契約社員が正社員から見下される理由3つ【ネタバレ:立ち位置が違うと思われてる】

Contract employee

  • 契約社員として働いてるけど、正社員から見下されウザい
  • 新卒の子にも少し見下された発言をされ、イラッとした
  • 転職するにも、職歴弱め・スキルなし・実績なしで絶望してる

こんな人に向けての記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。新卒で入社した会社を4ヶ月で退職し、その後に「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

ぶっちゃけ、契約社員として働いた経験があるからこそ「見下される悔しい気持ち」は、痛いほど分かります。

  • 「正社員」として働くのが常識なのか?
  • 悔しいなら、正社員にしがみつくべきなのか?
  • 非正規社員として働くのは、おかしなことなのか?

そんな思いをしてしまうものです。

この記事の結論

見下される理由は「正社員である自分との”立ち位置”が違う」だったり「自分の現状を脅かす存在ではない」と思っているからです。

余裕をもっているのは、比べている対象が「自分と違う」から。ただ、それだけです。

この記事の内容

  • 契約社員が正社員から見下される理由3つ
  • 「自分がどうありたいか?」が全ての答え
  • 正社員を目指すための方法

契約社員が正社員から見下される理由3つ

  • 理由①:「立ち位置が違う」と思われてる
  • 理由②:「能力が低い」と思われてる
  • 理由③:「仕事への責任がない」と思われてる

世間は冷たいです。

正社員ではないだけで軽くあしらわれ、能力が低い人というレッテルを貼られます。

理由①:「立ち位置が違う」と思われてる

冒頭で書いたとおりでして、「自分を脅かす存在ではない」と思われている可能性はあります。

会社内での”雇用形態”にも「ヒエラルキー」があり、会社の体質・社風によって大きく影響されます。

  • 正社員…最上級
  • 契約社員…その次
  • 派遣社員…その次
  • アルバイト…下っ端

例えば、こういった感じですね。

「正社員登用」があるかでも変わる

正社員登用の実態がある会社なら、「みんな同じ仲間」という空気感になるでしょう。

とはいえ、正社員登用はなく”身分の固定化”がされる会社は、マウント大会のオンパレードです。

正社員が契約社員に仕事を取られることもなく、契約社員が正社員の地位に登りつめるシステムがありません。

そうなると”詰み状態”です。

理由②:「能力が低い」と思われてる

これもあるあるですが、「非正規社員=能力が低い」と思われる節はあります。

  • 正社員…仕事ができる
  • 契約社員…仕事ができない

とはいえ、このすべてを一般化して考えるのは間違っていますよね。一概にはいえません。

正社員だけどミスばかりのポンコツ社員もいれば、契約社員・派遣社員だけど仕事の処理能力が高い人もいます。

理由③:「仕事への責任がない」と思われてる

ぶっちゃけ、こういった価値観を持つ人もいて「大卒20代・非正規社員として働く人」に、こういった視線を向けてくる人間は大量にいます。

とはいえ、契約社員でも「ノルマ」が課されます。仕事内容も、企業によりますが正社員と同等レベルで「待遇だけ格差がある」なんてザラです。

そんな状況で「仕事に責任がない」わけがありません。

打開策:圧倒的な成果を出す

あなたが正社員と同じレベルの仕事を任されていて、それでも見下されてるなら、「やるべきこと」はただ1つです。

圧倒的な成果を出す

実際これだけでして、人を黙らすには「成果を出す」ということが絶対に必要です。

「自分がどうありたいか?」を考える


「自分はどうありたいか?」を考えるのは、かなり重要です。

「価値観」が合えば契約社員でもいい

「自分がどうありたいか?」は、働き方への”価値観・マインド”です。

そして「仕事」は、”マインドを具現化するための方法”になります。

契約社員であっても「この働き方が自分の生き方を体現できる!」と感じるのなら、ぼくはそれでOKだと思います。

正社員がヒエラルキーの最上級なら「フリーランス・自営業者」はどこに位置するの?とも思いますし、、、笑

まとめると、下記のとおり。

  • 価値観…「自分はどうありたいか?」のマインド
  • 仕事…”価値観”を具現化するための方法

会社との価値観がマッチしてるのであれば、それは多分、あなたにとってはいい会社になります。

ただ、会社との価値観もミスマッチで契約社員としてずっといるなら、会社を変えるべきかもです。

具体例:マナブさんの生き方

ぼくがお手本にしてるブロガー兼YouTuberの「マナブさん」の生き方を例にします。

  • 価値観…引きこもって生きてたい
  • 仕事…ブログ・YouTubeなど

「引きこもって生きてたい」が”価値観”で、それらを実現するための仕事で「ブログ・YouTube」をされてる感じです。

補足:正社員になる方法

最後までおつき合いいただき、ありがとうございます。

ここまでご覧になって「…やっぱり悔しいし、正社員にもなりたい」という人もいらっしゃると思いますので、方法を書いておきますね。

  • 方法①:正社員登用を本気で狙う
  • 方法②:正社員に転職する

上記2つ。正直なハナシ、これ以外の方法はありません。

※契約社員の仕事でタネ銭を稼ぎ、スキルUPに自己投資して、そのまま独立なんてのもありかもです。


今回は以上になります。

記事ポイントを整理します。

  • 契約社員を見下す人は「自分の存在を脅かすやつじゃない」と思ってる
  • 「どうありたいか?」を考えて生きればOK
  • 正社員になる方法はたった2つしかない

契約社員であることは不安定だとは言われています。

とはいえ、雇用形態や仕事は「自分の”価値観”を体現するツール」です。「どうありたいか?」を自問自答して、生き方を考えていきましょう。

契約社員であることは、不幸ではありません。見下されて良いことでもないです。自分を見つめ直し幸せに生きてくための”キッカケ”として利用しちゃいましょう。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】