、表面上のデメリットでしかありません。経験から言えますが、本気でキツイのはメンタル的な負担です。

上記のとおり。
何だかんだで、1番のデメリットは「メンタルへの影響」です。

この記事の内容

  • 契約社員の問題点は「他者との比較」です【メンタルヘルスが大事】
  • 契約社員になる最大のデメリットは「劣等感」
  • 契約更新を安定的にされる人の特徴とは【評価軸を知ろう】

契約社員の問題点は「他者との比較」です【メンタルヘルスが大事】


「いのち大事に」でいきましょう。

他人と比べて、消耗してしまう

契約社員として働くときの最大の問題点は「他人と比較し、メンタルダウンすること」なんですよね。正社員になれない焦りとか、正社員との待遇の差への不満など、ネガティブ感情を抱いてしまいます。

自分から望んで契約社員として働いてる人は別ですが、それ以外の理由で契約社員になると、確実に消耗するでしょう。

僕も『まぁ正社員登用制度もあるし、いつか正社員になれるでしょ』的なマインドでしたが、かなり後悔した記憶はあります。

契約社員になることは、必ずしもメンタルヘルスには良くありません。なので、安易な気持ちで契約社員になるのは、避けるのがいいと思います。

最大のデメリットは「劣等感」

経験者としてリアルに思うのは「最大のデメリット=劣等感」です。

  • 昇格・昇級がない
  • ボーナス・退職金がない
  • 転職で不利になる
  • 社会的信用が低い
  • 雇用が不安定になる

これらがデメリットとして他サイトでも散々かかれてます。

しかし、正社員でも当てはまりませんかね?

「昇格・昇級がない」や「ボーナス・退職金がない」は、大企業の正社員ではない人では多いです。また、新卒入社から何も考えず社内ルールだけ徹底して覚えただけの人とかは、転職では不利になるでしょう。市場価値として、かなり低いはず。

「雇用の不安定さ」は理解できますが、そこまで大きなデメリットにはならないと思います。なぜなら、正社員でも「リストラの危険」は、あなたの首根っこ後ろに潜んでいるからです。

ってことで、最大級のデメリットは「劣等感」でして、その他については、そこまで大きなデメリットではないと僕は感じています。
»「契約社員はデメリットしかない!」を論破する【正社員への転職テクも解説】

考えるべきこと:会社からのリターンは充分か

契約社員は雇用期間が決まっています。だからこそ「他の人よりも給料が高い」などの環境であれば、あまり問題はありません。

例えば「期間工」などは、一定期間の拘束が厳しいですが、その分のリターンがよく、ガッポリ儲かるらしいです。会社から「給料」なり「スキルアップの場」が提供されてるのであれば、全くもって問題なし。

とはいえ、本記事を読む人の多くは、それらとは違う契約社員をイメージしてることでしょう。特殊な作業員的なものではなく、もっと一般的な「営業」とか「販売」とか「事務職」などですね。

しかし残念ながら、それらの職種に勤める契約社員は、基本的に「コマ扱い」されることが多いのが事実。低賃金・スキルアップの見込みがない環境で、”契約更新なし”の恐怖に怯えながら働くことになってしまいます。
»契約社員は、使い捨てなのか【結論:場合による / 正社員もヤバイ】

契約社員として働くのであれば「会社からのリターンは充分にあるのか」という視点を持つべきでしょう。

リターンが充分でもない環境で頑張って働いたところで、将来的にジリ貧な可能性が高いので( ̄^ ̄)ゞ

契約更新を安定的にされる人の特徴とは【評価軸を知ろう】

  • 特徴①:売上アップに貢献してる
  • 特徴②:社内の人間関係がいい

上記2つが大事かな、と思います。

特徴①:売上アップに貢献してる

言わずもがな、企業は「自社の利益を取ってくれる人材」を優遇しますよね。

仕事中にスマホゲームに興じて、結果はさっぱり出してくれない意識低い系の人材は、企業にとっては不要なはず。その逆に、仕事で成果を出し続けてくれる人は、安定的に契約更新はされます。

しかし、企業によっては評価されない

とはいえ、企業によっては売上に貢献したところで、大したリターンをしてくれないところもあるが事実です。

なので、もし「成果を出しても評価してくれない企業」にいるなら、在職しつづける必要はなし。

成果を出したら給与に反映してくれる企業だったりに転職するほうが、人生を「上方修正」することができるはずです。

特徴②:社内の人間関係がいい

また、仕事で成果を出していることのほかにも、社内の人間関係が常に良い状態でいる人も契約更新が安定的になりやすいですね。

やはり「自分の機嫌を自分で取れる人」は一緒に仕事をしていてラクですし、マイナス評価をされることはありません。

人間関係を良好にキープできることは、ある種の「才能」ですので、それは評価されてしかるべきだと思いますよ。

企業の評価軸は、主に2つある

会社の評価軸には「定性評価・定量評価」の2軸が存在しています。

  • 定性評価…人間関係、思考力、モチベーションなど
  • 定量評価…売上金額、営業実績、業務の遂行能力など

これらでして、どっちが優勢になりやすいかは企業カルチャーによります。

要するに「定性評価」が重視される企業では”あなたの人間的な魅力”が評価されやすく、「定量評価」が重視される企業では”成果や数字”が評価されやすい、ということです。

また「重視される評価軸を理解することが、継続的な契約更新のポイントになる」とも言えるます。

  • 定性評価がポイントなのに、チームワークを無視して自分だけ成果をだす
  • 定量評価がポイントなのに、やる気を一生懸命アピールし成果は出さない

上記の感じだと、全く意味がありません。契約更新を安定的にされるためには、企業の評価カルチャーを知っておく必要があります。

※ちなみにカルチャーを知るには、上司や先輩から聞き、評価はどこに重きを置かれてるかを探ればOK。簡単ですd( ̄  ̄)

「5年ルール」は信じてOKなのか

おそらく、本記事を読む人の中には『5年で無期雇用されるし。そこまで心配してないんですけど( ^ω^ )』という人もいるでしょう。

巷では正社員になれるルールだ、と妄言を吐いてる人もいるみたいですが、完全に誤解です。無期雇用転換ルールは「契約社員のときの条件のまま、半永久的に雇用できるルール」でして、つまり、飼い殺しっぽい感じ。

なので5年ルールは、個人的には「あまり狙うことは推奨できないルール」だと思っています。

それよりも、スキルアップを狙うべき

5年ルール・正社員登用を狙って契約社員になるより「その①:その企業で2〜3年くらい鬼労働してスキルアップ→その②:正社員へ転職する」というルートのほうが安全な気はします。

もちろん仕事内容にもよりますが、契約社員で居続けることにメリットは何もありません。

狡猾に企業を使っていって、自分のために働くほうが賢明な判断ですね。上手に利用して、レベルアップしていくべし!

くり返しですが、契約社員になる最大の問題は「他者との比較による、メンタルダウンすること」です。その辺りをしっかり理解した上で、契約社員になることを推奨いたしますm(._.)m

関連記事



人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】