【体験談】パソナキャリアをレビューする【結論:年収アップの成功率はピカイチ】

Job change service

  • パソナキャリアを実際に使った人の体験談を知りたい
  • メリット・デメリット、始め方も知りたい
  • 「転職エージェントを使うなら、とりあえず登録しておけ」とは言われるけど本当?

そんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

転職サイトや転職エージェントは、大手・特化型のを合わせて10社以上は登録。

実際にサービスを受け転職活動をしていて、もちろんパソナキャリアも使って転職活動をしていました。

今回は嘘偽りなく「使って感じたこと、メリット・デメリット、他社と比較してもここは良かったと思えるポイント」などを、感想も交えて解説していきます。

この記事の内容

  • パソナキャリアの体験談【完全な個人的な感想】
  • パソナキャリアのメリット・デメリット【他社比較も交えつつ】
  • パソナキャリアを使う時のよくある質問まとめ【疑問は全て解決】
  • パソナキャリアを始める手順【5分でできます】

パソナキャリアの体験談【完全に個人的な感想】


使ってみた率直な意見は、次の感じですね。

  • サポートの質が1番高い
  • 内定までのスピード感が早いがこっちのやる気によって、エージェントの対応が変わってくる
  • 第二新卒でも大企業の案件を多く紹介してもらえる(他社はそこまで多くなかった)

こんな感じです。

印象的だったのが「とにかくサポートの手暑さが尋常じゃなかった」ということ。

サポートを受けた感じだと、下記のことを若干スパルタに教えてもらいました。

  • 「面接対策」(個別指導ではなく、複数人での講義スタイル)
  • 「履歴書・職務経歴書の内容の詰め方」
  • 「志望理由の明確化」

人によっては「なんか高圧的…?」と感じるかもしれませんが、特に初めての場合はそれくらいの方が結果は残しやすいかと。

また、第二新卒でも「え…この企業に応募できるんですか?!」みたいな”誰でも知ってる大企業の非公開求人”も提案してくれました。

自分自身がどこまでの企業レベルまで挑戦できるのかの、1つの羅針盤にもなります。

注意:内定までのスピード感は早いけど…

面談〜面接対策まではめっちゃスピード感を持って取り組んでくれました。面接日程・内定後の年収交渉もカンペキ。

ただ、結局パソナキャリアで内定もらった所には行かない決心をした瞬間に、連絡するスピードが鈍足になりました…人によるとも思いますが、エージェントによっては露骨な対応になるかもです。

転職エージェント本人の質は「ガチャ運要素」が強いので、そこは割り切って考えるといいと思います。

良いレビュー・悪いレビューも両方あります

僕個人的にはオススメなので書いている訳ですが、もちろん人によって良いレビュー・悪いレビューの両方があります。

良いレビュー

こちらの人は星5をつけていて、この人の柔軟な思考も相まって「良いレビュー」をつけているように感じます。

悪いレビュー

逆にこちらの人のレビューはボロクソな言いようです…笑

転職エージェントは「その人との相性が合うか」っていう観点も、快適なジョブチェンジをする上で重要なので運も必須になります。
そこだけは頭の片隅に入れておきましょう。⇛【完全無料】パソナキャリアはこちら

パソナキャリアのメリット・デメリット【他社比較も交えつつ】

メリット・デメリットは、次の通りです。

メリット

  • 業界満足度TOPで、サポートに定評あり
  • 「女性の転職」「40代以上の転職」にも強い
  • 非公開求人が80%を占め大企業求人も多い

デメリット

  • 他の大手と比べるとかなり求人は少なめ
  • 第二新卒向けとあるがかなりハイキャリア志向でレベル高め
  • ニート・フリーターは不可

メリット①:業界満足度TOPで、サポートに定評あり


業界満足度No.1に2年連続でなった企業ですので、確かに使用感としては1番サポート体制の親密感がダントツで良いです。これは、断言できます。マジで良い。

変に見下すようなことは、もちろん無し。各種対策もスケジュール組んで苦手意識のあるところを集中して対策もしてくれます。

全国47都道府県に支社がある

また、全国47都道府県に各1社ずつ支店があるので地域求人などもあり、よっぽど辺境の地でなければ「紹介できる求人がない」ってパターンは起きにくいかと思います。

また面談なんかも「電話面談」や「WEB面談」などで対応してくれ、ちょっと距離があり行くのが大変な場合も大丈夫です。

メリット②:「女性の転職」「40代以上の転職」にも強い


パソナキャリアは「女性の転職に強い転職エージェント」としても有名でして、業界では2位(1位は『type女性の転職』)の位置づけになります。

業界・業種によっては、未だに女性が不利になるところはあるので、あえてそっち方面に行きたい人にとっては強い味方。

また20〜30代がメインですが、「40代以上の転職」にも一定の評価があります。

ただ求人数自体は少なめなので、「リクルートエージェント」と一緒に使うことをオススメ。業界最大手で求人数も20万件超え。どの年代の人でも必ず合う求人が見つかります。
参照:【体験談ベース】リクルートエージェントをレビューする【他社とも徹底比較】

メリット③:非公開求人が60%を占めハイキャリア大企業求人も多い


求人に関しても、以下の感じです。

  • 保有している求人数は4万件以上
  • その6割以上が非公開求人

しかもなんと、大企業の求人数=転職エージェント業界ではTOPの保有率。

相対的に求人の質が高く、「自分のレベルでも、こんな大企業の求人に応募していいのか!」みたいな新たな発見ができるかもです。

他エージェントが保有してない非公開求人もあるので、情報収集をするために最も良いとも評判あり。(僕は15社ほど紹介を受け、そのうちの7社は「誰もが名前は知っている大企業」の第二新卒向けの求人を出してもらえました。例えばM銀行のリテール営業の求人なんかです)

※大企業だけではなく、もちろん中小企業もあります。「大企業ではなく、経験を活かしてニッチな分野に進みたい」みたいな要望にもしっかり答えてくれます。

参考までに、こんな口コミもあったのでどうぞ〜

他の大手転職エージェントの特徴・求人数

  • リクルートエージェント【求人数は20万件以上】業界最大手、案件数と内定決定率はNo.1(どちらかというとキャリアある人向け、求人数多め)
  • dodaエージェント【10万件以上】ブラック求人を排除、全ての世代向け(初めての転職者向け、エージェントとサイトの併用を推奨)
  • パソナキャリア【求人数は4万件以上】業界満足度トップ、大手企業の求人が充実していて、情報収集するのに最も良いと評判。全体的な求人数はちょい少ない(初めての転職者向け)
  • マイナビエージェント【求人数9万件以上】業界大手、20代の転職希望者からの信頼度No.1。メインターゲットは25〜35歳のキャリアある人向け

ハイキャリア向けの求人も

ハイキャリア向けの求人(専門職・管理職の募集など)の80%が非公開求人、パソナだけに求人を掲載している企業もあります。

「他社で良い求人がないな〜」と感じていたハイキャリア志向の人でも、満足いく求人やそれに見合ったサポートを受けられるかもです。
【完全無料】パソナキャリアはこちら

デメリット①:他の大手と比べるとかなり求人は少なめ

  • リクルートエージェント…20万件以上
  • マイナビエージェント…9万件以上
  • dodaエージェント…10万件以上

これら同業他社と比べて、求人数自体はかなり少ないのが難点

人によっては「求人の感じが、なんか違う…」といった不満を抱くかもです

デメリット②:第二新卒向けとあるがかなりハイキャリア志向でレベル高め

正直、第二新卒向けの求人で大企業のものもあるんですが「ホントに自分のレベルで応募して大丈夫か…?」となる求人もありました。

メインが25〜35歳の「キャリアがある人向けの転職エージェント」なので、ちょっとレベル感が高すぎると感じるかも。

ポケモンでいうと「バッジが1個もないのに4つ目のジムリーダーに挑む」みたいなレベル感です

デメリット③:ニート・フリーターは不可

ニートフリーターは登録はできますが、ほぼ使用不可能と思った方が良いでしょう。

案内できる求人は少ないのであまり相手にされず、連絡も来ないものと思っておくのが無難です。

パソナキャリアを使う時によくある質問まとめ【疑問は全て解決します】

パソナキャリアを使うにあたってよくある質問は次の通り

  • その①:本当に完全無料なの?
  • その②:業界・業種の幅は?
  • その③:面談から内定までってどれくらい?

その①:本当に完全無料なの?

完全無料です。
これは、どこのエージェントを使っても同じことが言えます。

「転職はしないけど、キャリアの相談だけして自分の市場価値を定期的に測るために使う」って人もいます。

無料なので「どれだけ使い倒して情報収集ができるか」ってのは重要なポイント
【完全無料】パソナキャリアはこちら

その②:業界・業種の幅は?


職種は、下記の2つが半分を占めています。

  • 営業
  • エンジニア系

基本的には「営業の仕事」を勧められると思って、面談に行くのが良いですね。僕の場合、8割くらいは「営業職」の紹介をされました。

その③:面談→内定までの期間は?内定後の交渉力はある?

大体1ヶ月くらいが最短でして、中小企業への応募だと、スピード感を持って選考に進めます。

大企業はどうしても遅くなりがちで「1ヶ月半〜2ヶ月くらい」を見ておくと、心の余裕を持って選考を受けられるかと思います。

焦ると大体良い結果は待ってないので、気長にコツコツしていくのが良いですね。

内定後の交渉力→超強力です

「内定後の年収交渉力」は超大事。
下手なエージェントだと平気で想定年収より低い金額になったりします。

転職するなら、年収は絶対にあげた方が良いです。

パソナキャリアは「内定後の年収交渉力」が高いと評判です。ぜひゴリゴリ交渉アップをお願いしましょう\(^o^)/
【完全無料】パソナキャリアはこちら

パソナキャリアのエージェント登録を始める手順【めちゃクソ簡単です】


サイトTOPの「【無料】転職サポートに登録」をクリック。

  • 希望転職時期
  • 個人情報
  • 職歴など

これらを入力して、終わりです。

登録登録をして2〜3営業日くらいで電話で連絡がきます。

僕が利用した時は面談日程を1週間以内くらいの日程で組み(コロナの影響で電話面談になる可能性大です)、面談後に「職務経歴書や履歴書の添削」「面接対策」などのサポートを受ける流れになります。

めっちゃカンタンです。


【完全無料】パソナキャリアはこちら

という訳で今回はこれで以上になります。

全転職者にオススメではあるんですが、「合う・合わない」はこの記事を読んでいるあなたにしかわかりません。

「何が合うのか分からない…」と悩んでいる内に、どんどん時間はなくなるのでサクッと登録してまずは1つアクションを起こすこと。

これだけで、あなたの世界が少しだけ変わるキッカケになりますよ〜

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】