【体験談ベース】リクルートエージェントをレビューする【他社とも徹底比較】

Job change service

  • リクルートエージェントを実際に使った人の体験談を知りたい
  • メリット・デメリット、始め方も知りたい
  • 「転職エージェントを使うなら、とりあえず登録しておけ」とは言われるけど本当?

そんな疑問に答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「靴屋の販売員」へと転職しました。

転職サイトや転職エージェントは、大手・特化型のを合わせて10社以上は登録。

実際にサービスを受け転職活動をしていて、もちろんリクルートエージェントも使って転職活動をしていました。

今回は嘘偽りなく「使って感じたこと、メリット・デメリット、他社と比較してもここは良かったと思えるポイント」などを解説していきます。

この記事の内容

  • リクルートエージェントの体験談【完全な個人的な感想】
  • リクルートエージェントのメリット・デメリット【他社比較も交えつつ】
  • リクルートエージェントを使う時のよくある質問まとめ【疑問は全て解決】
  • リクルートエージェントを始める手順【5分でできます】

リクルートエージェントの体験談【完全な個人的な感想】


使った印象としては、以下の感じです。

  1. 業界最大手という「ブランド力」は、大きなメリット
  2. 紹介された求人は「希望条件に合うものだけ」を絞って抽出してくれるので無駄な時間を割かずに就活できた
  3. 自分が苦手としていた面接対策には重点的に時間を割いてもらい、サポートを受けた

この中でも、特に良いなと思ったのが3番目のポイント

どうしても大手の転職エージェントになると、1人が抱える「担当求職者」が多くなるので、機械的なサポートになりがちな印象。

でも、ここのエージェントさんは波長が合う人だったのか、「言葉の言い回し」や「面接時の表情」まで、もの凄く丁寧かつ的確な指導をしてくれました。

個人的には、他の大手転職エージェントより評価は高いです。

リクルートエージェントのレビュー

良いレビュー・悪いレビューの両方があります。

良いレビュー

良いレビューは星5つと、がっつり褒め称えています

悪いレビュー

逆に、悪いレビューは星1つと散々な言いよう

参照:BEST WORK『リクルートエージェントの評判・口コミ』

リクルートエージェントのメリット・デメリット【他社比較も交えつつ】

メリット・デメリットは、次の通り。

メリット

  • 業界最大手で、案件数&内定決定率No.1
  • 求人の幅は「全世代」なので安心して使える
  • 【重要】他社と比べて「企業との年収交渉」にかなり強い

デメリット

  • どちらかと言うと「キャリアある人向け」な感じがある
  • ニートやフリーターも登録できるが、後回しにされる可能性大
  • 運要素は強め

メリット①:業界最大手で、案件数&内定決定率No.1クラス

  • 公開求人96,795件
  • 非公開求人109,014件
  • 合計20万件以上の求人数

(2020年9月23日現在、コロナの影響で求人がかなり減少しているけど、この求人数!)

大手転職エージェントの中でもトップクラスの求人数を誇り、業界最大手の安心感があります。

加えて「面談→内定までの流れ」が、大手エージェントの中でもかなりスムーズな印象です。

早いと面談して求人に申し込んで2週間経たないくらいで、メーカー系中小企業の営業職で内定を取れました。

連絡も基本的に即日で返ってくるのもポイント高め。

また、「求人数がめちゃめちゃ多い=全国に支社がある」って話に繋がります。
地方に住んでいる人にも合う求人が見つかるでしょうし、面談も電話・web面談もあるので「住んでいる地域の求人が見つからない!」ってことも滅多にないでしょう。

定番の大手転職エージェントとの比較

  • リクルートエージェント【求人数20万件以上】業界最大手、案件数と内定決定率はNo.1
  • dodaエージェントサービス【求人数10万件以上】ブラック求人を排除、全ての世代向け
  • パソナキャリア【求人数4万件以上】業界満足度トップ、大手企業の求人が充実していて、情報収集するのに最も良いと評判。
  • マイナビエージェント【求人数9万件以上】業界大手、20代の転職希望者からの信頼度No.1。メインターゲットは25〜35歳のキャリアある人向け

この4つの転職エージェントは特に20〜30代の転職に有利な案件も多数あります。
参照:【実証済み】20代向けの転職エージェントを比較+おすすめ4選【30代以上OK】

メリット②:求人の幅は「全世代」なので安心して使える

20代前半の第二新卒〜40代以上のミドルまでと、求人を紹介できる年代の幅はかなり広めです。

「転職エージェント、どこにしようかな」と迷ったら、とりあえず登録しておくべき。全世代の転職希望者向けです。

メリット③:【重要】他社と比べて「企業との年収交渉」にかなり強い

希望年収の交渉は、個人で交渉すると企業の言いなりになりがちです。

ただ、リクルートエージェントの場合だと企業との交渉ノウハウが蓄積されているからか、求職者側に有利な条件まで持っていってくれました。

企業がギリギリOKラインの交渉内容で「年収」の交渉をしてくれたので、僕自身の経歴的にしては、かなり良い条件を提示されました。

僕は4カ月で短期離職した経験がありましたが、それでも「年収400万円以上」にまで交渉で引き上げてくれたと記憶してます。

求職者の年収がの35%が転職エージェントの報酬として入るので、血眼で頑張ってくれたのかなとも、思ってます。でもwin-winなので、あまり気にしてません

【完全無料】リクルートエージェントはこちら

デメリット①:キャリアある人向けな感じもある

第二新卒枠で利用しましたが、どちらかというと「キャリアある人向け」な印象を受けました。どうしても「未経験OK求人」だと求人の品質も若干悪い印象です。

「経歴・職歴・キャリア」重視な面があるので、第二新卒やキャリアにそこまで強みがない人だと「あれ…こんなもんなの…?」という求人の紹介をされるかも。

大手企業の求人も探したい場合は「パソナキャリア」も合わせて使うのが、かなり効果的に思えます。
参照:【体験談】パソナキャリアをレビューする【結論:年収アップの成功率はピカイチ】

デメリット②:ニートやフリーターも登録できるが、後回しにされる可能性大

  • ニート
  • フリーター
  • 既卒

これらに当てはまる人も登録はできます。とはいえ、「キャリアある人向け」な側面があるため、後回しにされる可能性もあります。

「ニート・フリーター・既卒」に特化したエージェントを使うのが賢明に思えます。
参照:【無料】書類選考なしで面接に行ける転職エージェント3選【ブラックは極少数】

デメリット③:運要素は強め

転職エージェントは、ぶっちゃけ「ガチャ運要素」がかなり強く、1つのエージェント会社のなかでもアタリ・ハズレの担当者が存在します。

人間の相性の問題は必ず出てくるので「合う人は合うし、合わない人は合わない」とドライな考えで使うのが妥当。

むしろ、どうやって転職エージェントを使うかに焦点を当てていくべきです。
【完全無料】リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントを使う時のよくある質問まとめ【疑問は全て解決】

使う時に感じるであろう疑問は、次の通り。

  • その①:リクナビNEXTとの違いは?
  • その②:どんな業界・業種の転職先があるの?企業の大きさは?
  • その③:転職エージェントの人との相性が悪い時って、変更できるの?

その①:リクナビNEXTとの違いは?

リクナビNEXTは「求人を掲載している媒体」といったイメージ。多くのヒトの目に入るので、募集人数も多めな求人があります。

逆に、リクルートエージェントは「募集人数は1名」などかなり絞られていて、転職エージェント経由で「合う・合わない」の判断もできる。

こういった分類ができます。

その②:どんな業界・業種の転職先があるの?企業の大きさは?

主に業界だと「IT系」や「医薬系」が多いです。自分が使ったときも求人紹介は10件中3件はIT系求人でした。

業種は圧倒的に「営業職」が多く、その次に「エンジニア」「(経理以外の)事務系」といった感じです。

企業規模でいうと、次のグラフの感じ。大企業もありますが、中小企業がメインになります。

その③:転職エージェントの人との相性が悪い時って、変更できるの?

窓口に言えば、変えてもらうことは可能。

人間なので「相性」はあります。
「このままリクルートエージェントを使いたいけど、担当が合わないな…」って時は、思い切って変更申請してしまいましょう。特にしつこく聞かれる事はないようです。

補足:複数エージェントを使いましょう

転職エージェントは、複数社利用して「依存先」を増やすのが鉄則です。

よくある失敗が「1社だけ使い”はずれ転職エージェント”に当たり、利用するのがイヤになる」という事例。

それを防ぐためにも、複数社を比較・検討しましょうd( ̄  ̄)
【完全無料】リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントを始める手順【5分でできます】

  • 手順①:リンクを開き、転職活動での各希望条件を入力する
  • 手順②:個人情報の入力する
  • 手順③:職歴を入力する

5分くらいで、カンタン登録できます。

手順①:サイトを開き、転職活動での各希望条件を入力する

リクルートエージェントのリンクを開いて、必須項目を入力します。

手順②:個人情報の入力する

次に個人情報の入力をします。

手順③:職歴を入力する

最後に過去の職歴や、現職状況を入力します。

この画面の下に行くと「リクナビNEXT」と合わせて登録するか聞かれます。

気になる求人に転職エージェント経由で応募することもできるので、個人的には登録しておいて損はしないと思ってます。

5分あれば入力はコンプリート。3日くらいで連絡の電話orメールが来ます。

  • 面談日時のすり合わせ
  • 各種経歴などの確認
  • 希望条件の確認

などをして、準備は終わりです。



【完全無料】リクルートエージェントはこちら

今回はこれで以上になります。
他の転職エージェントと並行して使うと、転職情報にも強くなれるのでオススメです。

  • dodaエージェントサービス【求人数10万件以上】ブラック求人を排除、全ての世代向け
  • パソナキャリア【求人数4万件以上】業界満足度トップ、大手企業の求人が充実していて、情報収集するのに最も良いと評判。
  • マイナビエージェント【求人数9万件以上】業界大手、20代の転職希望者からの信頼度No.1。メインターゲットは25〜35歳のキャリアある人向け

人気記事【保存版】20代におすすめな転職サイト・転職エージェント【合計10個 / 行動が大事】

人気記事転職で契約社員スタートを打診されるのはなぜか?→企業から低く評価されてるから【経験者が全て答える】