【無料】第二新卒向けの転職エージェント5選【おすすめを徹底比較】

Job change service

  • 第二新卒向けの転職エージェントが多いけど、ぶっちゃけどれを選べばいいの?
  • 初めて使うから、自分に合う転職エージェントの選び方と使い方を知りたい

こんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。新卒で入社した会社を4ヶ月で退職し、その後に「靴屋の販売員」へ転職をした経験があります。

転職エージェントを使って転職活動をしたんですが、合計10社ほどを利用。

  • 求人数が豊富な”大手総合型のエージェント”…2社
  • 第二新卒向けの”特化型エージェント”…1社

最終的には、上記のような割合に絞りこみました。

結論、第二新卒での転職は上記のような比率でやる事をオススメします。第二新卒が転職エージェントを使う場合は、大手と特化型をバランスよく使うことが重要です。

この記事の内容

  • 第二新卒向けの転職エージェント5選
  • 転職エージェントと併用して求人サイトも登録しておこう
  • 転職エージェントは「利用すること」に価値がある

第二新卒向けの転職エージェント5選【徹底比較】


結論、大手エージェント2社特化型エージェント3社に登録しておけば大丈夫です。

ぶっちゃけ、大手の転職エージェントごとのサービス内容は大差なく、最終的には”アドバイザーとの相性の問題”になります。

大手の転職エージェント【とりあえず登録しておくべき】

上記2つが、大手総合型エージェントです。超メジャー企業なので、1度は聞いたことあるでしょう。

第二新卒に特化した転職エージェント【未経験OK求人多め】

  • 第二新卒エージェントneo | 「営業や販売職」の他に、未経験OKな技能職やバックオフィス系の「専門職」求人もあり。
  • UZUZ | 他社よりも遥かに多くサポートに時間をかけてくれる。求人の質は普通。
  • マイナビジョブ20’s | 20代・第二新卒向け。未経験OKの求人数が特化型の中でもかなり多い。

この3つは、「特化型の転職エージェント」と呼ばれています。大手の補助的な役割として使うのがベターです。

大手をメイン、特化型で中小企業の求人をカバー

  • 大手総合型エージェント2社…「大手〜中小企業の優良求人」を紹介してもらう
  • 特化型エージェント3社…「中小・零細企業のニッチな未経験歓迎求人」を幅広くカバー

上記が、情報収集にベストな方法です。

1社への依存は、情報の網羅性に欠けます。
なので、複数のエージェントを使い分ける方法が賢い転職をするためのセオリーです。

企業の特色を調べて使い分けると、効率よく転職活動をすすめられます。

  • 大手エージェント…2社
  • 特化型エージェント…1社

このくらいの比率で使っていきましょう。

補足:求人がかぶる場合はあります

転職エージェントは複数使うのはセオリー。
ただ、紹介される求人が結構かぶる場合があって、その時は正直に伝えましょう。

それと、たとえば”3社使って3社すべてから紹介された求人”は、怪しむべき。その求人が「転職エージェント側に大きな利益が出る案件」かもしれないからです。

転職エージェントが強く勧めてくる求人は「転職エージェントにとってオイシイ案件」の場合が多いので、二つ返事しないようにしましょう。

転職エージェントと併用して求人サイトも登録しておこう


転職エージェントだけではなく、転職エージェントの系列企業の求人サイトも合わせて登録しておくと、効率がさらにアップします

理由は「求人サイトで気になる求人を見つけて、転職エージェント経由で応募をする」という方法で、応募の通過率が大きく上がる確率がアップするから

  • 学歴が低い
  • 転職回数が多い
  • 大手ではない会社からの転職

これら条件に当てはまっている人が転職サイトで応募しても、機械的に書類審査で落ちてしまう可能性が大きいです。

僕もこの方法を試す前は「自力で転職サイトから応募」を乱発していましたが、20社応募して3社くらいしか通らない割合でした…

ただ、転職エージェント経由で応募すると「推薦状」を書いてくれ、書類審査の通過率は大きく跳ね上がります。試してみる価値は、大ありです

今回であれば、「マイナビ転職」「DODA」「リクナビNEXT」の3つですね。

3つとも「第二新卒歓迎」という項目があるので、そこをポチって求人を探しましょう。

補足:第三の勢力も使おう

転職活動のツールは、転職サイト・転職エージェントだけではないです。

最近だと「ダイレクトリクルーティング」というサービスの盛り上がりが大きく、知らない人は要チェックです。

ダイレクトリクルーティングとは?

簡単にいうと『企業が個人とダイレクトにつながり採用活動をする手法』です。※ヘッドハンティングのようなイメージです。

下記サイトが「ダイレクトリクルーティング」の有名サービス。登録はタダですし、企業から勝手にオファーがくるので、登録しておいて損はないです。

  • Green…IT分野の企業がメイン。SaaS事業会社などから連絡がよくくる
  • Wantedly…「この先やってみたいこと」を登録すると、「その考えが企業理念に合うかどうか」という判断軸で企業からスカウトがくる
  • ミイダス…職務経歴を登録すると「年収」で市場価値を測ってくれて、企業からスカウトがくる
  • キャリトレ…AIが自動でレコメンド求人を毎日紹介してくれるほか、企業からの直接スカウトもあります。20代がメインです。

転職エージェントと直接応募をうまく併用するのが、賢い転職活動になります\(^o^)/
参照:【簡単】転職での直接応募のやり方を3ステップで解説【差別化しよう】

転職エージェントは「利用すること」に価値がある


転職エージェントとの面談の前に「こだわりポイント」を決めましょう

  • 絶対に、正社員で就職する
  • 年収は500万円以上は必須
  • 車に関係する業界の営業職になる

例えば、こんな感じです。
これだけは、絶対に決めて面談に向かうのが、鉄則です。

何も決めないで「転職エージェントさんと決めよ〜」と楽観的に考えていくと、120%転職エージェントのいいなりになります

転職エージェントに依存してはダメ

あくまでも転職エージェントは「自分の次の道を”サポートしてくれる”存在」であって
「次の道を”決めてくれる”依存先」として向き合うのはNG

ついつい、第二新卒で初めての転職となると、転職エージェントが依存先になってしまうことは多々あると思います。

  • 初めてで、分からない事が多い
  • 自分に合う職業が、わからない
  • わずらわしい、転職先との給料交渉もしてくれる

これらの理由から、甘えたくもなる気持ちも、わかります。

ただ、転職するのは「あなた自身」なので、転職エージェントはあくまでも「転職先への橋渡し」として利用しましょう。

求人を紹介されても、その場で2つ返事しない

多くの転職エージェントへの不満点として「とにかく応募させようと、大量の求人を用意してくる」という声は、口コミサイトでもあります。

ただ、ここで「ああ…こういうパターンの人ね」と冷めるのではなく、「求人情報を精査してこの人の考えを見抜こう」と考えると、良いですよ。

そこで一旦、求人情報データをもらうなどして「OpenWork(旧:Vorkers)」や「エンライトハウス(旧:カイシャの評判)」でリサーチする癖をつけましょう。

  • 聞いたことない会社だけど、業界では有名な優良企業を紹介してくれていた
  • 大手で聞いたことある名前だけど、退職率が高そうな会社も紹介してくるな
  • 名前も聞いたことないし、家からも遠い求人ばっかり…コイツ、自分の事しか考えてない…?!(実体験)

上記の企業レビューのサイトを確認するなどして、紹介してもらった情報を鵜呑みにぜずに「自分というフィルターに通す作業」をしましょう。

自分で調べて納得いった企業だけ転職エージェントに応募してもらい、あとは応募しないで大丈夫です。

もしここで、全部の求人に応募させようとしてくる人だったら、思い切って辞退しちゃってください。

紹介した5つの転職エージェントは、もちろん実際に使った上で「良いな」と思ったところを紹介しています。ただ、人が変われば、評価も変わります。「なんか違うな…」と思ったら、遠慮なく登録解除をして2度と使わなければOKです。

相談だけするのも、無料なので全然ありです

  • 相談だけ使う
  • 自分の転職市場での価値を知る

転職エージェントを「転職はしないけど、自分の相場を知るために使ってる人」も多いです。

補足:いきなり転職エージェントは使うのはNG

もしかしたら、まだ転職活動を本格的にはスタートしてない人もいるかもですね。

ぶっちゃけ、最初から転職エージェントを頼っての転職活動は、オススメしません。「自分のアタマで考える」という行動をしなくなるからです。

まずは自力で始めてみて、壁にぶつかりひとりで乗り越えるのは難しいと感じたら、転職エージェントを頼りましょう。

まとめ:”第二新卒”こそ転職エージェントを使うのがマスト


転職エージェントって変な噂とかも多いですが、正直なことをいうと転職エージェントの質は選べません。

だからこそ「ライトな距離感で使わせてもらう」って感じでいきましょう。
依存してては、ダメです。

転職するのは「あなた自身」なので、最終的な舵きりは自分でやって
途中までスムーズに進めるために転職エージェントを使いましょう〜

大手の転職エージェント【とりあえず登録しておくべき】

第二新卒に特化した転職エージェント【未経験OK求人多め】

  • 第二新卒エージェントneo | 「営業や販売職」の他に、未経験OKな技能職やバックオフィス系の「専門職」求人もあり。
  • UZUZ | 他社よりも遥かに多くサポートに時間をかけてくれる。求人の質は普通。
  • マイナビジョブ20’s | 20代・第二新卒向け。未経験OKの求人数が特化型の中でもかなり多い。

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】